ニクラス・ベントナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニクラス・ベントナー Football pictogram.svg
Nicklas Bendtner 2017.jpg
ローゼンボリBKでのベントナー (2017年)
名前
本名 Nicklas Bendtner
愛称 ベントナー男爵[1]
ラテン文字 Nicklas BENDTNER
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1988-01-16) 1988年1月16日(31歳)
出身地 コペンハーゲン
身長 193cm[2]
体重 84kg[2]
選手情報
在籍チーム デンマークの旗 FCコペンハーゲン
ポジション FW (CF)
背番号 32
利き足 右足
ユース
1992-1998 デンマークの旗 ターンビー・ボルドクラブ
1998-2004 デンマークの旗 コペンハーゲン
2004-2005 イングランドの旗 アーセナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2014 イングランドの旗 アーセナル 106 (24)
2006-2007 イングランドの旗 バーミンガム (loan) 42 (11)
2011-2012 イングランドの旗 サンダーランド (loan) 28 (8)
2012-2013 イタリアの旗 ユヴェントス (loan) 9 (0)
2014-2016 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 47 (9)
2016-2017 イングランドの旗 ノッティンガム 15 (2)
2017-2019 ノルウェーの旗 ローゼンボリ 57 (24)
2019- デンマークの旗 コペンハーゲン
代表歴2
2004 デンマークの旗 デンマーク U-16 3 (3)
2004-2005 デンマークの旗 デンマーク U-17 15 (6)
2006 デンマークの旗 デンマーク U-19 2 (1)
2006 デンマークの旗 デンマーク U-21 4 (2)
2006- デンマークの旗 デンマーク 81 (30)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月30日現在。
2. 2018年8月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニクラス・ベントナーNicklas Bendtner1988年1月16日 - )は、デンマークの首都・コペンハーゲン出身のサッカー選手デンマーク代表FCコペンハーゲン所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

FCコペンハーゲンのユースチームで頭角を表し、2004年イングランドアーセナルFCへ移籍。2006年から2年間はバーミンガム・シティFCへとレンタル移籍しリーグ戦12得点と活躍する。

2007-08シーズンからはアーセナルへ復帰。当時チームの主力フォワードであったティエリ・アンリは、アーセナル退団を取り沙汰されていた2007年6月にクラブのウェブページを通じて「チームには素晴らしい才能の持ち主が揃っている」としてロビン・ファン・ペルシエマニュエル・アデバヨールと共に将来の主力ストライカー候補にベントナーの名を挙げていた[3]エドゥアルド・ダ・シルヴァロビン・ファン・ペルシの負傷離脱もあり存在感を示すこととなった。なお、2008年、カーリングカップのスパーズ戦の試合中にチームメートのエマニュエル・アデバヨールと小競り合いを起こした[4]

2008-09シーズンはやや伸び悩んだかに見えたが、最終的にはシーズン9得点を記録した。 なお、2008年のチャンピオンズリーグの試合にてピンクのスパイクを身に着けたことで物議を醸した[5]。ベントナー自身は「ピンクのブーツ(=スパイク)が大好き」と語っており、また「いままでにピンクを使っている選手を見たことがない」としてピンクのスパイクの走りであることを自負している[6]

2009-10シーズンより、背番号をこれまでの26から52に変更した。また、背番号変更に伴い「既に僕のネームと背番号入りの2009-10シーズン・ユニフォームを多くのファンが購入してくれたみたいだね。だから前の背番号が入ったユニフォームの交換費用は僕が個人的に負担したいと思う。ファンの皆に迷惑が掛からないことを保障するよ。」というコメントを発表している[7]。尚、Daily Mail紙はその負担額を1万ポンド(約160万円)と算出している。2009-10シーズンは6得点に留まり負傷で離脱したファンペルシーの穴を埋めきれず、2010-11シーズンはファンペルシーの好調と新加入のマルアーヌ・シャマフの存在があり出場機会の確保すらままならず、2得点に留まった。2011年8月31日、出場機会を求めてサンダーランドAFCにレンタル移籍。チームトップの8得点を記録したが、13位に留まった。

2012年8月31日セリエAユヴェントスFCへ買い取りオプション付きのレンタル移籍が決定[8]。しかし12月に行われたコッパ・イタリアカリアリ戦で怪我を負い、その影響もあって無得点と結果を残せず、買取オプションは行使されなかった[9]

