DFBポカール2015-2016

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2015-2016 DFBポカール
開催国 ドイツの旗 ドイツ
開催期間 2015年8月7日-2016年5月21日
参加チーム数 64
優勝 バイエルン・ミュンヘン (18回目)
準優勝 ボルシア・ドルトムント
得点王 アルメニアの旗 ヘンリク・ムヒタリアン
(5得点)
テンプレートを表示

DFBポカール2015-2016(2015–16 DFB-Pokal)は、2015年8月7日から2016年5月21日の期間に開催された、通算64回目(前身も含めれば73回目)DFBポカールである。バイエルン・ミュンヘンが2大会ぶり18回目の優勝を果たした。

参加クラブ[編集]

以下の64クラブが参加する[1]

ブンデスリーガ (18クラブ)
ブンデスリーガ2014-15所属全クラブが出場
2. ブンデスリーガ (18クラブ)
2. ブンデスリーガ2014-15所属全クラブが出場
3. リーガ (4クラブ)
3. リーガ2014-15における上位4チームが出場
各地域代表 (24クラブ)
各地域のサッカー協会カップの優勝クラブが出場
  • バーデン
FCネッティンゲン (Ⅴ)
SpVggウンターハヒンク (Ⅳ)
ヴュルツブルガー・キッカーズ (Ⅲ)
  • ベルリン
BFCディナモ (Ⅴ)
  • ブランデンブルク
エネルギー・コットブス (Ⅲ)
  • ブレーメン
ブレーマーSV (Ⅴ)
  • ハンブルク
HSVバルムベック=ウーレンホルスト (Ⅴ)
  • ヘッセン
KSVヘッセン・カッセル (Ⅳ)
  • メクレンブルク=フォアポンメルン
ハンザ・ロストック (Ⅲ)
  • ミッテルライン
FCヴィクトリア・ケルン (Ⅳ)
  • ニーダーライン
ロートヴァイス・エッセン (Ⅳ)
VfLオスナブリュック (Ⅲ)
SVメッペン (Ⅳ)
  • ラインラント
FSVザルムロール (Ⅴ)
  • ザールラント
SVエルフェアスベルク (Ⅳ)
  • ザクセン
ケムニッツFC (Ⅲ)
  • ザクセン=アンハルト
ハレシャーFC (Ⅲ)
  • シュレースヴィヒ=ホルシュタイン
VfBリューベック (Ⅳ)
  • ズュートバーデン
バーリンガーSC (Ⅳ)
  • ズュートヴェスト
FKピルマゼンス (Ⅳ)
  • テューリンゲン
FCカールツァイス・イェーナ (Ⅳ)
シュポルトフロインデ・ロッテ (Ⅳ)
TuSエルンテブリュック (Ⅳ)
  • ヴュルテンベルク
SSVロイトリンゲン (Ⅴ)
括弧内のローマ数字は2015-16シーズンの所属ディビジョン(Ⅲ:3. リーガ 、Ⅳ:レギオナルリーガ、Ⅴ:オーバーリーガ

日程[編集]

試合 組み合わせ抽選会 開催日[2]
1回戦 2015年6月10日[3] 2015年8月7日-8月10日
2回戦 2015年8月14日[4] 2015年10月27日-10月28日
3回戦 2015年11月1日[5] 2015年12月15日-12月16日
準々決勝 2015年12月16日[6] 2016年2月9日-2月10日
準決勝 2016年2月10日[7] 2016年4月19日-4月20日
決勝 2016年5月21日

1回戦[編集]

組み合わせ抽選会は、2015年6月10日に行われた[3][8]。チーム名横の括弧内の数字は2015-16シーズンの所属ディビジョンを表す(2回戦以降も同様)。試合時間はいずれも現地時間(1回戦、準決勝、決勝はCESTUTC+2)。それ以外はCETUTC+1))。

2回戦[編集]

組み合わせ抽選会は、2015年8月14日に行われた[4][12]

3回戦[編集]

組み合わせ抽選会は、2015年11月1日に行われた[5][13]

準々決勝[編集]

組み合わせ抽選会は、2015年12月16日に行われた[6][14]



2016年2月10日
19:00
1.FCハイデンハイム (2) 2 - 3 ヘルタ・ベルリン (1)
ファイク 10分にゴール 10分
シュナッテラー 82分にゴール 82分 (pen.)
レポート イビシェヴィッチ 14分にゴール 14分21分
原口元気 58分にゴール 58分
フォイト・アレーナ, ハイデンハイム
観客数: 11,900人
主審: デニス・アイテキン

