太田吉彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
太田 吉彰 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨシ
カタカナ オオタ ヨシアキ
ラテン文字 OHTA Yoshiaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-06-11) 1983年6月11日(35歳)
出身地 静岡県浜北市
(現浜松市浜北区
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション MF / FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
1996-1998 ヤマハジュビロSSJrユース
1999-2001 ジュビロ磐田ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2009 ジュビロ磐田 115 (21)
2010-2014 ベガルタ仙台 153 (12)
2015- ジュビロ磐田 81 (7)
代表歴2
2007 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月4日現在。
2. 2007年9月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

太田 吉彰(おおた よしあき、1983年6月11日 - )は、静岡県浜北市(現浜松市浜北区)出身のプロサッカー選手。ポジションはMFJリーグジュビロ磐田に所属。元日本代表

実兄は元サッカー選手の太田圭輔

来歴[編集]

静岡選抜で太田と一緒にプレーした経験がある長谷部誠らが証言しているように、元々はトップ下の選手だった。しかし磐田ユースに加入後、トップ下では自分に将来がないと感じ、ずっと目標としてきた兄・圭輔と同じようなサイドアタッカーに転身することを決断。当時はスタミナもそこそこ、足も特に速いわけではなかったが、トレーニングで自身の肉体を変貌させ、高校3年時にはスピードを生かした突破力を武器とするプレイヤーとしてFWやサイドハーフのレギュラーを奪取した。その結果本人も予想もしていなかったトップチーム昇格を果たす。

クロスの精度や守備力に難があったが、磐田の世代交代の波に乗りトップデビューを果たすと、初先発の試合でいきなりゴールを決めるなどして一気にレギュラー格に定着。2005年シーズンはMF陣最多得点をあげ、2006年アジウソン体制で完全に攻撃の中心として位置付けられ、2007年からは再びFWもこなすようになるなど、当時の磐田を支えた選手の1人であった。2008年シーズンは右サイドの駒野友一の移籍加入と、4月に練習試合で前十字靭帯断裂の怪我を負ったためシーズンの大半を棒に振っている。

怪我から復帰した2009年、開幕から中盤右サイドのレギュラーを任されるが不調で、李根鎬の加入によりサイドハーフに回ったジウシーニョなどにレギュラーを奪われた。その後、海外挑戦するため、7月に磐田を退団したが獲得クラブは現れず、年内いっぱいは無所属となったが、2010年ベガルタ仙台へ完全移籍加入。

加入初年度こそチャンスに恵まれなかったものの、2011年は途中退団したマルキーニョスに代わってFW起用される。東日本大震災後、J再開川崎戦にて、両足が激しく攣った状態でゴールを挙げ、その直後に負傷交代した。このゴールは「やべっちF.C.」にて名波浩により「魂のゴール」と評されている。2012年は本職のサイドハーフとしてプレーし、MF梁勇基の負傷により開幕から先発。梁が復帰すると今度はMF関口訓充に代わって引き続き先発。関口の復帰後も先発を明け渡すことなく、フィールドプレーヤーで唯一のリーグ戦全試合出場を果たした。2013年2014年もリーグ戦全試合に出場。

2015年1月7日、約6年ぶりにジュビロ磐田へ完全移籍で復帰することが発表された[1]。背番号は、かつて中山雅史が付けていた9番[2]。開幕戦となったギラヴァンツ北九州戦では、ジェイのゴールをアシストした[3] り、プレー面ではチームに貢献していたが、なかなか得点が奪えなかったが第30節の徳島戦で移籍後初ゴールを決めた[4]。2015年シーズンは39試合に出場し、ジュビロのJ1昇格へ貢献した。

エピソード[編集]

  • お祭り好きで、地元での浜松まつりの練りに参加するのが恒例だったと言う。ただしトップチームに定着してからは、観る方に回っていることも多い。
  • 高校時代は肉体強化のトレーニングの一環として自宅から学校へ行くにも、ユースの練習場に行くのも常に自転車で、「バスと競争するトレーニング」までしていた。それを重ねているうちに、バスより速く走る自転車乗りになった。
  • 三白眼である。
  • 太田兄弟の共通の趣味に釣りがある。2006年のリーグ戦中断中には、清水と磐田の応援番組共同で太田兄弟の釣り対決という番組が放送された。
  • シーズン前には、槙野智章浦和レッズの選手と自主トレをしている[5]

所属クラブ[編集]

アマ経歴
  • 1996年 - 1998年 ヤマハジュビロサッカースクールJrユース
  • 1999年 - 2001年 ジュビロ磐田ユース
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 磐田 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 17 0 0 0 0 1 0 1 0
2004 7 1 1 0 1 0 9 1
2005 30 7 2 0 2 0 34 7
2006 32 9 8 1 3 0 43 10
2007 7 32 4 6 1 2 1 40 6
2008 1 0 2 0 2 1 5 1
2009 13 0 5 0 - 18 0
2010 仙台 15 21 0 8 2 1 0 30 2
2011 30 4 4 0 3 1 37 5
2012 34 4 7 1 2 0 43 5
2013 11 34 2 2 0 4 0 40 2
2014 34 2 5 0 1 0 40 2
2015 磐田 9 J2 39 4 - 0 0 39 4
2016 J1 34 3 1 0 0 0 35 3
2017 8 0 3 0 3 0 14 0
2018
通算 日本 J1 310 36 54 5 25 3 389 44
日本 J2 39 4 - 0 0 39 4
総通算 349 40 54 5 25 3 428 48
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2004 磐田 17 1 0
2005 3 0
2013 仙台 11 6 0
通算 AFC 10 0

代表歴[編集]

出演[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • USAGI「君の風になって」(2015年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]