2013年9月、キャピタル・ワン・カップ3回戦のウェスト・ブロムウィッチ戦に向けた記者会見においてベントナーについて問われたアーセン・ヴェンゲル監督は、よいプレイをすればファンはすべて許してくれる、との趣旨のコメントを出し活躍の期待を示していたが[10]、 素行の悪さから監督の信頼を失い2014年3月11日のコペンハーゲンでの事案を受けた記者へのコメントで「ニクラスとアーセナルの契約は2014年夏に終了する」と言明されるに至った[11]。同年8月15日にVfLヴォルフスブルクに3年契約で加入した[12]。ヴォルフスブルクではストライカーとしては珍しい3を着用するが、本人は「お母さんがこの番号を選んでくれたから」と語っている[13]。しかし度重なる練習への遅刻やヴォルフスブルクのメインスポンサーであるフォルクスワーゲンのライバル社・ベンツの画像をSNSへ投稿するなどの行動を受け、2016年4月26日にヴォルフスブルクと契約解消で合意し、解雇された[14]

2016年9月7日イングランド2部ノッティンガム・フォレストFCへ自由移籍で加入した[15]

2017年3月6日ローゼンボリBKへ3年契約で移籍した[16]

2019年、ユース時代に所属していたFCコペンハーゲンへ12月までの短期契約で移籍した。デンマーク・スーペルリーガでのプレーは今回が初となる[17]

代表[編集]

代表では2004年には、デンマークU-17代表で15試合に出場し6得点。デンマークU-17代表のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーとなる。

2006年8月16日ポーランド戦でA代表デビューを果たし、その試合で初得点を挙げる。2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では3得点を挙げ、デンマークの1位通過に貢献。2010 FIFAワールドカップ本戦では、グループリーグ第2戦のカメルーン戦で同点ゴールを決め、デンマークの勝利に貢献した。

2012年6月13日に行われたUEFA EURO 2012ポルトガル戦でゴールを決めた後にユニフォームをまくりパンツを見せたが、そのパンツにPaddy Powerという名のブックメーカー企業のロゴが入っていたため、2014年W杯・欧州予選での1試合の出場停止と、10万ユーロの罰金を受けた[18]。その後、企業が罰金を負担した[19]

2015年3月25日のアメリカとの親善試合では自身代表では初となるハットトリックを達成した。

2015年に行われた欧州選手権予選のプレーオフでスウェーデン代表に敗れた際「自分たちはどちらも本物だ。」などと述べ相手チームで活躍したイラブラヒモビッチを引き合いに出し、「尊敬している」などと憧憬を示した[20]

2018年のワールドカップにおいては選出候補の35人に入っていたが、怪我もあり最終23人のメンバーからは外れた[21][22]

プレースタイル[編集]

ボディーコンタクトに強く、柔らかいボールタッチを披露する[23]。また長身からの力強いヘディングで知られている[24][25][26]。 しかし、度重なる怪我からポテンシャルを発揮できていない[25][27][28]

私生活[編集]

ベントナーはSNS上での風変わりで尊大な態度から、しばしば「ベントナー男爵(Lord Bendner)」と呼ばれていたが、2015年初頭にファンよりイギリスにある領地を譲り受けたことで、正式に男爵となった[1]

女性遍歴が激しく、2010年12月16日には当時の恋人で13歳年上のテレビ番組司会者カロリーネ・フレミングがベントナーの子(男児)を出産している[29]。長男誕生後にカロリーネ・フレミングと婚約するも、その後、破局。2011年からデンマーク生まれのオランダ人モデル、ジュリー・ザンゲンバーグと交際している。

2011年12月1日、コペンハーゲンのピザ屋でピザを買おうとしたが、クレジットカードが使えず代金が支払えなかった。そこで無料でピザの提供を求めたがそれを拒否され、店の店員に「俺が誰だか知らないのか? 店ごと買うことだってできるんだぞ」と暴言を吐き、騒動を起こした[30]。結局、店に居合わせた少女が代金を肩代わりすることになった。さらにピザ屋での事件から間もない2011年12月6日ニューカッスル・アポン・タインにある駐車場でチームメートのリー・カッターモールと共に数台の自動車を破壊し、器物損壊罪で逮捕された[31]

2013年3月3日、コペンハーゲン市内にて乗用車を運転中に警察から飲酒運転容疑で逮捕された[32]。これを受けてデンマークサッカー連盟は6ヶ月間の出場停止処分を下した[33]。これにより処分期間中、デンマーク代表の試合に出場出来なくなった。11月23日、自宅マンションのジムのプールで、ドアがシステムエラーによってロックが解除できなかったため、鍵を壊してしまい、器物損壊罪で逮捕された[34]

