ドウグラス・コスタ・デ・ソウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はコスタ第二姓(父方の)はデ・ソウザです。
ドウグラス・コスタ Football pictogram.svg
Douglas Costa Brazil.jpg
ブラジル代表でのコスタ (2018年)
名前
本名 ドウグラス・コスタ・デ・ソウザ
Douglas Costa de Souza
ラテン文字 Douglas COSTA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1990-09-14) 1990年9月14日(29歳)
出身地 サプカイア・ド・スル
身長 172cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション FW (LWG/RWG) / MF (AMF)
背番号 11
利き足 左足
ユース
2001-2002 ブラジルの旗 ノヴォ・アンブルゴ
2002-2008 ブラジルの旗 グレミオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 ブラジルの旗 グレミオ 29 (2)
2010-2015 ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク 141 (29)
2015-2018 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 50 (8)
2017-2018 イタリアの旗 ユヴェントス (loan) 31 (4)
2018- イタリアの旗 ユヴェントス 17 (1)
代表歴2
2009 ブラジルの旗 ブラジル U-20 12 (4)
2014- ブラジルの旗 ブラジル 23 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月19日現在。
2. 2018年3月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドウグラス・コスタ(Douglas Costa)ことドウグラス・コスタ・デ・ソウザ(Douglas Costa de Souza、1990年9月14日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州サプカイア・ド・スル出身のサッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。ブラジル代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー(MF)

「ドウグラス」は「ドゥグラス」「ドグラス」「ダグラス」と表記されることもある。

クラブ経歴[編集]

グレミオ[編集]

11歳でグレミオ入り[1]、2002年から2008年までグレミオのユース(下部組織)に在籍していた。2008年にグレミオのトップチームへ昇格し、同年のボタフォゴFR戦でデビューした。また同年のコパ・サンティアゴ・デ・フトボル・フニベル(U-17のトーナメント)で優勝した。同年のタッサ・ベロ・オリゾン・デ・ジュニオーレス(U-20のトーナメント)では決勝でクルゼイロを破って初優勝した。同年のブラジルU-20全国選手権では決勝でスポルチ・レシフェを破って優勝した。同年のブラジル全国選手権では準優勝した。グレミオとは2013年までの契約をしていた。

シャフタール・ドネツク[編集]

2009-10シーズン[編集]

2010年1月10日、ウクライナのFCシャフタール・ドネツクと5年契約を結んだ[2]。移籍金額は600万ユーロ。2月18日、UEFAヨーロッパリーグフラムFC戦の1stlegでデビューした[3]。2月25日、フラム戦の2ndlegでホームでのデビューを果たした。この試合では、53分にウィリアンとの交代で途中出場し、ジャジソンのゴールをアシストした[4]。チームは2戦合計2-3で敗れた。3月14日、FCメタリスト・ハルキウ戦で移籍後初ゴールを挙げた[5]。3月28日、FCアルセナル・キエフ戦ではロスタイムにゴールを挙げ[6]、4月25日のFCチョルノモレツ・オデッサ戦でもゴールを挙げた[7]。5月1日、FCメタルルフ・ザポリージャ戦でもロスタイムに得点し[8]、5月9日のSCタフリヤ・シンフェロポリ戦ではチーム3点目のゴールを挙げて3-2での勝利に貢献した[9]

シャフタールでの最初のシーズンは、リーグ戦13試合5得点を記録し、公式戦15試合に出場した。シャフタールはウクライナ・プレミアリーグを制した[10]

2010-11シーズン[編集]

2011年のコスタ

ウクライナ・スーパーカップのSCタフリヤ・シンフェロポリ戦でシーズン初出場を果たした[11]。2010年7月30日、アルセナル・キエフ戦では2得点を記録し、勝利に貢献した[12]FCセヴァストポリ戦でシーズン4点目のゴールを挙げた[13]。9月28日、UEFAチャンピオンズリーグSCブラガ戦では、ルイス・アドリアーノのゴールを2つアシストし、自身もPKでゴールを決めた[14]。11月28日、アルセナル・キエフ戦でPKでゴールを挙げた[15]。2011年2月16日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16のASローマ戦で、チーム2点目のゴールを決めると、ルイス・アドリアーノのゴールをアシストし、3-2での勝利に貢献した[16]。シャフタールは2戦合計6-2で準々決勝に進出した。4月1日、FCイリチヴェツ・マリウポリ戦でロスタイムにゴールを挙げた[17]。5月25日、ウクライナ・カップ決勝のディナモ・キエフ戦では後半ロスタイムから途中出場した[18]

