鈴木悟 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木悟 Football pictogram.svg
名前
カタカナ スズキ サトル
ラテン文字 SUZUKI Satoru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-07-19) 1975年7月19日(43歳)
出身地 静岡県
身長 181cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF
利き足 両足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鈴木 悟(すずき さとる、1975年7月19日 - )は、静岡県出身の元プロサッカー選手。ポジションはディフェンダー。妻は、毎日放送アナウンサー松本麻衣子

来歴[編集]

選手時代[編集]

静岡市立清水商業高等学校3年生の時に、後にJリーガーとなる小川雅己川口能活田中誠、清水龍蔵、山口博匡とともに、第72回全国高等学校サッカー選手権大会で優勝。本来のポジションは左サイドバックだが、キック力も高いことから、選手権中の試合によっては左ウイングで出場することもあった。その一方で、チームから8人が「静岡県選抜」で出場した東四国国体1993年サッカー・少年男子の部では、同チームの選抜メンバーから外れた。この一件を境に、「今のままではプロ(創設2年目のJリーグ)に進んでも通用しない」と考えたうえで、順天堂大学への進学を決めた[1]

順天堂大時代には、「プロになるための方法」として、細かく目標を立てて準備することを徹底[1]。その甲斐あって、卒業後の1998年セレッソ大阪へ入団した。

セレッソでは、レギュラー格で公式戦へコンスタントに出場していたが、2003年のシーズン終了後に戦力外を通告。鈴木によれば、この通告を機に、「セカンドキャリア」としてメディア関連業界への転職(後述)を意識するようになったという。しかし実際には、複数のクラブから移籍を打診された末に、同じ関西圏の京都パープルサンガへの移籍を決めた。移籍の決め手になったのは、セレッソ時代の監督だった西村昭宏が、2004年からパープルサンガの監督に就任したことであった[2]

パープルサンガでは、セレッソ時代と同様のペースで、公式戦への出場を続けていた。ところが、3年目に当たる2006年5月に、右膝前十字靱帯の断裂で自身初の長期離脱を経験。重症だったにもかかわらず、前向きな姿勢でリハビリに励んだことが功を奏して、チームの最年長選手(当時31歳)ながら5ヶ月後には実戦復帰を果たした[2]。しかし、同年のシーズン終了後に、自身2度目の戦力外通告を受けた。

現役引退後[編集]

前述の長期離脱中に戦力外通告を覚悟していたことから、「あと2年プレーを続けても、33歳で全く違う仕事に移るのは厳しい」という理由で、2007年3月6日付の移籍リストで引退を発表。引退後は、テレビ番組の制作会社である江戸堀本舗へ就職するとともに、サッカーに関するテレビ・ラジオ番組のディレクターに転身した。鈴木は、セカンドキャリアをサッカー界の周辺に求めた理由として、「サッカーしかやってこなかった自分が、サッカーの世界でしか動かなかったら、考え方は変わらないし世界観が狭くなってしまう」「外からサッカーを見る仕事に就くことで、人間としての幅を広げたかった」と語っている[2]

ディレクターとして初めて手掛けた番組は、セレッソ時代のチームメイト・森島寛晃の現役引退記念特別番組『ありがとうミスターセレッソ森島寛晃 〜引退・日本一腰の低いJリーガー〜』(2009年2月1日MBSテレビが関西ローカルで放送)[3]。現在は、関西圏で開催されるJリーグの中継に携わるかたわら、朝日放送のスポーツ部で『Monday! SPORTS - JAM』(ABCラジオ)などの番組の制作を受け持つ。ちなみに同番組では、Jリーグでのプレー経験を買われて、「F.C.オフサイドトーク」(サッカー情報コーナー)へコメンテーターとして出演することもある[4]

2013年10月には、毎日放送のサッカー中継を通じて知り合った松本との結婚を発表した[5]

所属クラブ[編集]

プレースタイル[編集]

堅実な守備が持ち味の左サイドバックで、守備的なポジションであればどこでもこなせた。また、ディフェンダーでありながらフリーキックが得意。パープルサンガ時代の2005年には、J2のリーグ戦で、直接フリーキックによって2得点を挙げた[要出典]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998年 C大阪 28 J 33 3 4 0 1 0 38 3
1999年 C大阪 14 J1 21 0 4 0 2 0 27 0
2000年 C大阪 14 J1 30 1 4 0 2 0 36 1
2001年 C大阪 14 J1 23 0 1 0 5 0 29 0
2002年 C大阪 7 J2 43 2 - 4 0 47 2
2003年 C大阪 7 J1 25 0 4 0 5 0 34 0
2004年 京都 2 J2 27 1 -
2005年 京都 2 J2 18 2 -
2006年 京都 2 J1 5 0 0 0
通算 日本 J1 137 4 17 0
日本 J2 88 5 -
総通算 225 9 17 0

脚注[編集]