2018年11月、タクシー運転手を暴行したとして、デンマークで50日間の刑を宣告された[35]。 11月21日、刑務所または自宅軟禁のいずれかで刑を宣告することを受け入れ、上訴を取り下げた[36]正当防衛を主張していたが謝罪声明を発表した。

個人成績[編集]

2017年11月5日現在
クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アーセナル 2005-06 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 0
2007-08 27 5 2 1 5 1 6 2 40 9
2008-09 31 9 5 2 2 2 12 2 50 15
2009-10 23 6 0 0 1 1 7 5 31 12
2010-11 17 2 5 4 5 3 5 0 32 9
2011-12 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0
通算 108 24 13 5 18 7 32 9 0 0 171 45
バーミンガム・シティ 2006-07 42 11 2 0 4 2 48 13
サンダーランド 2011-12 28 8 2 0 30 8
ユヴェントス 2012-13 9 0 1 0 1 0 11 0
ヴォルフスブルク 2014-15 18 1 2 0 - 8 4 - 28 5
2015-16 13 2 1 1 - 4 0 1 1 19 4
通算 31 3 3 1 0 0 12 4 1 1 47 9
ノッティンガム・フォレスト 2016-17 13 2 1 0 1 0 - - 15 2
ローゼンボリBK 2017 27 18 1 0 - 10 3 1 0 39 21
総通算 260 66 23 6 23 9 55 16 2 1 363 98

試合数[編集]

2018年8月26日現在


デンマーク代表国際Aマッチ
出場得点
2006 4 2
2007 10 3
2008 8 3
2009 9 2
2010 4 2
2011 10 5
2012 10 5
2013 2 2
2014 7 2
2015 10 3
2016 0 0
2017 5 1
2018 2 0
2019 0 0
通算 81 30

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ユヴェントスFC
アーセナルFC
VfLヴォルフスブルク
ローゼンボリBK

脚注[編集]

