ダヴィド・ルイス・モレイラ・マリーニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダヴィド・ルイス Football pictogram.svg
David Luiz Champions League Final 2012.jpg
名前
本名 David Luiz Moreira Marinho
カタカナ ダヴィド・ルイス・モレイラ・マリーニョ
ラテン文字 DAVID LUIZ
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1987年4月22日(27歳)
出身地 サンパウロ州
身長 189cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション DF (CB)
背番号 4
利き足 右足
代表歴2
2007
2010-
ブラジルの旗 ブラジル U-20
ブラジルの旗 ブラジル
2 (0)
16 (0)
2. 2010年11月17日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ダヴィド・ルイス・モレイラ・マリーニョDavid Luiz Moreira Marinho, 1987年4月22日 - )は、ブラジルサンパウロ州ディアデマ出身のサッカー選手チェルシーFC所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

ブラジルのサンパウロFCでプレーしていたが、14歳の時にECヴィトーリアに放出された。 当初はボランチとしてプレーしていたが、CBに転向するとすぐに才能を開花させ、16歳でプロデビューを果たした。その後すぐにレギュラー定着に至った。

2007年1月、SLベンフィカにレンタル移籍した。ここでリーグ戦やUEFAカップに出場するなど活躍をし、シーズン終了後5年契約で完全移籍した。2009年1月11日、スポルティング・ブラガ戦で公式戦初ゴールを記録した。

2011年1月31日、チェルシーFCへ移籍金2500万ユーロの5年半契約で移籍した。なお移籍金の一部としてネマニャ・マティッチがベンフィカに移籍した。2月6日、リヴァプールFC戦でデビューを果たした。

プレミアリーグ第18節マンチェスター・ユナイテッドFC戦(延期の為2011年3月1日開催)で移籍後初ゴールを記録。3月20日のマンチェスター・シティFC戦でもゴールを記録した。闘争心溢れるディフェンスに高いフィード能力、攻撃参加が得意でありDFながらFKを任せられるなどして次々とゴールを決めている。

代表歴[編集]

ブラジル代表として2007 FIFA U-20ワールドカップに出場しベスト16進出に貢献した。2010 FIFAワールドカップ後最初の試合となった2010年8月11日のアメリカ戦でA代表デビュー。

人物[編集]

個性的なヘアスタイルが特徴。[1]

チームメートからの信頼は厚く、リーダー的存在。自らも常にチームメートをサポートし、周囲の模範になりたいと語っている。

ベンフィカ時代に最も仲が良かったチームメートはルイゾンで同時に尊敬する選手の一人だという。

サッカー選手になっていなかったら、数学教師になりたかったというほど数学が得意。

所属クラブ[編集]

ポルトガルの旗 SLベンフィカ 2007 (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ブラジルの旗 ヴィトーリア
ポルトガルの旗 ベンフィカ
イングランドの旗 チェルシー

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]