アンドレアス・ビェラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレアス・ビェラン Football pictogram.svg
Zen-Kop18 (8).jpg
FCコペンハーゲンでのビェラン(2018年)
名前
ラテン文字 Andreas Bjelland
基本情報
国籍  デンマーク
 ノルウェー
生年月日 (1988-07-11) 1988年7月11日(30歳)
出身地 デンマーク首都地域フレーゼンスボー
身長 188cm
選手情報
在籍チーム デンマークの旗 FCコペンハーゲン
ポジション DF
背番号 5
ユース
2001-2006 デンマークの旗 リンビー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 デンマークの旗 リンビー 46 (1)
2009-2012 デンマークの旗 ノアシェラン 72 (3)
2012-2015 オランダの旗 トゥウェンテ 65 (3)
2015-2018 イングランドの旗 ブレントフォード 62 (1)
2018- デンマークの旗 コペンハーゲン 7 (0)
代表歴2
2004 デンマークの旗 デンマーク U16 1 (0)
2006 デンマークの旗 デンマーク U18 1 (0)
2006 デンマークの旗 デンマーク U19 3 (0)
2009-2011 デンマークの旗 デンマーク U21 16 (0)
2010- デンマークの旗 デンマーク 28 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年9月2日現在。
2. 2018年6月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレアス・ビェランAndreas Bjelland1988年7月11日 - )は、デンマークデンマーク首都地域フレーゼンスボー出身のプロサッカー選手デンマーク代表FCコペンハーゲン所属。ポジションは、ディフェンダー

クラブ経歴[編集]

デンマーク[編集]

地元クラブでプレーを始め[1]、2001年にリンビーBKのアカデミーに入団[2]。2006-07シーズンよりトップチームに昇格[3]。当初出場機会は限られていたが、2008–09シーズンよりレギュラーを獲得した[4]

2009年8月、FCノアシェランに移籍[5]。加入後すぐにレギュラーを獲得し、このシーズンのデンマーク・カップ優勝に貢献した[4]。2010–11シーズンから副キャプテンに就任[4]

トゥウェンテ[編集]

2011年11月、2012-13シーズンのFCトゥウェンテ移籍内定が発表された[6]。加入初年度は中足骨負傷のため半年間離脱を余儀なくされ、14試合の出場に留まった[7][4]。2014–15シーズンよりキャプテンに任命された[8]が、度重なる負傷のため4度の戦列離脱を余儀なくされた[4]

ブレントフォード[編集]

2015年7月、フットボールリーグ・チャンピオンシップブレントフォードFCに300万ユーロで移籍[9]

コペンハーゲン[編集]

2018年7月9日、4年契約でFCコペンハーゲンに移籍した[10]

代表歴[編集]

その出自からノルウェー代表を選ぶことも可能だったが[11]、自身が生まれ育ったデンマークを選び各年代で代表に選出された[12]。自国開催のUEFA U-21欧州選手権2011ではキャプテンを務め3試合に出場した[13][14]

2010年11月のチェコ戦でA代表初キャップ。フル出場し結果は0-0のスコアレスドローに終わった[15]

その後1年近く代表から遠ざかったが、UEFA EURO 2012予選・キプロス戦で復帰[15]。2012年6月のオーストラリア戦でPKから代表初ゴールを挙げた[15]UEFA EURO 2012本戦のメンバーにも選ばれたが[16]、試合に出場することはなくチームもグループステージ敗退に終わった[15]。トゥウェンテの試合で中足骨を痛めたことから再び代表から遠ざかり、2013年6月の試合で約1年ぶりに復帰[15]。2013年10月の2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選・マルタ戦で公式戦初ゴール[15]。2014年はセンターバックのレギュラーを確保したが、膝の負傷によりレギュラーを失い2015年6月から2016年11月まで招集を見送られた。2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選・カザフスタン戦で1年半ぶりに復帰[15]

人物[編集]

ノルウェー人の父とデンマーク人の母との間に生まれた[11]。弟のトーマスもサッカー選手で、HIKフッボルトに所属していた[17][18]。既婚者で娘が二人いる[8]

タイトル[編集]

ノアシェラン

脚注[編集]

  1. ^ Blue Vikings – Official Lyngby BK Supporters”. www.bluevikings.dk. 2015年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月3日閲覧。
  2. ^ Spelersprofiel: Andreas Bjelland – FC Twente”. 2015年7月2日閲覧。
  3. ^ Andreas Bjelland – UEFA.com”. Uefa.com. 2015年7月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e Denmark – A. Bjelland – Profile with news, career statistics and history – Soccerway”. uk.soccerway.com. 2015年7月2日閲覧。
  5. ^ FCN henter Andreas Bjelland”. bold.dk. 2015年7月2日閲覧。
  6. ^ Blond, Mikael (2011年11月6日). “Bjelland solgt til Twente” (Danish). Bold.dk. 2011年11月6日閲覧。
  7. ^ Moore, Tom (2016年11月10日). “Andreas Bjelland speaks to GetWestLondon about his career so far”. getwestlondon. http://www.getwestlondon.co.uk/sport/football/football-news/andreas-bjelland-coming-through-denmark-12150273 2017年9月4日閲覧。 
  8. ^ a b Bjelland over het aanvoerderschap, zijn gezin en het leven in Nederland » FC Twente”. www.fctwente.nl. 2015年7月2日閲覧。
  9. ^ “Brentford sign Denmark's Bjelland”. BBC. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/33363255 2015年7月2日閲覧。 
  10. ^ FCK henter Andreas Bjelland | F.C. København” (デンマーク語). F.C. København. 2018年9月4日閲覧。
  11. ^ a b Bjelland kunne have spillet for Norge”. 2015年7月2日閲覧。
  12. ^ Landsholdsdatabasen spiller information”. www.dbu.dk. 2016年8月10日閲覧。
  13. ^ Under-21 - News – UEFA.com”. 2015年7月2日閲覧。
  14. ^ Under-21 2011 - History - Denmark – UEFA.com”. UEFA.com. 2015年7月2日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g Landsholdsdatabasen spiller information”. www.dbu.dk. 2017年9月4日閲覧。
  16. ^ uefa.com. “UEFA EURO 2012 - History - Denmark – UEFA.com” (英語). UEFA.com. 2017年9月4日閲覧。
  17. ^ BSV-træner fremhæver lillebror Bjelland”. 2015年7月2日閲覧。
  18. ^ Thomas Bjelland”. footballdatabase.eu. 2015年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]