三白眼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三白眼(さんぱくがん)とは、人間について、虹彩(黒目)の部分がやや小さく、白目の部分の面積が多いことを指していう。上方寄りの黒目に対して、左右および下方の方が目であるという状況からこう呼ばれる[1](稀に黒目が下方寄りの上三白眼もある)。目が大きいこと、または黒目が小さいことやその両方からこの現象は起きる。眼瞼下垂などの病気によってこの現象が起きることもある[2]

Sanpakuとして、日本語から英語に入った借用語になっている。

犯罪生物学の創始者で精神科医であるチェーザレ・ロンブローゾ犯罪者に多く見られる身体的特徴として斜視などとともにこれを挙げたが、「犯罪者には一定の身体的・精神的特徴(Stigmata)が認められる」とした彼の生来的(生来性)犯罪人説は完全に否定されている。

統合失調症との関連を指摘する研究もあったが、これもまた否定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “三白眼(サンパクガン)とは” (日本語). コトバンク. 2019年3月5日閲覧。
  2. ^ 眼瞼下垂について 眼瞼下垂ってなに?どんな症状が起こる?自己診断 | 一般財団法人永頼会 松山市民病院”. www.matsuyama-shimin-hsp.or.jp. 2019年3月5日閲覧。

関連項目[編集]