タイソン・バルセロス・フレダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はバルセロス第二姓(父方の)はフレダです。
タイソン Football pictogram.svg
Taіson2017.jpg
シャフタールでのタイソン (2017年)
名前
本名 タイソン・バルセロス・フレダ
Taison Barcellos Freda
ラテン文字 TAISON
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1988-01-13) 1988年1月13日(32歳)
出身地 ペロタス
身長 172cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム ウクライナの旗 FCシャフタール・ドネツク
ポジション MF
背番号 7
利き足 右足
ユース
2007-2010 ブラジルの旗インテルナシオナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2010 ブラジルの旗 インテルナシオナル 69 (9)
2010-2013 ウクライナの旗 メタリスト・ハルキウ 57 (13)
2013- ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク 167 (35)
代表歴2
2016- ブラジルの旗 ブラジル 8 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年8月15日現在。
2. 2020年8月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

タイソン・バルセロス・フレダ(Taison Barcellos Freda、1988年1月13日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州ペロタス出身のサッカー選手ウクライナ・プレミアリーグFCシャフタール・ドネツク所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

2004年にSCインテルナシオナルのユースチームでキャリアをスタートさせると、すぐにユースで活躍し、クラブで最も有望な選手の一人となった。2009年のカンピオナート・ガウショでは15ゴールを挙げてニウマールらと一緒に活躍し、世界の新星の一人としての地位を確立した。クラブもSERカシアス・ド・スルに8-1で勝利し、優勝を果たした[1]カンピオナート・ブラジレイロでも2010年に優勝し、コパ・リベルタドーレスでもCDグアダラハラとの決勝に2戦とも先発出場し、優勝に貢献した[2]

SSCナポリVfLヴォルフスブルクなどが興味を示したが、2010年8月25日にウクライナのFCメタリスト・ハルキウに移籍した。移籍金は約600万ユーロ。ウクライナでは輝かしいスタートを切り、ウィリアンらを抑えて最高の新加入選手と評価された。2012年11月、UEFAヨーロッパリーグローゼンボリBK戦では、マルコ・ファン・バステンのようなボレーシュートでゴールを挙げた[3]

2013年1月1日、FCシャフタール・ドネツクに5年契約で移籍した[4]。移籍金は約1240万ポンド。2月13日、UEFAチャンピオンズリーグボルシア・ドルトムント戦で移籍後初出場を果たした。5月19日、FCメタルルフ・ザポリージャ戦では、92分に移籍後初得点となる同点ゴールを挙げてこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された[5][6]。2012-13シーズンのウクライナ・カップ決勝のFCチョルノモレツ・オデッサ戦でもゴールを挙げて優勝に貢献した[7]。7月10日、ウクライナ・スーパーカップも制した[8]。2017年5月25日、クラブと4年間の新契約を締結した[9]。2019年11月には、人種差別チャントを受けて、それに対してスタンドにボールを蹴り込み中指を立てたことで退場処分を受け[10][11][12]、1試合の出場停止処分を受けた[13][14]

代表[編集]

ウクライナ代表監督のミハイロ・フォメンコは、インタビューでタイソンがウクライナに帰化する可能性があると語っていた。タイソンも、ウクライナ代表の招集を受け入れる可能性を示唆していた[15]。しかし、2016年8月22日、ブラジル代表監督に就任したチッチ監督によりブラジル代表に招集された。9月6日のワールドカップ予選コロンビア戦で代表デビュー。2017年6月13日のオーストラリアとの親善試合で代表初得点を挙げた。

2018年5月、2018 FIFAワールドカップの代表メンバーに選出された[16]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2020年8月15日現在
クラブ 年度 リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 通算
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
インテルナシオナル 2008 セリエA 30 2 - - 9 0 - - 39 2
2009 28 4 12 7 4 0 19 15 63 26
2010 11 3 - - 11 0 14 4 36 7
クラブ通算 69 9 12 7 24 0 33 19 138 35
メタリスト・ハルキウ 2010-11 ウクライナ・プレミア 21 8 0 0 6 1 0 0 27 9
2011-12 23 2 0 0 13 5 0 0 36 7
2012-13 13 3 1 0 6 1 0 0 20 4
クラブ通算 57 13 1 0 25 7 0 0 83 20
シャフタール・ドネツク 2012-13 ウクライナ・プレミア 11 2 3 1 2 0 0 0 16 3
2013-14 19 1 4 1 8 1 1 1 32 4
2014-15 21 4 6 0 8 0 1 0 36 4
2015-16 18 6 6 1 17 1 1 0 42 8
2016-17 24 5 3 1 12 4 1 0 40 10
2017-18 24 4 3 2 8 1 1 0 36 7
2018-19 25 3 3 0 7 3 0 0 35 6
2019-20 25 10 1 0 10 1 1 0 37 11
クラブ通算 167 35 29 6 72 11 6 1 274 53
総通算 293 57 42 13 121 18 39 20 495 108

代表[編集]

2020年8月15日現在


ブラジル代表国際Aマッチ
出場得点
2016 2 0
2017 3 1
2018 3 0
通算 8 1

代表での得点[編集]

得点 年月日 場所 対戦相手 スコア 結果 大会
1 2017年6月13日 オーストラリアの旗メルボルン・クリケット・グラウンドメルボルン  オーストラリア 3–0 4-0 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SCインテルナシオナル
FCシャフタール・ドネツク

脚注[編集]

  1. ^ Summary – Gaucho 1 – Brazil – Results, fixtures, tables and news”. Uk.soccerway.com (2013年1月9日). 2013年10月21日閲覧。
  2. ^ Summary – Copa Libertadores – South America – Results, fixtures, tables and news – Soccerway”. Uk.soccerway.com (2013年1月9日). 2013年10月21日閲覧。
  3. ^ Why Chelsea are trying to sign this brilliant Brazilian striker who BETTERED Van Basten's volley”. talkSPORT. 2013年10月21日閲覧。
  4. ^ チェルシー注目のタイソンはシャフタールへ - Goal.com 2013年1月12日
  5. ^ Taison named Man of the Match”. 2014年8月29日閲覧。
  6. ^ Metalurh Zaporizhya vs Shakhtar Donetsk 3–3”. 2014年8月29日閲覧。
  7. ^ Cup is ours!”. 2014年8月29日閲覧。
  8. ^ Chornomorets vs Shakhtar: match report”. 2014年8月29日閲覧。
  9. ^ シャフタールがブラジル代表MFタイソンと新たに4年の契約延長”. 超ワールドサッカー (2017年5月26日). 2020年9月16日閲覧。
  10. ^ シャフタールFWタイソンが声明を発表…人種差別へ対抗し退場処分を受ける”. サッカーキング (2019年11月12日). 2020年9月16日閲覧。
  11. ^ Shakhtar Donetsk's Taison sent off after reacting to alleged racism” (2019年11月10日). 2020年9月16日閲覧。
  12. ^ Taison: Shakhtar's Brazil midfielder after sending-off following alleged racist abuse” (2019年11月11日). 2020年9月16日閲覧。
  13. ^ Shakhtar Donetsk's Taison given one-match ban after reacting to alleged racism” (2019年11月21日). 2020年9月16日閲覧。
  14. ^ 人種差別に反発して退場のタイソンに1試合の出場停止処分…選手協会は「失望」”. サッカーキング (2019年11月22日). 2020年9月16日閲覧。
  15. ^ Taison may soon be naturalized and play for Ukraine”. Interfax-Ukraine. 2020年9月16日閲覧。
  16. ^ World Cup: Neymar named in Brazil's 23-man squad”. bbc.co.uk (2018年5月14日). 2020年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]