ジュニオール・バイアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はフェレイラ第二姓(父方の)はラモスです。
ジュニオール・バイアーノ Football pictogram.svg
名前
本名 ライムンド・フェレイラ・ラモス・ジュニオール
Raimundo Ferreira Ramos Júnior
愛称 ジュニオール
ラテン文字 JÚNIOR BAIANO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1970-03-14) 1970年3月14日(49歳)
出身地 フェイラ・デ・サンタナ
身長 193cm[1]
選手情報
ポジション DF (CB)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1993 ブラジルの旗 フラメンゴ 40 (2)
1994-1995 ブラジルの旗 サンパウロ 17 (6)
1995-1996 ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン 32 (2)
1996-1998 ブラジルの旗 フラメンゴ 31 (6)
1998-1999 ブラジルの旗 パルメイラス 22 (6)
2000-2001 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 15 (1)
2002 中華人民共和国の旗 上海申花 5 (0)
2002-2003 ブラジルの旗 インテルナシオナル 3 (0)
2004-2005 ブラジルの旗 フラメンゴ 42 (8)
2006-2007 ブラジルの旗 アメリカ-RJ 0 (0)
2007-2008 ブラジルの旗 ブラジリエンセ 46 (3)
2009 ブラジルの旗 ヴォルタ・レドンダ 0 (0)
2009 アメリカ合衆国の旗 マイアミFC 7 (0)
通算 260 (26)
代表歴
1997-1998 ブラジルの旗 ブラジル 25 (2)
監督歴
2012 ブラジルの旗 サンタエレナ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュニオール・バイアーノ (Júnior Baiano) こと、ライムンド・フェレイラ・ラモス・ジュニオールRaimundo Ferreira Ramos Júnior, 1970年3月14日 - )は、ブラジルバイーア州フェイラ・デ・サンタナ出身の元サッカー選手[2]。元ブラジル代表。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ジュニオール・バイアーノは1980年代末にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAに所属するCRフラメンゴでプロデビュー。その後はブラジル全土を行き来した他、ドイツや中国にも移籍した。ドイツではヴェルダー・ブレーメンと契約したものの、相手選手を殴り十試合の出場停止処分となり契約も解除された事で最も印象に残っている選手である[3]。ブラジルのカンピオナート・カリオカは1991年と2004年にCRフラメンゴで制覇している他、コパ・ド・ブラジルやカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAも同チームで制覇している。また、コパCONMEBOLレコパ・スダメリカーナサンパウロFC時代の1994年に制覇した他、SEパルメイラス時代の1999年にはコパ・リベルタドーレスを制覇している。

2005年の末には引退宣言したものの、翌年12月にはアメリカ-RJとプロ契約し選手に復帰した。その後、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエBブラジリエンセFCに移籍した。2009年にはヴォルタ・レドンダFCに一旦移籍した後にメジャーリーグサッカーマイアミFC英語版に移籍してキャリアを終えた。このチームの監督は嘗てブラジル代表で共に戦ったジーニョであった。

代表[編集]

ジュニオール・バイアーノはブラジル代表として1997年から1998年にかけて25試合に出場し、1998 FIFAワールドカップ1998 CONCACAFゴールドカップFIFAコンフェデレーションズカップ1997に出場し、コンフェデ杯では優勝を果たした。1998年のワールドカップではグループAノルウェー代表戦で、彼はトーレ・アンドレ・フローに競り負けてクラウディオ・タファレルの手に届く間際にボールがすり抜けて得点された挙句に2-1の敗戦を喫した[4]。しかし、ブラジルを決勝戦まで導くのに非常に大きな役割を果たした。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

CRフラメンゴ
サンパウロFC
SEパルメイラス
CRヴァスコ・ダ・ガマ
  • コパ・メルコスール : 2000
  • カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA : 2000

代表[編集]

ブラジル代表

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.national-football-teams.com/player/10132/Junior_Baiano.html
  2. ^ Júnior Baiano”. worldfootball.net. 2010年12月22日閲覧。
  3. ^ Martin, Andrew (1996年9月18日). “Samba beatings ruining game”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/sport/samba-beatings-ruining-game-1363899.html 2012年2月19日閲覧。 
  4. ^ Júnior Baiano”. FIFA. 2010年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]