川口信男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川口 信男 Football pictogram.svg
名前
愛称 ノブ[1]、ノブさん[2]
カタカナ カワグチ ノブオ
ラテン文字 KAWAGUCHI Nobuo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-04-10) 1975年4月10日(42歳)
出身地 新潟県三条市
身長 178cm[3]
体重 72kg[3]
選手情報
ポジション FW (WG,CF[4]) / MF (SH[5])
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2005 ジュビロ磐田 139 (12)
2006-2008 FC東京 45 (03)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

川口 信男(かわぐち のぶお、1975年4月10日 - )は、新潟県三条市出身(出生は隣接している加茂市)のサッカー指導者、元サッカー選手。現役時代のポジションフォワード(FW)[3]及びミッドフィールダー(MF)。

妻は元TeNYアナウンサー関純子

来歴[編集]

現役時[編集]

小学生の時に兄の影響でサッカーを始めた[6]。高校時代には新潟県選抜として国体に2度出場[7]1994年順天堂大学に進学し、先輩・名波浩のパスからゴールに迫る活躍で[5]同年の関東大学リーグ新人賞を受賞[7]。スピードを活かした突破力を武器に[5]快足ストライカーとして名を馳せた[1]。同期に鈴木悟鳥羽俊正1997年には大学選抜に選出され、ユニバーシアードに参加[1]

1998年、名波が在籍するジュビロ磐田に入団。同年のヤマザキナビスコカップ決勝戦では2得点を挙げて大会MVPに選出された[8][9]1999年にはアジアクラブ選手権優勝。2000年以降は主に右サイドのアタッカーとして使われることが増え、磐田黄金期のスーパーサブとして活躍[5][1]。快足を生かし攻撃を活性化させた[10]が、太田吉彰らの台頭を受けて徐々に出場機会を失っていった。2005年12月、同年限りでの退団を決意[9]

2006年よりFC東京に完全移籍[11][12]。果敢なドリブル突破で[6]攻撃の一翼を担った。2007年はカップ戦を含め全試合にベンチ入りしていたが[13]無得点に終わり、12月に契約非更新が発表され[14]Jリーグ合同トライアウトにも参加した[15]リーグ戦終了後の天皇杯では、気持ちのこもったプレーでチームを牽引[15][4]。ここでの好プレーに加え、川口とポジションの重なる選手の退団が相次いだことなどから、翌2008年1月に再契約を結び[16]FC東京に残留した。この年もピッチ上での健在ぶりを示していたが、大竹洋平鈴木達也にスーパーサブの役割を譲る事が増え[17]、同シーズンをもって現役を引退した。

高い意識で真摯に練習に取り組む[6]姿は見本として信頼を寄せられ[18]、2008年に特別指定選手としてチームに加わり、後にFC東京に入団することになる高橋秀人は、「ノブさんがいなかったらFC東京に入っていなかったかもしれない。」と述懐している[2]

引退後[編集]

2009年からFC東京の普及部コーチに就任[7]。2010年に日本サッカー協会公認B級コーチライセンスを取得[19]。同年開催のフットサル調布リーグ1部1stステージで21得点を挙げ、2位に入った[20]。2013年からはトップチームコーチを務めた。2014年限りで契約を満了[21]

2015年、OBの登用を進める[22]磐田へと復帰。下部組織のコーチに就いた[23]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1996 順天大 - - - 1 1 1 1
1997 - - 2 0 2 0
1998 磐田 13 J 20 3 5 3 3 0 28 6
1999 J1 18 1 4 0 1 0 23 1
2000 20 3 3 0 3 2 26 5
2001 23 0 8 1 0 0 31 1
2002 23 3 7 1 3 1 33 5
2003 19 1 6 0 3 2 28 3
2004 8 0 5 0 4 1 17 1
2005 8 1 0 0 1 0 9 1
2006 FC東京 20 24 3 6 0 2 0 32 3
2007 14 0 4 0 3 0 21 0
2008 7 0 2 0 0 0 9 0
通算 日本 J1 184 15 50 5 20 6 236 36
日本 - - 3 1 3 1
総通算 184 15 50 5 23 7 239 37
その他の公式戦
出場歴
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 磐田 13 3 0
2005 5 1
通算 AFC 8 1
その他の国際公式戦

個人タイトル[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 選手データベース”. 2010年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月11日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  2. ^ a b 【J2 10月度MIP受賞インタビュー】 J's GOAL、2011.12.15
  3. ^ a b c d e f g 登録選手一覧表 Jリーグ 2008.12.12
  4. ^ a b 【第87回天皇杯準々決勝 F東京 vs 広島】原博実監督(F東京)記者会見コメント J's GOAL (2007年12月23日)
  5. ^ a b c d 本誌連動インタビュー VOL.842 川口信男”. 2008年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月24日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2001年11月21日)
  6. ^ a b c d e 『FC東京ファンブック 2007』 毎日新聞社2007年、27頁。
  7. ^ a b c d e 川口信男選手 FC東京普及部コーチ就任のお知らせ”. 2012年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月24日閲覧。 FC東京 (2009年1月20日)
  8. ^ ヤマザキナビスコカップ 公式記録1998 Jリーグ
  9. ^ a b FC東京 磐田川口信獲り 98年ナビスコ杯MVPの快速アタッカー”. 2006年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月31日閲覧。 東京中日スポーツ (2006年1月8日)
  10. ^ 「西部謙司の眼」J1セカンドステージ第15節 横浜M2-1磐田 完全優勝(前編) スポーツナビ (2003年12月1日)
  11. ^ 川口信男選手 FC東京へ完全移籍”. 2006年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月24日閲覧。 ジュビロ磐田 (2006年1月10日)
  12. ^ 川口信男選手 移籍加入決定のお知らせ”. 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月24日閲覧。 FC東京 (2006年1月10日)
  13. ^ 選手出場記録 2007Jリーグ ディビジョン1選手出場記録 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ同 決勝トーナメント Jリーグ
  14. ^ 来季契約非継続選手について”. 2007年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月24日閲覧。 FC東京 (2007年12月4日)
  15. ^ a b 川口 天皇杯Vで有終の美だ 東京中日スポーツ (2007年12月21日)
  16. ^ 川口信男選手の契約について”. 2008年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月24日閲覧。 FC東京 (2008年1月19日)
  17. ^ 選手出場記録 2008Jリーグ ディビジョン1 Jリーグ (2008年12月6日)
  18. ^ 川口112日ぶり先発へ「原さんの喜ぶ顔が見たい」”. 2008年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月31日閲覧。 東京中日スポーツ (2007年12月8日)
  19. ^ 2009(平成21)年度 公認B級コーチ養成講習会 判定結果 (PDF) 日本サッカー協会、2010.04.07
  20. ^ 調布リーグ2010 DivisionⅠ 1stステージ 得点ランキング (PDF)
  21. ^ 川口信男トップチームコーチ退任のお知らせ FC東京 (2014年12月25日)
  22. ^ 磐田 下部組織にOBが集結! U-18監督には田中誠氏 スポーツニッポン (2014年12月25日)
  23. ^ 2015のU-18ならびにU-15コーチングスタッフ決定 ジュビロ磐田 (2014年12月25日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]