  1. ^ a b “お騒がせ”ベントナーが正式な男爵に…ファンが領地をプレゼント - サッカーキング 2015年3月17日
  2. ^ a b Player Profile and biographyNicklas Bendtner
  3. ^ サッカー=アンリ、アーセナル退団について語る”. ロイター通信 (2007年6月24日). 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ ベントナー父が頭突きのアデバヨールに激怒”. Livedoor News、欧州通信 (2008年1月25日). 2017年12月22日閲覧。
  5. ^ #83 ファーギーのカラースパイク禁止令”. JSports (2010年2月25日). 2017年12月22日閲覧。
  6. ^ In the pink! Fancy boots Bendtner is the Arsenal hero”. Dailymail (2008年11月26日). 2017年12月22日閲覧。
  7. ^ Bendtner explains switch of squad number”. Arsenal F.C. (2009年8月12日). 2009年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月11日閲覧。
  8. ^ ユヴェントス、ベントナー獲得を発表 - Goal.com 2012年9月1日
  9. ^ ユベントス、ベントナーが長期離脱へ - UEFA.com 2012年12月13日
  10. ^ ベントナーへの期待を語るベンゲル”. 2019年5月15日閲覧。
  11. ^ ベントナーの愚行に、ヴェンゲルの怒りが爆発「契約は夏で終わり」”. 2019年5月15日閲覧。
  12. ^ ベントナー、新天地はヴォルフスブルク - Goal.com 2014年8月16日閲覧
  13. ^ “Nicklas Bendtner signs three-year deal with Wolfsburg after leaving Arsenal and striker will wear No 3 shirt in Germany... because his mother told him to”. Mail Online. (2014年9月20日). http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2725821/Nicklas-Bendtner-signs-three-year-deal-Wolfsburg-leaving-Arsenal.html 2014年9月20日閲覧。 
  14. ^ 元アーセナルの問題児、ヴォルフスブルクとの契約を解消し無所属に - フットボールチャンネル 2016年4月26日
  15. ^ “問題児”ベントナーの英2部移籍が決定。カップ戦で古巣アーセナルと対戦へ - フットボールチャンネル 2016年9月8日
  16. ^ ベントナーがノルウェーで再出発…元デンマーク代表FWがローゼンボリと3年契約 - Goal.com 2017年3月7日
  17. ^ FWベントナー、古巣へ2004年以来の復帰「今までにないくらいやる気がある」 - サッカーキング 2019年9月4日
  18. ^ ベントナーに1試合出場停止と罰金 - Goal.com 2012年6月19日
  19. ^ ベントナーの罰金、企業が負担 - Goal.com 2012年6月20日
  20. ^ デンマークの問題児ベントナーが空疎な自賛 EURO予選敗退も「オレはイブラと同じ本物だ」”. Football-Zone (2015年11月21日). 2017年12月22日閲覧。
  21. ^ “Denmark coach names 35-man provisional national team squad”. Associated Press. (2018年5月14日). https://apnews.com/2b3b9d1ff91242bfbdb781d70ab5523c 2018年6月4日閲覧。 
  22. ^ “Nicklas Bendtner out of Denmark's World Cup squad with groin injury”. Sky Sports. (2018年6月4日). http://www.skysports.com/football/news/17248/11394235/nicklas-bendtner-out-of-denmarks-world-cup-squad-with-groin-injury 2018年6月4日閲覧。 
  23. ^ 『10-11 世界サッカー選手名鑑』学研パブリッシング、2010年、43頁。ISBN 978-4-05-606112-3
  24. ^ “Nicklas Bendtner keen on return to centre stage for Arsenal”. The Guardian (London). (2009年9月22日). https://www.theguardian.com/football/2009/sep/22/nicklas-bendtner-arsenal-wenger 2010年5月20日閲覧。 
  25. ^ a b “Vialli: "Bendtner è bravo ma non deve fare il fenomeno"” (Italian). Tuttosport. (2012年9月1日). オリジナルの2012年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121118131024/http://www.tuttosport.com/calcio/calciomercato/2012/09/01-210035/Vialli:+%C2%ABBendtner+%C3%A8+bravo+ma+non+deve+fare+il+fenomeno%C2%BB 2017年2月27日閲覧。 
  26. ^ “Arsenal banking on Nicklas Bendtner to overcome Barcelona”. The Guardian. Press Association. (2010年4月6日). https://www.theguardian.com/football/2010/apr/06/arsenal-barcelona-championsl-league 2017年4月11日閲覧。 
  27. ^ Herbert, Ian (2016年9月19日). “Nottingham Forest vs Arsenal: 'I don't regret saying I was one of the greatest,' says Nicklas Bendtner”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/sport/football/fa-league-cups/nottingham-forest-vs-arsenal-there-s-been-some-things-i-would-like-to-change-if-i-could-says-nicklas-a7317366.html 2017年2月27日閲覧。 
  28. ^ “Bendtner off the scale in confidence test”. ESPN Sports Media. (2011年2月5日). http://en.espn.co.uk/football/sport/story/72181.html 2017年2月27日閲覧。 
    Campo, Carlo (2014年8月15日). “Wolfsburg sign Nicklas Bendtner to 3-year deal”. thescore.com. 2017年2月27日閲覧。
    Krogh, Karsten (2012年9月13日). “What do you get with Bendtner?”. Football Italia. 2017年2月27日閲覧。
    McNicholas, James (2014年2月1日). “Striker search went awry last summer, not in January”. ESPN FC. http://www.espnfc.us/club/arsenal/359/blog/post/1842485/arsenal-feeling-striker-regret 2017年2月27日閲覧。 
    Ames, Nick (2016年9月16日). “Balotelli, Bendtner and why talent alone is not enough to succeed”. ESPN FC. 2017年2月27日閲覧。
  29. ^ Thompson, Jody (2010年12月30日). “Arsenal ace Nicklas Bendtner pays tribute to his new baby boy with thumb-sucking celebration”. London: Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1342692/Arsenal-Nicklas-Bendtner-Baroness-Caroline-Luel-Brockdorff-welcome-new-baby-boy.html#ixzz19bOh8JpY 2010年12月30日閲覧。 
  30. ^ ベントナー、ピザ屋で一騒動 - Goal.com 2011年12月13日
  31. ^ デンマーク代表FWのベントナーらが器物損壊で逮捕される - サッカーキング 2011年12月17日
  32. ^ ベントナー、飲酒運転で検挙され謝罪 AFPBB News 2013年3月4日閲覧
  33. ^ ベントナー、飲酒運転で6か月の出場停止処分 スポーツ報知 2013年3月5日閲覧
  34. ^ アーセナルのベントナー、自宅マンションの器物破損で逮捕 - サッカーキング 2013年11月27日
  35. ^ Nicklas Bendtner sentenced to 50 days in jail in Denmark for assault”. BBC Sport. BBC. 2018年11月2日閲覧。
  36. ^ Nicklas Bendtner accepterer fængselsstraf”. Politiken. 2018年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]