NCAA男子バスケットボールトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NCAA男子バスケットボール
トーナメント
04062015 Duke Wisconsin Pregame.jpg
2015年大会決勝戦前の様子
競技バスケットボール
創立1939年
参加チーム68(2011年以降)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前回優勝ベイラー・ベアーズ2021年、初)
最多優勝UCLAブルーインズ(11回)
テレビ局CBS, TBS, TNT, truTV
公式サイトNCAA.com

全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men's Basketball Tournament)は、全米大学体育協会(NCAA)が主催する男子バスケットボール大会である。

毎年春にシングルエリミネーション方式で行われる。現在、出場校はNCAAディビジョンIに所属する68校で、3月から4月にかけて開催され全米の注目を集め、マーチ・マッドネス(March Madness)、ビッグ・ダンス(Big Dance)とも呼ばれている。

概要[編集]

出場校はNCAAディビジョンIに所属する68校で、シングル・エリミネーション(勝ち残り式)トーナメント方式で優勝を争う。

全国32カンファレンスのプレイオフトーナメント優勝校及び、選定委員会による一般選出36校に出場権が与えられる。選定委員会によるトーナメント表は4つの地区に分かれる。ただし、この「地区」は、カンファレンスや地理的な情報は第1シード校以外は反映されない。単純に4分割されているという考え方である。

7回戦制だが、0回戦(プレイインゲーム)にあたる「ファースト・フォー」は8校のみで行われる。その後は2回戦ごとに会場を転戦し、4回戦は地区決勝に相当。4月に行われる「ファイナル・フォー」(準決勝・優勝決定戦、これも同一会場)により優勝校を決める。

出場校の選定[編集]

本トーナメントは、カレッジバスケットボールの各カンファレンスの、レギュラーシーズンの後に行われる全国プレイオフないしは全国大会的な要素を有している。

出場校のうち32校は各カンファレンスがレギュラーシーズン終了後に行うプレイオフトーナメントの優勝校であり、優勝校は自動選出される。残る36校は一般選出(アットラージ)として、NCAAが任命する選定委員会が選定する。選定委員会は全校を対象にしたランキングを作成し、自動選出校を除いた上位36校に一般選出としての出場権が与えられる。

出場校は4地区に振り分けられ、選定委員会のランキングに基づき各地区の第1シードから第16シードに割り振られる。シード順位に応じた組み合わせに基づきトーナメントの試合日程が組まれる。

2000年に31個目となるカンファレンスが新設されたことを受けて、出場校が65校となった。そこで出場校内の全体ランキング64位と65位によるプレイインゲーム「オープニングラウンド」が1試合行われた。

2011年から出場校が68校となり、出場校内の65位から68位および、一般選出枠の下位4校がそれぞれプレイインゲーム「ファースト・フォー」が行われる。

ファースト・フォーでは全体の下位4校で2試合、一般選出4校で2試合組まれる。一般選出校は自動選出枠の過半よりもランキング上位に位置しており、シード順位は決して低くない。

歴代NCAAトーナメント決勝[編集]

