フレデリコ・ロドリゲス・デ・パウラ・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・パウラ第二姓(父方の)はサントスです。(Template:ポルトガル語圏の姓名)
フレッジ Football pictogram.svg
Fred Brazil.jpg
ブラジル代表でのフレッジ(2018年)
名前
本名 フレデリコ・ロドリゲス・デ・パウラ・サントス
Frederico Rodrigues de Paula Santos
カタカナ フレッジ
ラテン文字 FRED
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1993-03-05) 1993年3月5日(28歳)
出身地 ベロオリゾンテ
身長 169cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
ポジション MF
背番号 17
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 ブラジルの旗 SCインテルナシオナル 55 (8)
2013-2018 ウクライナの旗 FCシャフタール・ドネツク 101 (10)
2018- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC 101 (3)
代表歴2
2013  ブラジル U-20 3 (0)
2014  ブラジル U-21 2 (0)
2015-2016  ブラジル U-23 5 (1)
2014- ブラジルの旗 ブラジル 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年7月13日現在。
2. 2018年10月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フレッジ (Fred) こと、フレデリコ・ロドリゲス・デ・パウラ・サントス(Frederico Rodrigues de Paula Santos, 1993年3月5日 - )は、ブラジルベロオリゾンテ出身のサッカー選手ブラジル代表プレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

2003年にアトレチコ・ミネイロのユースでキャリアをスタートさせ、2010年にSCインテルナシオナルユースに移籍した。2012年にトップチームに昇格した。

2013年6月26日、ウクライナのFCシャフタール・ドネツクと5年契約を結んだ。1500万ユーロ(約19億1000万円)前後と見られている[1]。デビュー戦となったウクライナ・スーパーカップFCチョルノモレツ・オデッサ戦では2ゴールを記録し、勝利に貢献した[2]

2018年6月5日、マンチェスター・ユナイテッドFCはフレッジの獲得に関し、FCシャフタール・ドネツクとクラブ間合意に至ったと発表した[3]。6月21日、クラブのメディカルチェックを終え、5年契約(1年の契約延長オプション付き)を結んだ[4]。この移籍の裏にはマンチェスター・シティFCからの関心もひいていたと、後にフレッジ本人が語った[5]プレミアリーグ第6節のウォルバーハンプトン戦で移籍後初ゴールを決めた。鳴り物入りで加入したシーズンだったが、リーグ戦はわずか17試合の出場で1得点1アシストに終わり、76億円の移籍金に見合わないプレーに批判も集めた[6]。シーズン終了後にはACFフィオレンティーナASローマが関心を示したが残留した[7]

2019‐20シーズンも序盤は出遅れるが、10月にポール・ポグバが負傷で離脱すると、プレミアリーグ第8節のニューカッスル戦からスタメンに定着。スールシャール監督からの信頼も勝ち取り、主にスコット・マクトミネイと中盤でコンビを組み、最終的にリーグ戦29試合に出場した。

代表歴[編集]

ブラジル代表として2013年、南米ユース選手権に選出されたが出場機会はなかった。

2015年6月に開催されたコパ・アメリカ2015にブラジル代表の一員として出場。8月1日、ブラジル・サッカー連盟からフレッジがコパ・アメリカの期間中の薬物検査で禁止薬物である利尿剤の一種ヒドロクロロチアジドの陽性反応を示していた事が発表された[8]

プレースタイル・評価[編集]

守備的ミッドフィールダー。体が小さいためフィジカルの勝負では負けることが多いが、その分豊富な運動量と高い危機察知能力で相手の攻撃の芽を摘む。そのプレースタイルからフランス代表エンゴロ・カンテと比較されることもある。左利きでブラジル人らしい細かいタッチも上手いため、自陣からのビルドアップの際には、相手のプレスをかわして相手陣内に入っていく役割も担うことがある。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SCインテルナシオナル
FCシャフタール・ドネツク

脚注[編集]

外部リンク[編集]