バウド・カンディド・デ・オリベイラ・フィリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はデ・オリベイラ、第二姓(父方の姓)はフィリョです。
バウド Football pictogram.svg
Valdo Cândido Oliveira Filho.jpg
名前
本名 バウド・カンディド・デ・オリベイラ・フィリョ
Valdo Cândido de Oliveira Filho
ラテン文字 VALDO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1964-01-12) 1964年1月12日(58歳)
出身地 シデロポリスポルトガル語版
身長 173cm
体重 66kg
選手情報
ポジション MF (DH)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983 ブラジルの旗 フィゲイレンセFC
1984-1987 ブラジルの旗 グレミオFBPA 96 (18)
1987-1991 ポルトガルの旗 SLベンフィカ 78 (11)
1991-1995 フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC 115 (10)
1995-1997 ポルトガルの旗 SLベンフィカ 60 (9)
1997-1998 日本の旗 名古屋グランパスエイト 26 (4)
1998-2000 ブラジルの旗 クルゼイロEC 56 (7)
2000-2001 ブラジルの旗 サントスFC 19 (1)
2001 ブラジルの旗 スポルチ・レシフェ 0 (0)
2001-2002 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 23 (1)
2002 ブラジルの旗 ECジュベントゥージ 12 (2)
2003 ブラジルの旗 ADサンカエターノ
2003-2004 ブラジルの旗 ボタフォゴFR 44 (2)
代表歴
1986-1993 ブラジルの旗 ブラジル 65 (6)
監督歴
2009 ブラジルの旗 ウニオン・ロンドノポリス
2011 ブラジルの旗 マリンガFC
2012 ブラジルの旗 セラ・マカエンシFC
2014-2015 アルジェリアの旗 MCアルジェ(コーチ)
2018- コンゴ共和国の旗 サッカーコンゴ共和国代表
獲得メダル
男子 サッカー
オリンピック
1988 ソウル サッカー
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

バウド・カンディド・デ・オリベイラ・フィリョ(Valdo Cândido de Oliveira Filho、1964年1月12日 - )は、ブラジルサンパウロ州シデロポリス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダーミッドフィールダー)。所属したどのチームにおいても信頼され頼りにされたゲームメーカであった[1]

経歴[編集]

ブラジル代表として19861990と、2度のワールドカップに中心選手として出場[2]、しかし1990年大会の決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンに0-1と敗れ、戦犯扱いを受けた一人となった[2]。1989年のコパ・アメリカでは優勝、ブラジル代表では通算45試合4ゴールの成績を残した[3]。その他1988年にはソウルオリンピックにも出場、シルバーメダルを手にした。

1987-88シーズンからSLベンフィカに移籍[3]、ここでは2度のリーグ制覇を果たし、1989-90シーズンにはUEFAチャンピオンズカップ決勝に進出したが、ACミランに0-1と敗れ、準優勝に終わった[4]

1991-92シーズンからパリ・サンジェルマンに移籍し4シーズンプレー[3]、ここでは1993-94シーズン、30試合に出場し[3]リーグ・アンの優勝に貢献した。また2度のクープ・ドゥ・フランスなどのタイトルも獲得した。

1997年のセカンドステージから名古屋グランパスでプレー、8月20日横浜フリューゲルス戦でJリーグ初ゴール[5]。1998年5月9日のファーストステージ12節で横浜マリノス戦に出場してゴールを決めた試合が名古屋での最後の試合となった。Jリーグでは通算26試合4ゴールの成績に終わった[5]。1997年にはJOMOカップに外国籍選手選抜の一員として先発出場した[6]。名古屋退団後はブラジル国内のチームを渡り歩き、39歳までプレー、2004年に現役を引退した[7]

2018年、コンゴ代表監督に就任した[8]

個人成績[編集]

年度 チーム J1/J2 背番号 リーグ戦 カップ戦 天皇杯
1997年 名古屋 J 34 16試合2得点 4試合0得点 1試合0得点
1998年 名古屋 J 7 10試合2得点 4試合1得点 -
通算 J 26試合4得点 8試合1得点 1試合0得点

代表歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]