優勝 スコア 準優勝 開催地
1939 オレゴン大学 46-33 オハイオ州立大学 エバンストン
1940 インディアナ大学 60-42 カンザス大学 カンザスシティ
1941 ウィスコンシン大学 39-34 ワシントン州立大学 カンザスシティ
1942 スタンフォード大学 53-38 ダートマス大学 カンザスシティ
1943 ワイオミング大学 46-34 ジョージタウン大学 ニューヨーク
1944 ユタ大学 42-40
(OT)
ダートマス大学 ニューヨーク
1945 オクラホマ農工大学 49-45 ニューヨーク大学 ニューヨーク
1946 オクラホマ農工大学 (2) 43-40 ノースカロライナ大学 ニューヨーク
1947 ホーリークロス大学 58-47 オクラホマ大学 ニューヨーク
1948 ケンタッキー大学 58-42 ベイラー大学 ニューヨーク
1949 ケンタッキー大学 (2) 46-36 オクラホマ農工大学 シアトル
1950 ニューヨーク市立大学
シティカレッジ
71-68 ブラッドリー大学 ニューヨーク
1951 ケンタッキー大学 (3) 68-58 カンザス州立大学 ミネアポリス
1952 カンザス大学 80-63 セント・ジョーンズ大学 シアトル
1953 インディアナ大学 (2) 69-68 カンザス大学 カンザスシティ
1954 ラ・サール大学 92-76 ブラッドリー大学 カンザスシティ
1955 サンフランシスコ大学 77-63 ラ・サール大学 カンザスシティ
1956 サンフランシスコ大学 (2) 83-71 アイオワ大学 エバンストン
1957 ノースカロライナ大学 54-53
(3OT)
カンザス大学 カンザスシティ
1958 ケンタッキー大学 (4) 84-72 シアトル大学 ルイビル
1959 カリフォルニア大学 71-70 ウェストバージニア大学 ルイビル
1960 オハイオ州立大学 75-55 カリフォルニア大学 デイリーシティ
1961 シンシナティ大学 70-65
(OT)
オハイオ州立大学 カンザスシティ
1962 シンシナティ大学 (2) 71-59 オハイオ州立大学 ルイビル
1963 ロヨラ大学 60-58
(OT)
シンシナティ大学 ルイビル
1964 UCLA 98-83 デューク大学 カンザスシティ
1965 UCLA (2) 91-80 ミシガン大学 ポートランド
1966 テキサス大学エルパソ校 72-65 ケンタッキー大学 カレッジパーク
1967 UCLA (3) 79-64 デイトン大学 ルイビル
1968 UCLA (4) 78-55 ノースカロライナ大学 ロサンゼルス
1969 UCLA (5) 92-72 パデュー大学 ルイビル
1970 UCLA (6) 80-69 ジャクソンビル大学 カレッジパーク
1971 UCLA (7) 68-62 ビラノバ大学 ヒューストン
1972 UCLA (8) 81-76 フロリダ州立大学 ロサンゼルス
1973 UCLA (9) 87-66 メンフィス州立大学 セントルイス
1974 ノースカロライナ
州立大学
76-64 マーケット大学 グリーンズボロ
1975 UCLA (10) 92-85 ケンタッキー大学 サンディエゴ
1976 インディアナ大学 (3) 86-68 ミシガン大学 フィラデルフィア
1977 マーケット大学 67-59 ノースカロライナ大学 アトランタ
1978 ケンタッキー大学 (5) 94-88 デューク大学 セントルイス
1979 ミシガン州立大学 75-64 インディアナ州立大学 ソルトレイクシティ
1980 ルイビル大学 59-54 UCLA インディアナポリス
1981 インディアナ大学 (4) 63-50 ノースカロライナ大学 フィラデルフィア
1982 ノースカロライナ大学 (2) 63-62 ジョージタウン大学 ニューオーリンズ
1983 ノースカロライナ
州立大学
(2)
54-52 ヒューストン大学 アルバカーキ
1984 ジョージタウン大学 84-75 ヒューストン大学 シアトル
1985 ビラノバ大学 66-64 ジョージタウン大学 レキシントン
1986 ルイビル大学 (2) 72-69 デューク大学 ダラス
1987 インディアナ大学 (5) 74-73 シラキュース大学 ニューオーリンズ
1988 カンザス大学 (2) 83-79 オクラホマ大学 カンザスシティ
1989 ミシガン大学 80-79
(OT)
シートン・ホール大学 シアトル
1990 UNLV 103-73 デューク大学 デンバー
1991 デューク大学 72-65 カンザス大学 インディアナポリス
1992 デューク大学 (2) 71-51 ミシガン大学 ミネアポリス
1993 ノースカロライナ大学 (3) 77-71 ミシガン大学 ニューオーリンズ
1994 アーカンソー大学 76-72 デューク大学 シャーロット
1995 UCLA (11) 89-78 アーカンソー大学 シアトル
1996 ケンタッキー大学 (6) 76-67 シラキュース大学 イーストラザフォード
1997 アリゾナ大学 84-79
(OT)
ケンタッキー大学 インディアナポリス
1998 ケンタッキー大学 (7) 78-69 ユタ大学 サンアントニオ
1999 コネティカット大学 77-74 デューク大学 セントピーターズバーグ
2000 ミシガン州立大学 (2) 89-76 フロリダ大学 インディアナポリス
2001 デューク大学 (3) 82-72 アリゾナ大学 ミネアポリス
2002 メリーランド大学 64-52 インディアナ大学 アトランタ
2003 シラキュース大学 81-78 カンザス大学 ニューオーリンズ
2004 コネティカット大学 (2) 82-73 ジョージア大学 サンアントニオ
2005 ノースカロライナ大学 (4) 75-70 イリノイ大学 セントルイス
2006 フロリダ大学 73-57 UCLA インディアナポリス
2007 フロリダ大学 (2) 84-75 オハイオ州立大学 アトランタ
2008 カンザス大学 (3) 75-68
(OT)
メンフィス大学 サンアントニオ
2009 ノースカロライナ大学 (5) 89-72 ミシガン州立大学 デトロイト
2010 デューク大学 (4) 61-59 バトラー大学 インディアナポリス
2011 コネティカット大学 (3) 53-41 バトラー大学 ヒューストン
2012 ケンタッキー大学 (8) 67-59 カンザス大学 ニューオーリンズ
2013 ルイビル大学 (3) 82-76 ミシガン大学 アトランタ
2014 コネティカット大学 (4) 60-54 ケンタッキー大学 アーリントン
2015 デューク大学 (5) 68-63 ウィスコンシン大学 インディアナポリス
2016 ビラノバ大学 (2) 77-74 ノースカロライナ大学 ヒューストン
2017 ノースカロライナ大学 (6) 71-65 ゴンザガ大学 グレンデール
2018 ビラノバ大学 (3) 79-62 ミシガン大学 サンアントニオ
2019 バージニア大学 85-77
(OT)
テキサス工科大学 ミネアポリス
2020 COVID-19によりトーナメント中止
2021 ベイラー大学 86-70 ゴンザガ大学 インディアナポリス

