廣山望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
廣山 望 Football pictogram.svg
名前
愛称 のんび
カタカナ ヒロヤマ ノゾミ
ラテン文字 HIROYAMA Nozomi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-05-06) 1977年5月6日(40歳)
出身地 千葉県袖ケ浦市
身長 175cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1984-1989
1990-1992
1993-1995
蔵波FC
市川カネヅカSC
習志野高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000 ジェフユナイテッド市原 120 (12)
2001 セロ・ポルテーニョloan 29 (3)
2002 スポルチ 0 (0)
2002-2003 ブラガ 8 (0)
2003-2004 モンペリエHSC 7 (0)
2004-2008 東京ヴェルディ 79 (11)
2005 セレッソ大阪 (loan) 15 (0)
2009-2010 ザスパ草津 73 (3)
2011-2012 リッチモンド・キッカーズ 39 (0)
代表歴2
2001 日本の旗 日本 [2] 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月13日現在。
2. 2001年10月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

廣山 望(ひろやま のぞみ、男性、1977年5月6日 - )は、千葉県袖ケ浦市出身の元サッカー選手。現在はJFAアカデミーU15指導者。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

千葉県市原市生まれ[3]。幼稚園時に袖ヶ浦市へ転居した頃からサッカーを始めた[3]習志野市立習志野高等学校では1995年に高校総体に優勝、千葉県選抜として第50回国民体育大会少年男子の部に優勝した[4]。サッカー部員は普通科ではなく商業科に進むのが普通だったが、廣山は普通科に在籍し[5]、3年間の評定平均値は4.8で学年1位であった[3]

選手経歴[編集]

1996年ジェフユナイテッド市原に入団。同時に千葉大学教育学部保健体育学科に推薦入学し初の「国立大Jリーガー」として話題となった[3][5]。なお、千葉大学は入学後に中退している。市原では1年目からレギュラーに定着し[6]、5シーズンでJ1リーグ戦120試合に出場。1998年には7ゴール5アシストを記録した[6]

海外移籍を念頭に置き日系パラグアイ人の代理人ロベルト佐藤と契約を結び、SEパルメイラスウニベルシダ・カトリカナシオナルセロ・ポルテーニョの計4チームからの誘いを受け、2001年1月にセロ・ポルテーニョへのレンタル移籍が決まった[6]。セロでは日本と全く違う環境に戸惑いながらも右サイドハーフのレギュラーを獲得。セロは前期、後期をともに制して国内リーグ優勝を決めた[6]。スーペルクラシコと呼ばれるセロとオリンピアとの試合では、チームは負けたものの廣山はゴールを決めた[6][7]。2001年コパ・リベルタドーレスに日本人選手として初出場し、7試合で2得点2アシストを記録した[8]。セロは1次ラウンドを突破しノックアウトステージに進出。強豪のクルス・アスルを相手にホームである初戦に2対1で勝利したが、アウェーで1対3で敗れ、2試合の合計得点によりベスト16で大会を去った。なおこの敵地の試合で廣山は途中出場ながら途中交代という屈辱的な結果に終わってしまった。セロではカップ戦も含めて合計48試合に出場した[6]

2002年3月にブラジルのスポルチ・レシフェと契約を交わしたが[6][5]、労働ビザが降りないため選手登録できず、3ヶ月在籍して公式戦出場はなかった[6][5]。スポルチ移籍の際には、契約終了後のため移籍金は発生しないとする廣山側と、Jリーグの移籍ルールに則り保有権を主張する市原側が対立し、市原は国際移籍証明書を発行しなかった[9][10][11]。2002年にドイツのデュッセルドルフで開催されたチャリティマッチでは、かつて市原でともにプレーしたウィントン・ルーファーの推薦により世界選抜の一員として出場した[5]

2002-03シーズンよりポルトガルのブラガに移籍。チーム合流から間もない時期に靭帯を痛めて出遅れ、シーズンを通して8試合の出場にとどまった[6]。2003-04シーズンはフランスのモンペリエと契約。開幕戦から4試合連続で出場していたが故障をきっかけに定位置を失い、リーグ戦7試合、カップ戦1試合の出場にとどまった[6]。シーズン後半はベンチからも外れ、リザーブチームでのプレーを余儀なくされた[6][5]。廣山はポルトガル1部フランス1部のいずれにおいてもそのリーグでプレーする最初の日本人選手となった[5]

