ジョナス・ゴンサウヴェス・オリヴェイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はゴンサウヴェス第二姓(父方の)はオリヴェイラです。
ジョナス Football pictogram.svg
Benf-Zen 2016 (8).jpg
SLベンフィカでのジョナス(2016年)
名前
本名 ジョナス・ゴンサウヴェス・オリヴェイラ
Jonas Gonçalves Oliveira
カタカナ ジョナス
ラテン文字 Jonas
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1984-04-01) 1984年4月1日(35歳)
出身地 ベベドウロポルトガル語版
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 ブラジルの旗 グアラニ 25 (12)
2006-2007 ブラジルの旗 サントス 20 (1)
2007-2011 ブラジルの旗 グレミオ 74 (40)
2008-2009 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ (loan) 25 (10)
2011-2014 スペインの旗 バレンシア 113 (36)
2014-2019 ポルトガルの旗 ベンフィカ 132 (110)
通算 389 (209)
代表歴
2002-2004  ブラジル U-23 9 (2)
2011-2016 ブラジルの旗 ブラジル 12 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョナス(Jonas)ことジョナス・ゴンサウヴェス・オリヴェイラ(Jonas Gonçalves Oliveira、1984年4月1日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身の元サッカー選手。ポジションはFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴[編集]

グアラニFCの下部組織出身で、2005年にECサント・アンドレ戦でデビューした。グアラニFCでは25試合に出場して12得点している。この活躍でブラジル国内の多くのクラブを引き付け、SEパルメイラスSCコリンチャンス・パウリスタクルゼイロECなどが獲得に興味を示した。2006年、移籍期限終了間際にセリエA王者のサントスFCに移籍した。同年のサンパウロ州選手権では6試合で5得点を挙げたが、膝に重傷を負って6ヶ月の間離脱した。2007年に復帰して州選手権で4得点し、2年連続での州選手権優勝を果たした。出場した試合では活躍したが、サントスFCの控えにとどまっており、2007年9月12日にグレミオFBPAと4年契約を結んだ。

グレミオ[編集]

グレミオは500万ドルを支払ってジョナスの保有権の50%を得ている。グレ・ナル(SCインテルナシオナルとのダービーマッチ)でデビューしたが、その試合の後半早々に負傷して交代した。2007年末にはグレミオの中心選手となった。2008年にはグレミオに多くのフォワードが加入したため、ジョナスはポジションを失い、一貫してフィジカル面の弱さを批判された。7月にはクラブを離れる決断をし、アソシアソン・ポルトゥゲーザ・ジ・デスポルトスレンタル移籍した。ポルトゥゲーザはセリエB(2部)に降格したが、ジョナスはチーム最高の選手のひとりであり、公式戦通算18得点・セリエAで9得点を挙げてチーム内得点王となった。2009シーズンはグレミオに復帰し、セリエAで好調なスタートを切った。2度の足首の怪我に悩まされたが、14得点で得点王に輝いた。2010シーズンも好調で、その献身性や巧みな技術がファンに愛された。リオ・グランデ・ド・スル州選手権でチーム内得点王となり、セリエAでは23得点でリーグ得点王に輝いた。

バレンシア[編集]

ジョナスは2011年に満了する[1]グレミオとの契約を破棄し、2011年1月24日にリーガ・エスパニョーラバレンシアCFに移籍した[2]。2月27日のアスレティック・ビルバオ戦 (2-1) で初得点を挙げた。

ベンフィカ[編集]

SLベンフィカは、2014年9月12日、クラブ公式サイトで、契約満了でバレンシアを退団し、フリーとなっていたジョナスを2年契約で獲得したことを発表した。1年目からシーズン20ゴールを決める活躍を見せ、2年目には32ゴールを決めてプリメイラ・リーガ得点王となった。2018-19シーズンも16ゴールを決めたものの、2019年7月9日に現役引退を表明した[3]

代表[編集]

2002年から2004年にU-23ブラジル代表に選出された後は代表から遠ざかっていたが、2011年3月27日のスコットランドとの親善試合でA代表デビューを飾る。2011年11月14日のエジプトとの親善試合で代表初得点を含む2得点を挙げた。2012年9月以降は代表から遠ざかり、2016年3月のワールドカップ南米予選パラグアイ戦で3年半振りの復帰を果たした。2016年5月20日、コパ・アメリカ・センテナリオのブラジル代表メンバーに招集されていたリカルド・オリヴェイラが負傷で離脱することに伴い、追加招集することが発表された。

個人成績[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 12試合 3得点(2011年-2016年)


ブラジル代表国際Aマッチ
出場得点
2011 5 2
2012 3 0
2016 4 1
通算 12 3

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サントス
グレミオ
ベンフィカ

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jonas acerta renovação com o Grêmio até o final de 2011Clicrbs.com、2010年3月2日
  2. ^ Dirigente do Valencia: Jonas será um novo Nilmar” (Portuguese). Click RBS (2011年1月24日). 2011年3月17日閲覧。
  3. ^ ベンフィカの元ブラジル代表FWジョナスが35歳で現役引退! バレンシアでも活躍!”. 超ワールドサッカー (2019年7月10日). 2019年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]