大学別優勝回数[編集]

複数回優勝したチーム
チーム 回数
UCLAブルーインズ 11 1964, 1965, 1967, 1968, 1969, 1970, 1971, 1972, 1973, 1975, 1995
ケンタッキー・ワイルドキャッツ 8 1948, 1949, 1951, 1958, 1978, 1996, 1998, 2012
ノースカロライナ・ターヒールズ 6 1957, 1982, 1993, 2005, 2009, 2017
インディアナ・フージャーズ 5 1940, 1953, 1976, 1981, 1987
デューク・ブルーデビルズ 5 1991, 1992, 2001, 2010, 2015
コネチカット・ハスキーズ 4 1999, 2004, 2011, 2014
ビラノバ・ワイルドキャッツ 3 1985, 2016, 2018
カンザス・ジェイホークス 3 1952, 1988, 2008
ルイビル・カージナルス 2 1980, 1986
シンシナティ・ベアキャッツ 2 1961, 1962
フロリダ・ゲイターズ 2 2006, 2007
ミシガンステート・スパルタンズ 2 1979, 2000
NCステート・ウルフパック 2 1974, 1983
オクラホマステート・カウボーイズ 2 1945, 1946
サンフランシスコ・ドンズ 2 1955, 1956

歴代トーナメント最優秀選手[編集]

