ジョゼ・エリアス・モエディム・ジュニオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はエリアス第二姓(父方の)はモエディムです。
ゼ・エリアス Football pictogram.svg
Zé Elias - SC Rheindorf Altach.jpg
名前
本名 ジョゼ・エリアス・モエディム・ジュニオール
José Elias Moedim Júnior
ラテン文字 Zé Elias
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1976-09-25) 1976年9月25日(42歳)
出身地 サンパウロ
身長 178cm
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション MF (DH)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1996
1996-1997
1997-1999
1999-2000
2000-2003
2003-2004
2004-2006
2006
2006
2006-2007
2008
2008-2009
ブラジルの旗 コリンチャンス
ドイツの旗 レバークーゼン
イタリアの旗 インテル
イタリアの旗 ボローニャ
ギリシャの旗 オリンピアコス
イタリアの旗 ジェノア
ブラジルの旗 サントス
ウクライナの旗 M.ドネツク
ブラジルの旗 グアラニ
キプロスの旗 オモニア・ニコシア
ブラジルの旗 ロンドリーナ
オーストリアの旗 アルタッハ
60 0(2)
23 0(0)
33 0(2)
19 0(0)
49 0(2)
19 0(1)
25 0(0)
0 0(0)
1 0(0)
12 0(1)
? 0(?)
16 0(0)
代表歴2
1995
1996
1995-1999
ブラジルの旗 ブラジル U-20
ブラジルの旗 ブラジル U-23
ブラジルの旗 ブラジル
5 0(0)
6 0(0)
10 0(0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年11月8日現在。
2. 2012年11月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゼ・エリアス(Zé Elias)ことジョゼ・エリアス・モエディム・ジュニオール(José Elias Moedim Júnior、1976年9月25日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元同国代表の元サッカー選手

経歴[編集]

サンパウロで生まれると地元のコリンチャンスに入団。1993-94シーズンに17歳の誕生日を迎える前に出場し、当時の最年少選手としてデビューをする[1]と、すぐさまPSVアイントホーフェンから強い関心が寄せられた。

クラブでレギュラーの座を掴むと、1995年19歳の時にブラジル代表で初キャップを刻んだ。また、同年のコパ・ド・ブラジルカンピオナート・パウリスタのタイトルを獲得と最高のシーズンを送った。その後は、バイエル・レバークーゼンインテルナツィオナーレ・ミラノボローニャFCオリンピアコスFCギリシャ・スーパーリーグで3連覇を経験)、そしてジェノアCFCに所属。

ブラジルに戻りサントスFCでプレーした後は、FCメタルルフ・ドネツクグアラニFCオモニア・ニコシア、そしてロンドリーナECと短期間在籍した。2008年3月に引退するとインテルでスカウトの職に就いていたが、6月にSCラインドルフ・アルタッハと契約を結んだ。2008-09シーズン終了後に再び引退し、引退後はヘジ・グローボなどをもつグローボ社のラジオでコメンテーターとして活動している。

プライベート[編集]

弟のルビーニョもサッカー選手で、キャリアのほとんどをイタリアで過ごし、GKとしてプレーしている[2]

2011年7月21日、扶養手当や慰謝料の不払いで逮捕され[3][4]、約1ヶ月後に出所した。

代表[編集]

エリアスはブラジル代表として22試合に出場した。1995年3月29日、1-1で引き分けたホンジュラスとの親善試合でデビューをした。翌1996年はアトランタオリンピックで銅メダルを獲得、1996 CONCACAFゴールドカップではメキシコとの決勝戦に0-2で敗れたため準優勝だった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]