シャフタールはこのシーズン、リーグ戦とカップ戦とスーパーカップの三冠を達成した[19]。公式戦39試合に出場し、7ゴールを挙げた[11][20]。リーグ戦では27試合で5得点を記録した[20]

2011-12シーズン[編集]

ウクライナ・スーパーカップのディナモ・キエフ戦に先発フル出場し、2011-12シーズンをスタートした[21]。2011年9月9日、FCヴォリン・ルーツィク戦でシーズン最初のゴールを挙げた[22]。10月2日、FCゾリャ・ルハーンシク戦で同点ゴールを挙げた[23]。11月6日、FCオボロン・キエフ戦では先制ゴールを挙げ、勝利に貢献した[24]。11月27日のFCカルパティ・リヴィウ戦でPKから得点を記録した[25]。12月2日、アルセナル・キエフ戦ではゴールを挙げ、チームは5-0で勝利した[26]。12月11日、FCクリフバス・クリヴィー・リフ戦で先制ゴールを挙げ、チームの4-0での勝利に貢献した[27]。2012年4月27日、ウクライナ・カップ準決勝のヴォリン・ルーツィク戦で試合終了間際の90分にゴールを挙げ、勝利に貢献した[28]。5月6日、ウクライナ・カップ決勝のFCメタルルフ・ドネツィク戦では62分にヘンリク・ムヒタリアンとの交代で途中出場し、延長戦での勝利に貢献した[29]

シャフタールはリーグ戦とカップ戦を制し、コスタにとって3度目のリーグ制覇を果たした[30]。公式戦34試合6得点を記録した[20][21]。リーグ戦では27試合で6ゴールを挙げた[20]

2012-13シーズン[編集]

2013年のコスタ

ウクライナ・スーパーカップのFCメタルルフ・ドネツィク戦に出場し、2度目のスーパーカップ制覇を果たした[31]。2012年11月3日、FCメタルルフ・ザポリージャ戦では、前半20分にPKでゴールを挙げ、このシーズン初得点を記録した[32]。11月24日、FCメタルルフ・ドネツィク戦でキャプテンのダリヨ・スルナとの交代で途中出場し、交代から7分後にゴールを挙げて5-1での勝利に貢献した[33]

UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグには3試合に出場し、前シーズンのCL王者チェルシーを抑え、ユヴェントスに次ぐ2位で決勝トーナメントに進出した。2013年2月13日、決勝トーナメント・ラウンド16のドルトムント戦1stlegでは、2-2の同点となるゴールを決めた[34]

2013-14シーズン[編集]

スーパーカップで2013-14シーズンをスタートした[35]。シーズン途中には、ユナイテッド・トーナメント英語版で得点王となり、シャフタールの優勝に貢献した[36]。リーグトップの9アシストを記録するなど[37]、シャフタールの四連覇に貢献した。

2014-15シーズン[編集]

2014年10月17日、FCヴォリン・ルーツィク戦でこのシーズン最初のゴールを挙げた[38]。このシーズンは、公式戦33試合で5得点を記録した。

バイエルン・ミュンヘン[編集]

バイエルンでプレーするコスタ(2016年)

2015-16シーズン[編集]

2015年7月1日、バイエルン・ミュンヘンに移籍金3000万ユーロで移籍した[39][40]。契約期間は2020年6月30日までの5年契約となっている[41][42]。移籍金3000万ユーロは、当時バイエルン史上4番目の高い金額だった[41]。背番号はジェルダン・シャチリが着用していた11番に決定した。8月1日、DFLスーパーカップVfLヴォルフスブルク戦に先発出場しデビューすると、PK戦でゴールを成功するなどしたが、チームは敗れた[43]。8月15日、開幕戦のハンブルガーSV戦に左ウイングとして先発し、移籍後初得点を決めるなど存在感を見せた[44]。2016年5月21日、DFBポカール決勝のボルシア・ドルトムント戦では、PK戦で最終キッカーとして優勝を決めるPKを成功させ、バイエルンはリーグとカップの2冠を達成した[45]

