ニック・コリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・コリソン
Nick Colloson
オクラホマシティ・サンダー  No.4
Nick Collison.jpg
名前
本名 Nicholas John Collison
ラテン文字 Nick Colloson
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1980年10月26日(33歳)
出身地 アイオワ州オレンジシティ
身長 208cm
体重 115kg
選手情報
ポジション PF/C
背番号 4
ドラフト 2003年 全体12位

ニック・コリソンNicholas John Collison1980年10月26日 - )はアメリカ合衆国アイオワ州オレンジシティ出身のバスケットボール選手。NBAオクラホマシティ・サンダーに所属している。身長208cm。体重115kg。主なポジションはパワーフォワード

経歴[編集]

NBA以前[編集]

アイオワ州フォート・ドッジで育ったコリソンは1999年、アイオワ・フォールズ高校からマクドナルド・オールアメリカンに選出された。高校の最終学年において、コリソン率いるチームは1年間で僅か1度しか敗戦を経験しなかった。

カンザス大学に進学したコリソンは同じアイオワ州出身のカーク・ハインリックとコンビを組み、2年連続でNCAAトーナメントのFinal 4(ベスト4)に進出した。特に2003年にはビッグ12カンファレンスの歴代最高得点を記録した。この年は名門デューク大学との試合において33得点19リバウンドを記録するなどの大活躍を見せたがNCAAトーナメント決勝においてはカーメロ・アンソニー率いるシラキュース大学に81-78の僅差で敗れた。大学在籍中にコリソンは代表チームに選ばれ、2002年のバスケットボール世界選手権にアメリカ代表として出場した。

NBA[編集]

2003年のNBAドラフトにおいてシアトル・スーパーソニックスから1巡目12位で指名されてNBA入り。しかし最初のシーズンは両肩の故障に見舞われ、翌年2004年11月3日ロサンゼルス・クリッパーズ戦でデビューを果たす。

プレイスタイル[編集]

リバウンドに強いインサイドプレイヤー。ポジショニングに優れ、ゴール下から確実に得点を重ねることが出来る。アンセルフィッシュで戦術理解が早く、周りを活かすパスを出せることからアメリカ代表チームの常連でもあり、2008年北京オリンピックの際も最終選考まで名前が残っていた。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2004–05 SEA 82 4 17.0 .537 .000 .703 4.6 .4 .4 .6 0.76 5.6
2005–06 SEA 66 27 21.9 .525 .000 .699 5.6 1.1 .3 .5 1.17 7.5
2006–07 SEA 82 56 29.0 .500 .000 .774 8.1 1.0 .6 .8 1.50 9.6
2007–08 SEA 78 35 28.5 .502 .000 .737 9.4 1.4 .6 .8 1.51 9.8
Career 308 122 24.2 .512 .000 .735 6.9 1.0 .5 .6 1.21 8.2

NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2004–05 SEA 11 0 19.8 .607 1.000 .630 5.0 .5 .3 .4 0.55 8.4
Career 11 0 19.8 .607 1.000 .630 5.0 .5 .3 .4 0.55 8.4

外部リンク[編集]