* バスケットボール殿堂入り
最優秀選手 大学 チーム成績 備考
1939 ジミー・フール オハイオ州立大学 準優勝
1940 マーヴィン・ホフマン インディアナ大学 優勝
1941 ジョン・コーツ ウィスコンシン大学 優勝
1942 ハウイー・ダルマー スタンフォード大学 優勝
1943 ケニー・セイラーズ ワイオミング大学 優勝
1944 アーニー・ファーリン ユタ大学 優勝
1945 ボブ・カーランド* オクラホマ農工大学 優勝
1946 ボブ・カーランド* (2) オクラホマ農工大学 優勝
1947 ジョージ・カフタン ホーリークロス大学 優勝
1948 アレックス・グローザ ケンタッキー大学 優勝
1949 アレックス・グローザ (2) ケンタッキー大学 優勝
1950 アーウィン・ダムロット ニューヨーク市立大学
シティカレッジ
優勝
1951 ビル・スピベリー ケンタッキー大学 優勝
1952 クライド・ラブレット* カンザス大学 優勝
1953 B・H・ボーン カンザス大学 準優勝
1954 トム・ゴーラ* ラ・サール大学 優勝
1955 ビル・ラッセル* サンフランシスコ大学 優勝
1956 ハル・ライアー テンプル大学 ファイナル4
1957 ウィルト・チェンバレン* カンザス大学 準優勝
1958 エルジン・ベイラー* シアトル大学 準優勝
1959 ジェリー・ウェスト* ウェストバージニア大学 準優勝
1960 ジェリー・ルーカス* オハイオ州立大学 優勝
1961 ジェリー・ルーカス* (2) オハイオ州立大学 準優勝
1962 ポール・ホーグ シンシナティ大学 優勝
1963 アート・ヘイマン デューク大学 ファイナル4
1964 ウォルト・ハザード UCLA 優勝
1965 ビル・ブラッドリー* プリンストン大学 ファイナル4
1966 ジェリー・チェンバース ユタ大学 ファイナル4
1967 ルー・アルシンダー* UCLA 優勝
1968 ルー・アルシンダー* (2) UCLA 優勝
1969 ルー・アルシンダー* (3) UCLA 優勝
1970 シドニー・ウィックス UCLA 優勝
1971 ハワード・ポーター ビラノバ大学 準優勝 後に規定違反により剥奪
1972 ビル・ウォルトン* UCLA 優勝
1973 ビル・ウォルトン* (2) UCLA 優勝
1974 デイヴィッド・トンプソン* ノースカロライナ州立大学 優勝
1975 リチャード・ワシントン UCLA 優勝
1976 ケント・ベンソン インディアナ大学 優勝
1977 ブッチ・リー マーケット大学 優勝
1978 ジャック・ギブンス ケンタッキー大学 優勝
1979 マジック・ジョンソン* ミシガン州立大学 優勝
1980 ダレル・グリフィス ルイビル大学 優勝
1981 アイザイア・トーマス* インディアナ大学 優勝
1982 ジェームズ・ウォージー* ノースカロライナ大学 優勝
1983 アキーム・オラジュワン* ヒューストン大学 準優勝
1984 パトリック・ユーイング* ジョージタウン大学 優勝
1985 エド・ピンキニー ビラノバ大学 優勝
1986 パービス・エリソン ルイビル大学 優勝
1987 キース・スマート インディアナ大学 優勝
1988 ダニー・マニング カンザス大学 優勝
1989 グレン・ライス ミシガン大学 優勝
1990 アンダーソン・ハント UNLV 優勝
1991 クリスチャン・レイトナー デューク大学 優勝
1992 ボビー・ハーリー デューク大学 優勝
1993 ドナルド・ウィリアムズ ノースカロライナ大学 優勝
1994 コーリス・ウィリアムソン アーカンソー大学 優勝
1995 エド・オバノン UCLA 優勝
1996 トニー・デルク ケンタッキー大学 優勝
1997 マイルズ・サイモン アリゾナ大学 優勝
1998 ジェフ・シェパード ケンタッキー大学 優勝
1999 リチャード・ハミルトン コネティカット大学 優勝
2000 マティーン・クリーブス ミシガン州立大学 優勝
2001 シェーン・バティエ デューク大学 優勝
2002 フアン・ディクソン メリーランド大学 優勝
2003 カーメロ・アンソニー シラキュース大学 優勝
2004 エメカ・オカフォー コネティカット大学 優勝
2005 ショーン・メイ ノースカロライナ大学 優勝
2006 ジョアキム・ノア フロリダ大学 優勝
2007 コーリー・ブリューワー フロリダ大学 優勝
2008 マリオ・チャルマーズ カンザス大学 優勝
2009 ウェイン・エリントン ノースカロライナ大学 優勝
2010 カイル・シングラー デューク大学 優勝
2011 ケンバ・ウォーカー コネティカット大学 優勝
2012 アンソニー・デイビス ケンタッキー大学 優勝
2013 ルーク・ハンコック ルイビル大学 優勝 後に規定違反により優勝記録抹消
2014 シャバズ・ネイピアー コネティカット大学 優勝
2015 タイアス・ジョーンズ デューク大学 優勝
2016 ライアン・アーチディアコノ ビラノバ大学 優勝
2017 ジョエル・ベリー2世 ノースカロライナ大学 優勝
2018 ダンテ・ディヴィンチェンゾ ビラノバ大学 優勝
2019 カイル・ガイ バージニア大学 優勝
2020 N/A N/A N/A COVID-19によりトーナメント中止
2021 ジャレッド・バトラー ベイラー大学 優勝

テレビ中継[編集]

1969年から1981年大会までNBCで中継されていたが、1982年からCBSで全試合放送されている。最近になって、全試合をインターネットで生中継されるようになった。2011年から2024年まではCBSとともに、ワーナーメディアTBSTNTtruTVで中継する。2015年までは、CBSがリージョナルファイナルとファイナルフォーを放送するが、2016年以降は、CBSとTBSが交互に隔年で放送する。各リージョナルは、CBSとワーナーが平等に分担して放送する。

1987年大会から決勝終了後に『One Shining Moment』を流しながら、大会を振り返る[1]。長年にわたってルーサー・ヴァンドロスが歌唱していたが、2010年はジェニファー・ハドソンがカバーしたが、2011年はルーサーバージョンに戻った。

カナダ国内ではTSNで全試合放送されている。

日本国内ではJ SPORTSで放送されていたが、2019年大会はRakuten TVのRakuten NBA Special(現NBA Rakuten)で放送されており、最大8試合日本語実況を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ もともとは第21回スーパーボウルのために使用予定だったが、時間の関係で放送せず、1987年の決勝終了後に初放映された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]