コスタはこのシーズン、公式戦43試合で7得点を記録し、良いシーズンを送った[43][46]。リーグ戦の初めの13試合で12個のアシストを記録するなど順調なスタートを切ったが、筋肉の負傷によってウィンターブレイク前の4試合を欠場した。ウィンターブレイク明け以降は、シーズン序盤のフォームを取り戻すことができなかった[47]。リーグ戦27試合で4ゴール14アシストを記録した。アリエン・ロッベンフランク・リベリの穴を埋めるウインガーとして、ブンデスリーガの優勝に貢献した[46]

2016-17シーズン[編集]

2016-17シーズンよりバイエルンの監督にカルロ・アンチェロッティが就任。ジョゼップ・グアルディオラの下では出場機会を多く得ていたが、アンチェロッティは左ウイングにリベリを起用した。コスタはこのシーズン中、ハムストリングと膝を負傷した。公式戦34試合に出場し、7ゴールを挙げた。前シーズンと同じゴール数だったが、出場時間は1400分少なかった[48]。アンチェロッティの下で出場機会が少ない事に対して、公に不満を表した。コスタは「クラブとよく話す。」と言い、また、「私はここにいるのか、別のチームを探す必要があるのか、私の状況を話します。私はここでいつも幸せではない。しかし、すぐに状況は分かるだろう。」と話した。クラブの会長であるウリ・ヘーネスは、プレミアリーグリーガ・エスパニョーラリーグ・アン中国スーパーリーグなどから関心を持たれているコスタが、将来どこにいるのかが不確かであると公然と表明して、よりよい契約を得ようとしている事を非難した[49]

ユヴェントス[編集]

2017-18シーズン[編集]

2017年7月12日、ユヴェントスFCに買取オプション付きのレンタルで移籍した[50]。レンタル料は600万ユーロで、2018年6月30日まで有効な買取オプションは4000万ユーロ(パフォーマンスに応じたボーナスが100万ユーロ)を2年間で支払う事で行使できる[51][52][53]。2017年8月13日、スーペルコッパ・イタリアーナSSラツィオ戦でデビューした[54]。10月14日、ラツィオ戦でユヴェントスでの初得点を記録した[55]。2018年4月のサンプドリア戦では途中出場から3アシストする活躍をみせた[56]。セリエAで最多となる106回のドリブルを成功させ、リーグ2位の14アシストを記録した[57]

2018-19シーズン[編集]

2018年6月7日、ユヴェントスFCは完全移籍のオプションを行使し、2022年までの契約を結んだ[58]。9月16日、サッスオーロ戦で試合終盤にフェデリコ・ディ・フランチェスコにタックルを行いファアルの判定を受けると、起き上がるディ・フランチェスコに肘打ちをするように払いのけた上に頭突きを食らわせようとした[59]。この一連の行動に対して、イエローカードが提示された。さらにその後、ディ・フランチェスコと口論になると、コスタは唾を吐きかけた。主審はこの行動を見逃したが、VARによって確認されると、コスタはレッドカードを受けて退場処分となった[59]。試合後、自身のSNSで一連の行動を謝罪した[60]。ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はコスタの行動を非難し、クラブはコスタに罰金処分を科した[61]レガ・カルチョはコスタに対して4試合の出場停止処分を下した[62]

代表経歴[編集]

2009年にブラジルU-20代表として南米ユース選手権に出場し、ワウテルに次ぐチーム2位の3得点を挙げ、優勝に貢献した。2009 FIFA U-20ワールドカップでは2試合に出場し1ゴールを挙げチームの準優勝に貢献した。

2014年11月12日のトルコとの親善試合でA代表デビュー[63]コパ・アメリカ2015のメンバーにも選出され、ブラジルの初戦である6月13日のペルー戦で、後半アディショナルタイムに代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。

