カルロス・エドゥアルド・マランゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドゥー・マランゴン Football pictogram.svg
名前
本名 カルロス・エドゥアルド・マランゴン
Carlos Eduardo Marangon
ラテン文字 Edu Marangon
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1963-02-02) 1963年2月2日(55歳)
出身地 サンパウロ
身長 180cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1988 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ 55 (7)
1988-1989 イタリアの旗 トリノ 22 (2)
1989-1990 ポルトガルの旗 ポルト 2 (0)
1990 ブラジルの旗 フラメンゴ 0 (0)
1990-1991 ブラジルの旗 サントス 24 (3)
1991-1992 ブラジルの旗 パルメイラス 16 (3)
1992 ブラジルの旗 サントス 0 (0)
1993-1994 日本の旗 横浜フリューゲルス 67 (18)
1995-1996 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
1996 ブラジルの旗 コリチーバ 9 (1)
1997 ブラジルの旗 インテル-SP 0 (0)
1997 ブラジルの旗 ブラガンチーノ
代表歴
1987-1990 ブラジルの旗 ブラジル [1] 9 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エドゥー・マランゴン (Edu Marangon) こと、カルロス・エドゥアルド・マランゴン(Carlos Eduardo Marangon、1963年2月2日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー(攻撃的ミッドフィールダー)。

経歴[編集]

モオカ地区の出身であることからラジオアナウンサーのオズマール・サントスによって付けられた「Boy da Mooca」というニックネームで知られる[2][3]

1984年にポルトゥゲーザでデビューし[3]、1985年にパウリスタン(サンパウロ州選手権1部)に準優勝したときの中心選手だった[3][4]。1987年にはカルロス・アルベルト・ダ・シルバが新監督に就任したブラジル代表に招集され、背番号10を背負った[5]。ブラジル代表としては10試合に出場して1ゴールをあげた[6]

1988-89シーズンより2年契約でイタリアのトリノに移籍[5]。しかし最初のシーズンに降格し、2年目のシーズン途中にポルトガルのポルトに移籍[5]

1990年、フラメンゴに移籍し、ジーコがつけていた背番号10を引き継いだ[4][3]。フラメンゴでは15試合に出場し、同年途中からはサントスでプレーした[3]。1991年から1992年までパルメイラスに在籍し、54試合9得点[3][4]

1993年、日本の横浜フリューゲルスに移籍。監督の加茂周ACミランのプレッシングを模範とした戦術「ゾーンプレス」を採用していたが、実際にトリノ時代にミランとの対戦経験があり、イタリアにコネクションも持つエドゥーは、一選手という枠を超えて加茂を戦術面において補佐する役割も担った[5]。日本での1年めはリーグトップの131シュートを放ちながらゴール数は6にとどまったが、2年めはフリーキックから多くのゴールを挙げ、ゴール数は12と倍増した[5]。この年に決めた長距離FKによるゴールは、2013年に「Jクロニクルベスト」でサポーター投票による歴代ベストゴールの8位に[7]、「やべっちFC」で選手や監督が選ぶJリーグ歴代名シーンで6位に選ばれた[8]

帰国後はインテル・デ・リメイラコリチーバブラガンチーノでプレー[3]

引退後は指導者としてブラジルのクラブの監督を歴任する[3]。2002年、ポルトゥゲーザのジュニオール監督としてコパ・サンパウロ・ジュニオールに優勝した[3][6]。2005年、ジュベントスでサンパウロ州選手権セリエA2(2部)に優勝した[4]

2003年、パラナの監督を6試合で解任された[9]。2012年末、ポルトゲーザ・サンチスタのフットボールダイレクターに就任した[3]

人物[編集]

左足のフリーキックを得意とした。

特に1994年サントリーシリーズの対ジュビロ磐田戦(ジュビロ磐田スタジアム)で、ゴールより40メートルの地点から決めた強烈なカーブのかかったフリーキックは、その映像が日本サッカーミュージアムの展示の一つとなるほどであり、エドゥー本人も「日本で最も印象に残ったゴール」であると語っている。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1984 ポルトゥゲーザ
1985
1986
1987
1988
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1988-89 トリノ
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯ポルトガル杯 期間通算
1989-90 ポルト
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1990 フラメンゴ
サントス
1991
パルメイラス
1992年
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 横浜F - J 30 6 4 2 5 5 39 13
1994 37 12 2 0 0 0 39 12
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1995 ナシオナル
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1996 コリチーバ
1997 インテル-SP
ブラガンチーノ
通算 ブラジル
イタリア
ポルトガル
日本 J 67 18 6 2 5 5 78 25
ウルグアイ
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Marangon, Edu”. National Football Teams. 2016年6月13日閲覧。
  2. ^ “"Boy da Mooca", Edu Marangon se cansa de ser xingado como técnico e conta surra dada pelo pai”. UOL Esporte. (2012年9月27日). https://esporte.uol.com.br/futebol/ultimas-noticias/2012/09/27/edu-marangon-se-cansa-dos-xingamentos-a-treinador-diz-que-hoje-ganharia-dinheiro-como-boy-da-mooca.htm 2017年5月30日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j “Lembra Dele? Ex-Santos, Fla e Verdão, Edu Marangon vira cartola”. globoesporte.com. (2013年5月2日). http://globoesporte.globo.com/sp/santos-e-regiao/futebol/times/portuguesa-santista/noticia/2013/05/lembra-dele-ex-santos-e-fla-edu-marangon-quer-se-firmar-como-cartola.html 2017年5月30日閲覧。 
  4. ^ a b c d Rogério Micheletti. “Edu Marangon - Que fim levou?”. Terceiro Tempo. 2017年5月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e 加部究「Far East Connection 海を越えて来たフットボーラー 第14回 エドゥ「ゾーンプレスの真実」」 『サッカー批評』 Issue 17、双葉社、2003年、112-117頁。
  6. ^ a b “Edu Marangon é o novo técnico do Juventus” (プレスリリース), Clube Atlético Juventus, (2008年11月4日), http://www.juventus.com.br/2008/11/edu-marangon-e-o-novo-tecnico-do-juventus/ 2017年5月30日閲覧。 
  7. ^ Jリーグ20周年記念企画『Jクロニクルベスト』最終投票結果発表”. Jリーグ (2013年5月17日). 2017年5月30日閲覧。
  8. ^ 「やべっちFC」がJリーグ20年間の名シーンベスト20を発表…現役・OB 623人にアンケートを実施”. サッカーキング. 2013-05-07. 2017年5月30日閲覧。
  9. ^ Atlético cria polêmica envolvendo Drubscky e Jorginho”. Gazeta do Povo (2012年6月26日). 2017年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]