ラファエウ・ジ・ソウザ・ペレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はジ・ソウザ第二姓(父方の)はペレイラです。
ラファエウ・カリオカ Football pictogram.svg
Rafael Carioca 6342.jpg
名前
本名 ラファエウ・ジ・ソウザ・ペレイラ
Rafael de Souza Pereira
ラテン文字 Rafael Carioca
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1989-06-18) 1989年6月18日(29歳)
出身地 リオデジャネイロ
身長 179cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 UANLティグレス
ポジション MF(DMF)
背番号 5
利き足 右足
ユース
ブラジルの旗 アウダックス・リオ
2004-2005 ブラジルの旗 ポン・ジ・アスーカル
ブラジルの旗 イタボライ・プロフテ
2006-2008 ブラジルの旗 グレミオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008 ブラジルの旗 グレミオ 37 (0)
2009-2015 ロシアの旗 スパルタク・モスクワ 111 (2)
2010 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ(loan) 34 (0)
2014-2015 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ(loan) 36 (0)
2016-2017 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 46 (1)
2017- メキシコの旗 ティグレス 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年10月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラファエウ・カリオカRafael Carioca)ことラファエウ・ジ・ソウザ・ペレイラポルトガル語: Rafael de Souza Pereira1989年1月16日 - )は、ブラジルサッカー選手。ポジションはMF

クラブ歴[編集]

グレミオ[編集]

2006年にアマチュア選手としてグレミオFBPAに加入。ユース年代で主将を務めるとトップチームに昇格、しかしながらシーズン前のトレーニングで上手く適応できずユースチームに戻った。2008シーズン前に監督のヴァグネル・マンチーニが解任され、セルソ・フアレス・ロスが監督になるとトップチームでレギュラーを確保、ウィリアン・マグロンとの連携で活躍した。

スパルタク・モスクワ[編集]

2008年12月にFCスパルタク・モスクワに5年契約で移籍[1]

ヴァスコ・ダ・ガマ[編集]

2010シーズンは1年契約でCRヴァスコ・ダ・ガマにレンタル移籍した[2]

アトレチコ・ミネイロ[編集]

2014年8月13日に1年の契約でアトレチコ・ミネイロにレンタル移籍[3]。アトレチコ・ミネイロでもレギュラーを確保し、コパ・ド・ブラジルも制した。その翌年、コパ・リベルタドーレス2015CSDコロコロ戦では鮮烈なゴールを放ちチームの勝利に貢献、再びスターティングイレブンに名を連ねる事となった。同年8月でレンタル契約が切れる際にスパルタク・モスクワから所有権の50%をアトレチコ・ミネイロが買い取り完全移籍、2019年8月までアトレチコ・ミネイロと契約を更新した[4]

UANLティグレス[編集]

2017年8月23日、リーガMXUANLティグレスに移籍した[5]

代表歴[編集]

2007年にはブラジルU-20代表で主将を務め、仙台カップ国際ユースサッカー大会にもU-18代表として参加したものの控えであり出場はなかった。

2016年8月22日にはエクアドル代表コロンビア代表戦に挑むA代表に招集された[6]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アトレチコ・ミネイロ

個人[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]