2016年、コパ・アメリカ・センテナリオのブラジル代表メンバーに招集されていたが、左足の太腿を損傷していることが発覚し、欠場することになった[64]

2016年6月29日にU-23ブラジル代表としてリオデジャネイロオリンピックのメンバーにオーバーエイジ枠として選出された[65]。しかし、左太ももの怪我が癒えていないため欠場することになった[66]。2016年はコパ・アメリカ・センテナリオリオデジャネイロオリンピックの2つの大会を怪我によって欠場することになった。

個人成績[編集]

2018-19シーズン終了時点
所属クラブ シーズン リーグ 国内大会 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
グレミオ 2008 6 1 0 0 6 1
2009 22 1 0 0 2 0 24 1
通算 28 2 0 0 2 0 30 2
シャフタール・ドネツク 2009–10 13 5 0 0 2 0 15 5
2010–11 27 5 5 0 10 2 42 7
2011–12 27 6 6 1 5 0 38 7
2012–13 27 5 4 1 5 1 36 7
2013–14 27 4 4 1 8 2 39 7
2014–15 20 4 5 0 8 1 33 5
通算 141 29 25 3 38 6 204 38
バイエルン 2015–16 27 4 5 1 11 2 43 7
2016-17 23 4 2 1 9 2 34 5
通算 50 8 7 2 20 4 77 14
ユヴェントス (loan) 2017–18 31 4 5 2 10 0 46 6
ユヴェントス 2018-19 17 1 3 0 5 0 25 1
通算 48 5 8 2 15 0 71 7
キャリア通算 267 44 40 7 75 10 382 61

タイトル[編集]

クラブ[編集]

グレミオ
  • ブラジルU-20全国選手権 : 2008
  • コパ・サンティアゴ・デ・フトボル・フニベル:1回 (2008)
  • タッサ・ベロ・オリゾン・デ・ジュニオーレス:1回 (2008)
シャフタール・ドネツク
バイエルン・ミュンヘン
ユヴェントス

代表[編集]

