ヤコブ・ポウルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤコブ・ポウルセン Football pictogram.svg
Jacob Poulsen 00573.png
名前
ラテン文字 Jakob Poulsen
基本情報
国籍 デンマークの旗 デンマーク
生年月日 (1983-07-07) 1983年7月7日(33歳)
出身地 南デンマーク地域ヴァルデ
身長 182cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム デンマークの旗 FCミディランド
ポジション MF
背番号 7
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2006 デンマークの旗 エスビャウ 108 (19)
2006-2008 オランダの旗 ヘーレンフェーン 57 (3)
2008-2010 デンマークの旗 オーフス 54 (10)
2010-2012 デンマークの旗 ミディランド 46 (9)
2012-2014 モナコの旗 モナコ 17 (0)
2014- デンマークの旗 ミディランド 78 (12)
代表歴2
2000-2001 U-19デンマーク 5 (0)
2002-2004 U-20デンマーク 7 (0)
2003-2006 U-21デンマーク 16 (1)
2009- デンマークの旗 デンマーク 36 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年9月14日現在。
2. 2015年6月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヤコブ・ポウルセンJakob Poulsen, 1983年7月7日 - )は、デンマーク南デンマーク地域出身のサッカー選手FCミディランド所属。デンマーク代表である。ポジションはMF

経歴[編集]

デビューしたエスビャウfBで飛躍的な成長を遂げ、公式戦134試合に出場して21得点を決めた。2006年にエールディヴィジSCヘーレンフェーンに移籍し、2シーズンで63試合に出場して3得点したが、そのほかに多くのアシストを決めた。2008年8月に母国のオーフスGFに移籍し、そこでの活躍が認められてデンマーク代表に初選出された。2009年2月のギリシャとの親善試合でデビューし、ダニエル・イェンセンの負傷などからチャンスをつかみ、モルテン・オルセン率いる代表の中心選手となった。2010 FIFAワールドカップ欧州予選にはアルバニア戦で初出場し[1]、6節のアウェーでのスウェーデン戦には先発フル出場して勝利に貢献した。最終戦まで5試合連続で先発出場し、勝利して本大会出場を決めたホームでのスウェーデン戦では決勝点となる代表初得点を決めた[2]。2009年12月、デンマーク・スーペルリーガの年間最優秀選手に選ばれた[3]。2010年1月にはセリエASSラツィオからオファーがあり、クラブはこの申し出を受け入れたが、確実にFIFAワールドカップの登録メンバーに選出されるために、ポウルセン本人が移籍を拒否した[4]

2010年5月、2010 FIFAワールドカップ本大会に出場するデンマーク代表メンバー23人に選ばれた[5]。本大会グループリーグ第2戦のカメルーン戦では試合終了間際に途中出場した。第3戦の日本戦では2点を先行された34分にMFマルティン・ヨルゲンセンと代わってピッチに入り、59分にはGK川島永嗣にセーブを強いるミドルシュートを放ったが、1-3で敗れて決勝トーナメント進出はならなかった。2010 FIFAワールドカップ後にはプレミアリーグウィガン・アスレティックFCブンデスリーガ1.FCケルンが獲得に興味を示したが、2010年8月17日、FCミディランドに移籍した[6]

2012年6月23日、クラウディオ・ラニエリ監督率いるリーグ・ドゥ(2部)のASモナコに移籍した[7]。移籍金は約90万ポンドと報じられている。

2014年1月、FCミディランドに復帰した。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ALBANIA 1-1 DENMARKFIFA.com
  2. ^ DENMARK 1-0 SWEDENFIFA.com
  3. ^ Årets Profiler igennem tidernespillerforeningen.dk
  4. ^ Jakob Poulsen siger nej til Laziotipsbladet.dk、2010年1月29日
  5. ^ デンマーク、23人のW杯メンバーを発表Goal.com、2010年5月29日
  6. ^ Jakob Poulsen til FCMbold.dk、2008年8月17日
  7. ^ Monaco sign PoulsenESPN Soccernet、2012年6月23日

外部リンク[編集]