2016年2月10日
20:30
VfLボーフム (2) 0 - 3 バイエルン・ミュンヘン (1)
レポート レヴァンドフスキ 39分にゴール 39分90分
ティアゴ 61分にゴール 61分
レヴィルパワーシュタディオン, ボーフム
観客数: 28,000人
主審: バスティアン・ダンケルト

準決勝[編集]

準決勝の組み合わせ抽選会は、2016年2月10日に行われた[7][15]

2016年4月19日
20:30
バイエルン・ミュンヘン (1) 2 - 0 ヴェルダー・ブレーメン (1)
ミュラー 30分にゴール 30分71分 (pen.) レポート
アリアンツ・アレーナ, ミュンヘン
観客数: 75,000人
主審: トビアス・シュティーラー

決勝[編集]

GK 01 ドイツの旗 マヌエル・ノイアー
RB 21 ドイツの旗 フィリップ・ラーム キャプテン
CB 32 ドイツの旗 ヨシュア・キミッヒ 42分に警告 42分
CM 17 ドイツの旗 ジェローム・ボアテング
LB 27 オーストリアの旗 ダヴィド・アラバ
MF 23 チリの旗 アルトゥーロ・ビダル 47分に警告 47分
DM 11 ブラジルの旗 ダグラス・コスタ
CM 25 ドイツの旗 トーマス・ミュラー 109分に警告 109分
CM 06 スペインの旗 ティアゴ
LM 07 フランスの旗 フランク・リベリー 39分に警告 39分 108分に交代退場 108分
FW 09 ポーランドの旗 ロベルト・レヴァンドフスキ
控え:
GK 26 ドイツの旗 スヴェン・ウルライヒ
DF 05 モロッコの旗 メディ・ベナティア
DF 13 ブラジルの旗 ラフィーニャ
DF 18 スペインの旗 フアン・ベルナト
MF 14 スペインの旗 シャビ・アロンソ
MF 20 ドイツの旗 セバスティアン・ローデ
FW 29 フランスの旗 キングスレイ・コマン 108分に交代出場 108分
   
監督
スペインの旗 ジョゼップ・グアルディオラ
Bayern Munich vs Borussia Dortmund 2016-05-21.svg
GK 38 スイスの旗 ロマン・ビュルキ
RB 25 ギリシャの旗 ソクラティス・パパスタソプーロス 99分に警告 99分
CB 06 ドイツの旗 スヴェン・ベンダー
CB 15 ドイツの旗 マッツ・フンメルス キャプテン 74分に警告 74分 78分に交代退場 78分
LM 26 ポーランドの旗 ウカシュ・ピシュチェク
CM 27 ドイツの旗 ゴンサロ・カストロ 39分に警告 39分 106分に交代退場 106分
CM 33 ドイツの旗 ユリアン・ヴァイグル
LM 29 ドイツの旗 マルセル・シュメルツァー 70分に交代退場 70分
RW 10 アルメニアの旗 ヘンリク・ムヒタリアン
CF 17 ガボンの旗 ピエール=エメリク・オーバメヤン
LW 11 ドイツの旗 マルコ・ロイス
控え:
GK 01 ドイツの旗 ローマン・ヴァイデンフェラー
DF 28 ドイツの旗 マティアス・ギンター 78分に交代出場 78分
DF 37 ドイツの旗 エリック・ドゥルム 70分に交代出場 70分
MF 18 トルコの旗 ヌリ・シャヒン
MF 22 アメリカ合衆国の旗 クリスチャン・プリシッチ
MF 23 日本の旗 香川真司 106分に交代出場 106分
FW 20 コロンビアの旗 アドリアン・ラモス
   
監督
ドイツの旗 トーマス・トゥヘル
DFBポカール
2015-2016 優勝
バイエルン・ミュンヘン
2大会ぶり18回目

得点ランキング[編集]

最終結果[16]

順位 選手 所属 得点
1 アルメニアの旗 ヘンリク・ムヒタリアン ボルシア・ドルトムント 5
T2 メキシコの旗 ハビエル・エルナンデス バイエル・レバークーゼン 4
ドイツの旗 トーマス・ミュラー バイエルン・ミュンヘン
ドイツの旗 ニルス・ペーターゼン SCフライブルク
ドイツの旗 ラース・シュティンドル ボルシア・メンヒェングラートバッハ
T6 ガボンの旗 ピエール=エメリク・オーバメヤン ボルシア・ドルトムント 3
ドイツの旗 ゴンサロ・カストロ ボルシア・ドルトムント
ドイツの旗 マルクス・アインジードラー SpVggウンターハヒンク
コートジボワールの旗 サロモン・カルー ヘルタ・ベルリン
ドイツの旗 シュテファン・キースリング バイエル・レバークーゼン
ポーランドの旗 ロベルト・レヴァンドフスキ バイエルン・ミュンヘン
フランスの旗 アントニー・モデスト 1.FCケルン
イタリアの旗 ジュゼッペ・リッカルディ SSVロイトリンゲン
ドイツの旗 シモン・テローデ VfLボーフム
ナイジェリアの旗 アンソニー・ウジャー ヴェルダー・ブレーメン