U-20ブラジル代表

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ South American Under-20 Profile: Douglas Costa (Brazil)”. Goal.com. 2014年7月23日閲覧。
  2. ^ Douglas increases the height”. 2012年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月18日閲覧。
  3. ^ Fulham vs Shakhtar 2–1”. 2012年9月18日閲覧。
  4. ^ Shakhtar vs Fulham 1–1”. 2012年9月18日閲覧。
  5. ^ Shakhtar vs Metalist 2–1”. 2012年9月18日閲覧。
  6. ^ Shakhtar vs Arsenal Kyiv 3–1”. 2012年9月18日閲覧。
  7. ^ Shakhtar vs Chornomorets 3–0”. 2012年9月18日閲覧。
  8. ^ Metalurh Zaporizhya vs Shakhtar 0–2”. 2012年9月18日閲覧。
  9. ^ Tavriya vs Shakhtar 2–3”. 2012年9月18日閲覧。
  10. ^ Ukraine 2009/10”. 2012年9月18日閲覧。
  11. ^ a b Ukrainian Cup” (Ukrainian). fpl.ua. 2015年7月23日閲覧。
  12. ^ Arsenal Kyiv vs Shakhtar 1–3”. 2012年9月18日閲覧。
  13. ^ Shakhtar vs Sevastopol 5–0”. 2012年9月18日閲覧。
  14. ^ Braga vs Shakhtar 0–3”. 2012年9月18日閲覧。
  15. ^ Shakhtar vs Arsenal Kyiv 4–0”. 2012年9月18日閲覧。
  16. ^ Roma vs Shakhtar 2–3”. 2012年9月18日閲覧。
  17. ^ Illichivets vs Shakhtar 1–3”. 2012年9月18日閲覧。
  18. ^ Dynamo Kyiv vs Shakhtar 0–2”. 2012年9月18日閲覧。
  19. ^ Ukraine 2010/11”. 2012年9月13日閲覧。
  20. ^ a b c d Douglas Costa » Club matches”. World Football. 2015年7月23日閲覧。
  21. ^ a b Ukrainian Cup” (Ukrainian). fpl.ua. 2015年7月23日閲覧。
  22. ^ Shakhtar vs Volyn 5–1”. 2012年9月18日閲覧。
  23. ^ Shakhtar vs Zorya 4–1”. 2012年9月18日閲覧。
  24. ^ Obolon vs Shakhtar 0–2”. 2012年9月18日閲覧。
  25. ^ Karpaty vs Shakhtar 0–5”. 2012年9月18日閲覧。
  26. ^ Shakhtar vs Arsenal Kyiv 5–0”. 2012年9月18日閲覧。
  27. ^ Kryvbas vs Shakhtar 0–4”. Soccerway. 2018年6月24日閲覧。
  28. ^ Volyn vs Shakhtar 3–4”. Soccerway. 2018年6月24日閲覧。
  29. ^ Metalurh Donetsk vs Shakhtar Donetsk 1–2”. Soccerway. 2018年6月24日閲覧。
  30. ^ Ukraine 2011/12”. 2012年9月13日閲覧。
  31. ^ Ukrainian Super Cup” (Ukrainian). fpl.ua. 2015年7月23日閲覧。
  32. ^ SHAKHTAR DONETSK VS. METALURH ZAPORIZHYA 2 – 0”. Soccerway (2012年11月3日). 2013年2月14日閲覧。
  33. ^ SHAKHTAR DONETSK VS. HOVERLA 5 – 1”. Soccerway (2012年11月24日). 2013年2月14日閲覧。
  34. ^ Hummels header earns Dortmund draw in Donetsk”. UEFA (2013年2月13日). 2019年7月15日閲覧。
  35. ^ Semyon, Igor (2013年7月10日). “Суперкубок Украины. "Черноморец" – "Шахтер" 1:3. Новое лицо Чемпиона” (Ukrainian). UA-Football. http://www.ua-football.com/ukrainian/supercup/1373485683-superkubok-ukrainy-chernomorec-shahter-1-3-novoe-lico-chempiona.html 2015年7月23日閲覧。 
  36. ^ Футбол. Прочие турниры 2014 – Статистика игроков. Бомбардиры – Чемпионат”. Championat.com. 2014年7月23日閲覧。
  37. ^ Лучшие ассистенты Чемпионат Украины 2013–2014 – UA-ФутболUA-Футбол”. Ua-football.com (2014年5月18日). 2014年7月23日閲覧。
  38. ^ Shakhtar Donetsk vs. Volyn - 17 October 2014 - Soccerway”. Soccerway. 2019年7月15日閲覧。
  39. ^ “Douglas Costa joins Bayern Munich from Shakhtar Donetsk”. BBC Sport. (2015年7月1日). https://www.bbc.com/sport/0/football/33346307 2015年7月1日閲覧。 
  40. ^ バイエルン、ブラジル代表MFダグラス・コスタを獲得…移籍金は41億円soccerking 2015年7月1日
  41. ^ a b “FC Bayern holt Costa für 30 Millionen Euro” (German). Süddeutsche Zeitung. (2015年7月1日). http://www.sueddeutsche.de/sport/bundesliga-fc-bayern-holt-costa-fuer-millionen-euro-1.2546108 2015年7月1日閲覧。 