2004年8月に東京ヴェルディ1969に移籍[12]。加入した2004年は出番が少なく、翌2005年にセレッソ大阪に期限付き移籍[13]。2006年はJ2に降格した東京Vに復帰[14]。本職のMFだけではなく、FWやSBも器用にこなすユーティリティプレイヤーとして、2007年のJ1昇格に貢献した。2008年シーズン終了後、契約の非更新により退団[15]2009年からザスパ草津へ移籍[4]。2010年限りで契約満了で草津を退団し[16]、オフには合同トライアウトにも参加[17]

2011年シーズンよりユナイテッドサッカーリーグ(USL)のリッチモンド・キッカーズ英語版へ移籍した。契約期間は2年[18]。2012年8月27日、自身のブログで現役生活からの引退を発表した[19]。8月25日のUSLプレーオフ1回戦に途中出場したのが現役最後の試合になった[5]

代表[編集]

U-20日本代表がベスト8に進出した1997 FIFAワールドユース選手権では4試合出場1ゴール[8]フィリップ・トルシエが監督を務めた1998年バンコク・アジア大会のU-21日本代表では5試合に出場[8]

2001年7月のキリンカップでトルシエ率いるA代表に初招集されたが2試合とも出場機会はなかった[20]。3ヶ月後の欧州遠征で再び代表に呼ばれ、2001年10月4日のセネガルとの国際親善試合で国際Aマッチデビュー[21]。当時の代表は中盤の選手層が大変厚く代表には定着できなかった。

引退後[編集]

2012年度日本オリンピック委員会海外指導者派遣制度に採用されスペインのバルセロナに留学[22](2013年 - 2014年)。現役中に日本サッカー協会指導者ライセンス公認B級コーチを取得している。

2014年2月よりJFAアカデミー福島[23]にて男子U-15コーチを務める。

ポジションのコンバート[編集]

本来右MFの廣山は、2006年に右SBに数試合コンバートされ、同年、今度はFWにコンバートされる。FWでのゴールは4得点と少なかったものの、どれも試合結果を左右する貴重なゴールであった。2007年、当初はFWに固定されていたが、フォーメーションの変更により右MFで起用された。

エピソード[編集]

ジェフユナイテッド市原・千葉のオフィシャルショップの通称「モオノキ」の名付け親でもある[24]公文式のテレビCMにも出演していた。

福田健二とは小学校5年生から高校卒業まで同級生である。福田によると、廣山の印象は「キャプテン翼翼くんのような少年」だったという。さらに、初対面の時に「僕、廣山望、よろしくね」と、福田に爽やかに挨拶したそうである[3]

ザスパ草津DFで現在はコーチ・解説者・クラブスタッフとして活躍する小田島隆幸習志野高校時代の同級生である。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1984年 - 1989年 長浦SC、蔵波FC (袖ケ浦市立蔵波小学校)
  • 1990年 - 1992年 市川カネヅカSC (袖ケ浦市立蔵波中学校)[1]
  • 1993年 - 1995年 習志野高校[1]
プロ経歴
指導者経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1996 市原 - J 21 1 8 1 1 0 30 2
1997 7 30 1 6 1 4 2 40 4
1998 16 30 7 4 2 1 0 35 9
1999 11 J1 30 2 0 0 3 0 33 2
2000 9 1 0 0 3 0 12 1
パラグアイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2001 セロ・ポルテーニョ 17 リーガ・パラグアージャ 29 3
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2002 (pt スポルチ セリエB 0 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2002-03 ブラガ 8 スーペル・リーガ 8 0 1 0 9 0
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
2003-04 (en モンペリエ 14 リーグ・アン 7 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2004 東京V 7 J1 4 0 1 0 1 0 6 0
2005 C大阪 25 15 0 3 0 0 0 18 0
2006 東京V 20 J2 27 4 - 1 0 28 4
2007 32 7 - 1 0 33 7
2008 J1 16 0 4 1 1 0 21 1
2009 草津 10 J2 44 3 - 2 0 46 3
2010 29 0 - 0 0 29 0
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 USオープン杯 期間通算
2011 リッチモンド 9 USL 20 0
2012 19 0
通算 日本 J1 155 12 26 5 14 2 195 19
日本 J2 132 14 - 4 0 136 14
パラグアイ リーガ・パラグアージャ 29 3
ブラジル セリエB 0 0
ポルトガル スーペルリーガ 8 0 1 0 9 0
フランス リーグ・アン 7 0
アメリカ USL 39 0
総通算 370 29

