パウロ・アウトゥオリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアウトゥオリ第二姓(父方の)はデ・メロです。
パウロ・アウトゥオリ Football pictogram.svg
Paulo Autuori 2011.jpg
2011年のアウトゥオリ
名前
本名 パウロ・アウトゥオリ・ジ・メロ
Paulo Autuori de Mello
カタカナ パウロ・アウトゥオリ
ラテン文字 Pauro AUTUORI
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1956年8月25日(60歳)
出身地 リオデジャネイロ州の旗 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
監督歴
チーム
1975-1979 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ・ダ・イーリャ
1979-1981 ブラジルの旗 アメリカ-RJ
1982-1984 ブラジルの旗 サンベント
1985 ブラジルの旗 マリーリア
1985 ブラジルの旗 ボンスセッソ
1986 ブラジルの旗 ボタフォゴ
1986-1987 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・ギマランイス
1987-1989 ポルトガルの旗 ナシオナル
1989-1991 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・ギマランイス
1991-1995 ポルトガルの旗 マリティモ
1995 ブラジルの旗 ボタフォゴ
1996-1997 ポルトガルの旗 ベンフィカ
1997 ブラジルの旗 クルゼイロ
1997-1998 ブラジルの旗 フラメンゴ
1998 ブラジルの旗 ボタフォゴ
1999 ブラジルの旗 インテルナシオナル
1999 ブラジルの旗 サントス
1999-2000 ブラジルの旗 クルゼイロ
2000 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・ギマランイス
2001 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
2001 ブラジルの旗 ボタフォゴ
2002 ペルーの旗 スポルティング・クリスタル
2003-2005 ペルーの旗 ペルー代表
2005 ブラジルの旗 サンパウロ
2006 日本の旗 鹿島アントラーズ
2007 ブラジルの旗 クルゼイロ
2007-2009 カタールの旗 アル・ラーヤン
2009 ブラジルの旗 グレミオ
2009-2011 カタールの旗 アル・ラーヤン
2011-2012  カタール U-23
2012-2013 カタールの旗 カタール
2013 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
2013 ブラジルの旗 サンパウロ
2014 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ
2015 日本の旗 セレッソ大阪
2016- ブラジルの旗 アトレチコ・パラナエンセ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウロ・アウトゥオリ (Paulo Autuori) こと、パウロ・アウトゥオリ・ジ・メロ(Pauro Autuori de Mello, 1956年8月25日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ出身のサッカー指導者。

経歴[編集]

現役時代は国内リーグでプレーし、1986年の引退後はブラジルとポルトガルで指導者経験を積む。監督としての才能が本格的に開花したのは40歳を過ぎてからで、1997年にクルゼイロECコパ・リベルタドーレスを獲得する。2001年と2002年にはアリアンサ・リマスポルティング・クリスタルでペルー選手権を自身2連覇し、その実績を買われて2003年にはペルー代表監督を務めた。その後、2005年にはサンパウロFCで2度目のコパ・リベルタドーレスを獲得。この年から6大陸王者の対抗戦になったFIFAクラブワールドカップも、決勝戦で欧州王者のリヴァプールFCを破って優勝した。

こうした実績に目を付けたのが、ジーコ以来ブラジルスタイルが主流の鹿島アントラーズである。鹿島はこの年の10月に6年間監督を務めたトニーニョ・セレーゾの勇退を発表し、早くからサンパウロとの契約が切れるアウトゥオリに目を付けていたが、最終的にアウトゥオリで一本化し、トヨタカップ終了後に契約交渉を開始して、12月30日に就任決定となった。

鹿島においては高卒新人の内田篤人を開幕戦から登用するなど、若手を積極的に起用しつつチームの再構築を図った。リーグ戦においてはやや苦戦したが、ナビスコカップでは決勝まで駒を進めた。シーズン終盤に至って、攻守に素晴らしい連係を見せるサッカーを作り上げたが、11月30日に鹿島は契約非更新を発表。最後の大会となった天皇杯では準決勝で敗退し、タイトル獲得はならなかった。主力選手の放出や優勝を狙うための補強などでチームと意見が衝突し、1年で契約終了。前任者と同様、夏の試合には背番号42のプラクティスシャツを着用していた。

2013年1月、残り数週間となった契約の延長オプションを行使せず、カタール代表監督を退任することが決まった。 2014年ワールドカップアジア最終予選進出を果たすなど結果も残したが、ガルフカップ2013でグループリーグ敗退を喫した責任を取る形となった。

3月から、ブラジルの名門クラブCRヴァスコ・ダ・ガマの監督に就任。7月に古巣であるサンパウロの監督に復帰。8月7日のスルガ銀行チャンピオンシップでは、2006年に指揮した鹿島と対戦した。しかし、リーグ戦17試合で3勝4分10敗と結果を残せず、9月に解任された。

2014年には、アトレチコ・ミネイロの監督に就任するが、4月24日に解任された。12月16日、J2に降格が決定したC大阪の監督に就任が決まった[1]。しかし、J1自動昇格を逃しシーズン終了間際の11月17日に解任された[2]

指導歴[編集]


タイトル[編集]

ブラジルの旗 ボタフォゴ
ブラジルの旗 クルゼイロ
ペルーの旗 アリアンサ・リマ
ペルーの旗 スポルティング・クリスタル
  • プリメーラ・ディビシオン : 2002
ブラジルの旗 サンパウロ
カタールの旗 アル・ラーヤンSC

脚注[編集]

  1. ^ パウロ・アウトゥオリ新監督就任のお知らせ セレッソ大阪オフィシャルサイト (2014年12月16日 閲覧)
  2. ^ パウロ アウトゥオリ監督および ジルヴァンフィジカルコーチの契約について セレッソ大阪オフィシャルサイト 2015年11月17日付

関連項目[編集]