  42. ^ “Douglas Costa moves to Bayern” (プレスリリース), Shakhtar Donetsk, (2015年7月1日), http://shakhtar.com/en/news/35781 2017年7月16日閲覧。 
  43. ^ a b Schaerlaeckens, Leander (2015年8月1日). “Nicklas Bendtner emerges as Wolfsburg's unlikely hero in DFL-Supercup”. Yahoo. https://sports.yahoo.com/blogs/soccer-fc-yahoo/nicklas-bendtner-wolfsburg-bayern-dfl-supercup-225044544.html 2015年8月2日閲覧。 
  44. ^ “Bayern Munich 5-0 Hamburg: Bavarians begin Bundesliga campaign in ominous fashion”. Goal.com. (2015年8月14日). http://www.goal.com/en-gb/match/bayern-m%C3%BCnchen-vs-hamburger-sv/2054191?ICID=HP_HN_HP_RI_1_1 2015年8月14日閲覧。 
  45. ^ “Bayern Munich 0–0 Dortmund”. BBC. (2016年5月21日). https://www.bbc.com/sport/football/36211832 2016年5月22日閲覧。 
  46. ^ a b Douglas Costa” (German). kicker.de. kicker. 2016年5月21日閲覧。
  47. ^ Douglas Costa – It is Time to Assume Ribéry’s Mantle”. fussballstadt.com (2017年1月21日). 2018年5月19日閲覧。
  48. ^ The curious case of Douglas Costa”. bavarianfootballworks.com (2017年6月12日). 2018年5月19日閲覧。
  49. ^ Douglas Costa reiterates his unhappiness at Bayern Munich and hints at summer transfer to risk wrath of club”. independent.co.uk (2017年3月10日). 2018年5月19日閲覧。
  50. ^ ユーヴェ、バイエルンのD・コスタ獲得を発表…買い取り付きのレンタル移籍サッカーキング(2017年7月13日)
  51. ^ Douglas Costa moves to Juventus”. FC Bayern Munich (2017年7月12日). 2017年7月12日閲覧。
  52. ^ “Douglas Costa signs for Juventus!” (プレスリリース), Juvenutus, (2017年7月12日), http://www.juventus.com/en/news/news/2017/douglas-costa-signs-for-juventus.php 2017年7月13日閲覧。 
  53. ^ “Douglas Costa: Brazil winger joins Juventus from Bayern Munich on loan”. BBC Sport (The British Broadcasting Corporation). (2017年7月12日). https://www.bbc.com/sport/football/40577465 2017年7月16日閲覧。 
  54. ^ SC: Lazio win dramatic Super Cup”. Football Italia (2017年8月13日). 2017年8月13日閲覧。
  55. ^ Dramatic Lazio end Juve record”. Football Italia (2017年10月14日). 2019年7月16日閲覧。
  56. ^ 途中出場のドグラス・コスタが3アシストを記録しユーベ快勝! ナポリと6ポイント差に超サッカー(2018年4月16日)
  57. ^ “Juventus make Douglas Costa deal permanent” (プレスリリース), Juventus F.C., (2018年6月7日), http://www.juventus.com/en/news/news/2018/juventus-make-douglas-costa-deal-permanent.php 2018年6月7日閲覧。 
  58. ^ Riscattato il cartellino di Douglas CostaJuventus.com(2018年6月8日)
  59. ^ a b ユーベのブラジル代表FWが大暴れ。ひじ打ち、頭突き、最後はつば吐きで退場”. フットボールチャンネル (2018年9月17日). 2019年7月16日閲覧。
  60. ^ @douglascostaInstagram(2018年9月17日)2019年7月16日閲覧。
  61. ^ アッレグリ、ドグラス・コスタの愚行に激怒「絶対に犯してはならないこと」”. 超ワールドサッカー (2018年9月17日). 2019年7月16日閲覧。
  62. ^ 愚行退場のドグラス・コスタに4試合の出場停止処分”. 超ワールドサッカー (2018年9月19日). 2019年7月16日閲覧。
  63. ^ “Douglas Costa, in from the cold”. Goal.com. (2015年6月5日). http://www.goal.com/brasilglobaltour/en/news/5457/brasil-global-tour/2015/06/05/12296012/douglas-costa-in-from-the-cold 
  64. ^ “ブラジル代表がカカを追加招集、ドウグラス・コスタの負傷で”. Qoly Football web magazine. http://qoly.jp/2016/05/27/copa-america-centenario-brazil-20160526 2016年5月27日閲覧。 
  65. ^ “ネイマール、OA枠でリオ五輪出場決定…U23ブラジル代表メンバー発表”. サッカーキング SOCCERKING. http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160630/462672.html 2016年6月30日閲覧。 
  66. ^ “ブラジルに衝撃…ドウグラス・コスタのリオ五輪参加が消滅”. Qoly Football web magazine. http://qoly.jp/2016/07/12/douglas-costa-20160712 2016年7月12日閲覧。 

外部リンク[編集]