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
CONMEBOL リベルタドーレス杯
2001 セロ・ポルテーニョ 17 7 2
AFC ACL
2006 東京V 20 2 0
通算 CONMEBOL 7 2
AFC 2 0


代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点 (2001)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2001 2 0
通算 2 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 登録選手一覧表 Jリーグ 2010.12.05
  2. ^ a b “廣山 望”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ha/nozomi_hiroyama.html 
  3. ^ a b c d e “ヴェルディ廣山選手インタビュー 後編”. 空間都市 八王子. (2006年10月24日). http://hachimall.net/sports/Verdicontents/interview/hiroyama/index2.html 2014年9月8日閲覧。 
  4. ^ a b 廣山望選手 東京ヴェルディより完全移籍のお知らせ, , J’s GOALアーカイブ (Jリーグ), (2009年1月17日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00076612 2017年8月25日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h 田崎健太 「廣山望が駆け抜けた世界」 『サッカー批評 Issue 59』 双葉社、2012年、86-91頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 加部究 「海を越えてきたフットボーラー 廣山望(セレッソ大阪)」 『サッカー批評 Issue 27』 双葉社、2005年、70-75頁。
  7. ^ Paraguay 2001”. RSSSF. 2017年8月25日閲覧。
  8. ^ a b c https://www.jfa.jp/about_jfa/report/PDF/h_20120510_01.pdf
  9. ^ 「広山望独占インタビュー/「サッカーは世界がマーケット」」 『週刊サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、2002年4月24日号 No.862、16-17頁。
  10. ^ “広山がブラガと1年契約/ポルトガルの中堅クラブ”. 四国新聞社. (2002年7月27日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/general/20020727000566 2017年8月25日閲覧。 
  11. ^ “FIFAが救いの手 岡崎17日デビュー…期限付き移籍証明書発行へ”. スポーツ報知. (2011年2月14日). オリジナル2011年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110216072149/http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20110213-OHT1T00243.htm 2017年8月25日閲覧。 
  12. ^ 広山望選手加入のお知らせ, , J’s GOALアーカイブ (Jリーグ), (2004年8月10日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00010309 2017年8月25日閲覧。 
  13. ^ 廣山望選手移籍加入決定のお知らせ, , J’s GOALアーカイブ (Jリーグ), (2005年1月22日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00015567 2017年8月25日閲覧。 
  14. ^ 廣山望選手復帰のお知らせ, , J’s GOALアーカイブ (Jリーグ), (2006年1月10日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00028384 2017年8月25日閲覧。 
  15. ^ 契約満了選手のお知らせ, , J’s GOALアーカイブ (Jリーグ), (2008年12月11日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00075160 2017年8月25日閲覧。 
  16. ^ 契約満了選手のお知らせ, , J’s GOALアーカイブ (Jリーグ), (2010年11月18日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00110097 2017年8月25日閲覧。 
  17. ^ “元代表の広山らJトライアウト参加”. nikkansports.com. (2010年12月14日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20101214-713754.html 2017年8月25日閲覧。 
  18. ^ 広山がリッチモンド・キッカーズ移籍 - 海外サッカーニュース : nikkansports.com 2011年3月15日配信
  19. ^ 17年間 - nozomi-web 2012年8月27日配信
  20. ^ 2001年7月4日”. MASUJIMA STADIUM (2001年7月4日). 2017年8月25日閲覧。
  21. ^ 2001年10月4日”. MASUJIMA STADIUM (2001年10月4日). 2017年8月25日閲覧。
  22. ^ 世界で戦える選手を育成する。廣山望のサッカー指導者としての挑戦”. スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG). 2017年8月25日閲覧。
  23. ^ [1]
  24. ^ Jリーグトリビアクイズ”. 日本コカ・コーラ. 2013年9月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]