注釈[編集]

  1. ^ a b c バイエルン、ニーダーザクセン、ヴェストファーレンの3地域は、2クラブに出場権が与えられる(カップ戦優勝クラブの他に、バイエルンではレギオナルリーガ・バイエルン2014-15の最上位のアマチュアクラブ、ニーダーザクセンではカップ戦準優勝クラブ、ヴェストファーレンではオーバーリーガ・ヴェストファーレン2014-15の最上位のアマチュアクラブに出場権が与えられる)。
  2. ^ この試合は、エルンテブリュックにあるTuSエルンテブリュックのホームスタジアムのプルファーヴァルトシュタディオンではなく、ジーゲンにあるライムバッハシュタディオンで行われた。
  3. ^ この試合は、ブレーメンで行われたが、ブレーマーSVのホームスタジアムのシュタディオン・アム・パンツェンベルクではなく、シュポルトパルク・アム・フィンネンヴェクで行われた。
  4. ^ この試合は、レンヒンゲンにあるFCネッティンゲンのホームスタジアムのパノラマシュタディオンではなく、カールスルーエにあるヴィルトパルクシュタディオンで行われた。
  5. ^ この試合は、71分過ぎに観客の投げたライターが主審に直撃したため、その後試合が中止となった(中止になった時点でVfLオスナブリュックが1-0でリードしていた)[9][10]。その後DFBスポーツ裁判所は、0-2でライプツィヒの勝利とする裁定を下した[11]

出典[編集]

  1. ^ DFB CUP: 63 OF THE 64 TEAMS NOW KNOWN” (ドイツ語). DFB (2015年5月31日). 2016年1月19日閲覧。
  2. ^ RAHMENTERMINKALENDER 2015/2016 (PDF)” (ドイツ語). Bundesliga.de (2014年11月28日). 2016年1月21日閲覧。
  3. ^ a b NACH USA-LÄNDERSPIEL: POKAL-AUSLOSUNG LIVE IN DER ARD” (ドイツ語). DFB (2015年5月22日). 2016年1月21日閲覧。
  4. ^ a b FELIX NEUREUTHER LOST ZWEITE POKALRUNDE AUS” (ドイツ語). DFB (2015年8月7日). 2016年1月21日閲覧。
  5. ^ a b VANESSA MAI LOST DFB-POKALACHTELFINALE AUS” (ドイツ語). DFB (2015年10月21日). 2016年1月21日閲覧。
  6. ^ a b LICHTLEIN LOST DFB-POKALVIERTELFINALE AUS” (ドイツ語). DFB (2015年12月11日). 2016年1月21日閲覧。
  7. ^ a b EUROPAMEISTER WOLFF LOST POKALHALBFINALE AUS” (ドイツ語). DFB (2016年2月10日). 2016年2月11日閲覧。
  8. ^ WOLFSBURG ZU DEN STUTTGARTER KICKERS, DER FC BAYERN NACH NÖTTINGEN” (ドイツ語). DFB (2015年6月10日). 2016年1月21日閲覧。
  9. ^ Investigation underway into suspended match in Osnabrück” (ドイツ語). DFB (2015年8月11日). 2016年1月23日閲覧。
  10. ^ ドイツカップ戦で観客の投げたライターが主審を直撃…試合は中止に”. サッカーキング (2015年8月11日). 2016年1月23日閲覧。
  11. ^ Sportgericht wertet abgebrochenes Spiel mit 2:0 für RB Leipzig” (ドイツ語). DFB (2015年8月14日). 2016年1月23日閲覧。
  12. ^ TITELVERTEIDIGER GEGEN REKORDPOKALSIEGER” (ドイツ語). DFB (2015年8月14日). 2016年1月21日閲覧。
  13. ^ HACHING IM POKAL-ACHTELFINALE GEGEN LEVERKUSEN” (ドイツ語). DFB (2015年11月1日). 2016年1月21日閲覧。
  14. ^ VIERTELFINALE: VFB EMPFÄNGT BVB - BAYERN REIST NACH BOCHUM” (ドイツ語). DFB (2015年12月16日). 2016年1月21日閲覧。
  15. ^ HERTHA IM HALBFINALE GEGEN DORTMUND, BAYERN GEGEN BREMEN” (ドイツ語). DFB (2016年2月10日). 2016年2月11日閲覧。
  16. ^ DFB-Pokal - Torjäger” (ドイツ語). kicker. 2016年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]

公式サイト(ドイツ語)