ジョベルト・アラウジョ・マルチンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアラウジョ第二姓(父方の)はマルチンスです。
ベット Football pictogram.svg
名前
本名 ジョベルト・アラウジョ・マルチンス
Joubert Araújo Martins
ラテン文字 Beto
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1975-01-07) 1975年1月7日(44歳)
出身地 マット・グロッソ州クイアバ
身長 172cm
体重 80kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1986-1993 ブラジルの旗 CEドン・ボスコ英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1996 ブラジルの旗 ボタフォゴFR 60 (4)
1996-1997 イタリアの旗 SSCナポリ 22 (4)
1997 ブラジルの旗 グレミオFBPA 14 (3)
1998-1999 ブラジルの旗 CRフラメンゴ 35 (7)
2000 ブラジルの旗 サンパウロFC 18 (3)
2001-2002 ブラジルの旗 CRフラメンゴ 20 (2)
2002 ブラジルの旗 フルミネンセFC 15 (3)
2003 日本の旗 コンサドーレ札幌 7 (1)
2003-2004 ブラジルの旗 CRヴァスコ・ダ・ガマ 20 (2)
2004-2006 日本の旗 サンフレッチェ広島 55 (3)
2007 ブラジルの旗 イツンビアラEC 0 (0)
2007 ブラジルの旗 ブラジリエンセ 7 (0)
2008 ブラジルの旗 CRヴァスコ・ダ・ガマ 4 (0)
2008 ブラジルの旗 ミストEC
2009 ブラジルの旗 ADコンフィアンサ
2009 ブラジルの旗 CFZインビトゥーバ英語版
代表歴2
1995-1999 ブラジルの旗 ブラジル 11 (0 [1])
1. 国内リーグ戦に限る。2009年5月27日現在。
2. 2007年10月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ベット(Beto)ことジョベルト・アラウジョ・マルチンス(Joubert Araújo Martins、1975年1月7日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手ミッドフィールダー)。

一般にはベット、ブラジル国内ではベット・カシャッサ(Beto Cachaça)あるいはベット・バラーダ(Beto Balada)として知られている[2]。これは彼が飲酒(カシャッサ)した状況下でプレーしていたことから名付けられた[3]

リオデジャネイロの4大クラブ(CRフラメンゴCRヴァスコ・ダ・ガマフルミネンセFCボタフォゴFR)全てでプレーした元サッカーブラジル代表[3]

来歴[編集]

ブラジルのクラブチーム・ボタフォゴFRでプロキャリアをスタート。攻撃的なMFとして活躍し1995年カンピオナート・ブラジレイロ優勝に貢献。この活躍が認められブラジル代表に初招集されコパ・アメリカ1995に出場。マリオ・ザガロ代表監督に高い身体能力を買われて、ボランチに転向した[4]。並行して五輪代表にも選ばれるものの怪我を理由に1996年アトランタオリンピック代表には選ばれなかった。

同年にセリエASSCナポリへ移籍するものの、1シーズンでブラジルに復帰。

1998年からCRフラメンゴに在籍し、カンピオナート・カリオカ制覇に貢献、1999年にブラジル代表としてコパ・アメリカ1999に出場し、同カップ戦優勝に貢献した。なお1998年にはセバスティアン・ラザロニ監督とジョエル・サンタナ監督時代にボイコット運動を起し結果的に2人を解雇に追い込んでいる[2]

2003年、Jリーグコンサドーレ札幌へ移籍し、J1昇格の切り札として期待されるもホームシックによるトラブルでわずか2ヶ月で退団する[5]

その後はCRヴァスコ・ダ・ガマに在籍し、2004年にはカンピオナート・カリオカ準優勝に貢献した。

2004年7月、セザール・サンパイオの退団による新外国人選手の獲得を目指していたJリーグ・サンフレッチェ広島へに移籍、攻守の核として活躍した。2006年ミハイロ・ペトロヴィッチ監督体制になってから出場機会が激減、同年9月28日ブラジル人の知人男性を殴って軽傷を負わせたとして傷害容疑で逮捕され、同年10月5日に広島側から解雇された[6][7]

翌2007年イツンビアラEC、同年8月からブラジリエンセFCに在籍する。翌2008年ロマーリオが獲得を熱望したことから古巣のヴァスコ・ダ・ガマへ復帰した[8]。しかし出場機会に恵まれず同年8月に無断で練習をサボり、これが原因となり契約解除された[9]。その後はセリエCのミストECに加入していた。

2009年5月にセルジッペ州ADコンフィアンサに加入、同年7月にサンタカタリーナ州にあるCFZ系列のCFZインビトゥーバ英語版に加入したものの、双方ともにベット自身の規律違反から長続きしなかった[10][11]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1994 ボタフォゴ セリエA 22 0
1995 23 0
1996 15 4
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1996-97 ナポリ 10 セリエA 22 4
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1997 グレミオ セリエA 14 3
1998 フラメンゴ 18 6
1999 16 1
2000 サンパウロ 18 3
2001 フラメンゴ 20 2
2002 フルミネンセ 15 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 札幌 8 J2 7 1 - - 7 1
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2003 ヴァスコ・ダ・ガマ セリエA 17 2
2004 3 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 広島 6 J1 14 2 1 0 1 0 16 2
2005 28 1 5 0 2 0 35 1
2006 13 0 6 0 - 19 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2007 イツンビアラ セリエC 0 0
ブラジリエンセ セリエB 7 0
2008 ヴァスコ・ダ・ガマ セリエA 4 0
2008 ミクスト
通算 ブラジル
イタリア セリエA
日本 J1 55 3 12 0 3 0 70 3
日本 J2 7 1 - - 7 1
総通算

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ナショナル・フットボール・チーム
  2. ^ a b Ex-jogador Beto, admite ter derrubado dois treinadores”. futebol na canela (2012年10月18日). 2013年7月4日閲覧。
  3. ^ a b Beto Cachaça”. resenha esportiva (2013年3月1日). 2013年7月4日閲覧。
  4. ^ J1復帰へ コンサドーレ期待の7戦士”. 北海道新聞 (2003年2月8日). 2013年7月4日閲覧。
  5. ^ 検証 コンサドーレ”. 北海道新聞 (2003年5月12日). 2013年7月4日閲覧。
  6. ^ ベット選手の処分について”. J's GOAL (2006年10月5日). 2013年7月4日閲覧。
  7. ^ MFベット解雇 球団「酌量の余地なし」”. 中国新聞(Internet Archive) (2006年10月5日). 2006年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月4日閲覧。
  8. ^ Beto vai ficar na Colina”. ヘジ・グローボ (2007年12月20日). 2013年7月4日閲覧。
  9. ^ Vasco rescinde com o meia Beto”. ヘジ・グローボ (2008年8月14日). 2013年7月4日閲覧。
  10. ^ Meia Beto, ex-Seleção Brasileira, deixa o time do CFZ Imbituba”. diario catarinense (2009年10月27日). 2013年7月4日閲覧。
  11. ^ Técnico do Imbituba elogia foco da equipe na conquista do acesso”. diario catarinense (2009年11月11日). 2013年7月4日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]