ペア・クロルドルップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペア・クロルドルップ Football pictogram.svg
名前
本名 ペア・ビレスコフ・クロルドルップ
Per Billeskov Krøldrup
ラテン文字 Per Krøldrup
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1979-07-31) 1979年7月31日(38歳)
出身地 ファルソ
身長 194cm
体重 91kg
選手情報
ポジション DF (CB, SB)
利き足 右足
ユース
1985-1994 デンマークの旗 ファルソ・ウリッツ
1994-1998 デンマークの旗 チャング・オールボルグ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2001 デンマークの旗 B93 57 (8)
2001-2005 イタリアの旗 ウディネーゼ 91 (3)
2005-2006.1 イングランドの旗 エヴァートン 1 (0)
2006.1-2012 イタリアの旗 フィオレンティーナ 117 (3)
2013.3-2013.6 イタリアの旗 ペスカーラ 0 (0)
2013.10-2014 ポルトガルの旗 オリャネンセ 17 (4)
代表歴2
2004-2010 デンマークの旗 デンマーク 33 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年4月13日現在。
2. 2010年10月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ペア・ビレスコフ・クロルドルップ、(Per Billeskov Krøldrup, 1979年7月31日 - )はデンマーク王国ファルソ (Farsø) 出身の同国代表サッカー選手である。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

ユース〜デンマーク[編集]

ファルソで生まれ、地元のサッカークラブであるファルソ・ウリッツ (Farso Ullits) に1985年に入団した。1994年にダンマルクスセリエン (Danmarksserien) 所属のサッカークラブ、IKチャング・オールボルグ (Idrætsklubben Chang Aalborg) に入団して本格的なキャリアをスタートさせた。

1998年にB93コペンハーゲン (B 93 Copenhagen) に入団し、1部リーグおよび2部リーグにて合計57試合に出場して8得点を挙げた。

ウディネーゼ[編集]

2001年ウディネーゼ・カルチョに移籍。デンマーク代表マルティン・ヨルゲンセンと共にプレーした。2002年3月19日、ヨルゲンセンはクロルドルップについて、「デンマーク代表にいつ招集されてもいい選手だ」と主張している[1]。2004年2月、サッカートルコ代表との試合でフル代表にデビューした後、UEFA EURO 2004に出場する代表チームにも選出された[2] が、全4試合[3] のいずれにも出場の機会はなかった[2]

エヴァートン[編集]

2005年7月1日、ウディネーゼから移籍金500万ポンド[4][5]イングランドFAプレミアリーグ所属のエヴァートンFCへ移籍したが、試合出場の機会を得る前に鼠径部を負傷し、手術を受けた[4]。 復帰後2005年12月26日に開催されたアストン・ヴィラFCとの試合に出場した[6] が、これがエヴァートンでの唯一の公式戦出場となった[7]。後にこの移籍は、タイムズ紙およびリヴァプール・エコー紙にて、最悪の移籍のひとつであると報じられた他[8][9]、自身も後に、イングランドのサッカーに適応する事の難しさを語っている[10]

フィオレンティーナ[編集]

2006年1月19日、イタリアに戻りACFフィオレンティーナに入団した。カルチョ・スキャンダルの後 (このころイタリア国内では、複数のクラブが八百長の咎で裁判係争中であった)、シーズン終了後にフィオレンティーナはセリエBに降格させられることになっていた。

クロルドルップは他クラブへ移籍を望む選手たちの只中にあった。しかしフィオレンティーナのフロントがイタリアサッカー連盟に訴えた結果、セリエAへの残留ができることとなった。[11]大半の選手が残留することとなった。

2008年8月12日UEFAチャンピオンズリーグ 2008-093次予選ラウンド第1戦 (対戦相手: SKスラヴィア・プラハ) にて同大会にデビューした。2010年5月17日、2012年までの契約を延長することに同意した[12]

2010年になると出番が減少し、2011-12シーズンはついに出場機会がなかった。シーズン終了後、契約満了でフィオレンティーナを退団した[13]

ペスカーラ[編集]

フィオレンティーナ退団後は無所属が続いていたが、2013年3月7日デルフィーノ・ペスカーラ1936と契約を結んだ。

出場記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kurt Lassen (2002.3.19) (デンマーク語). Thomas Helveg melder afbud til testkamp. ベアリングスケ・ティデンデ. 
  2. ^ a b Per Krøldrup – Alle hold (Alle kampe)” (デンマーク語). デンマークサッカー協会公式サイト. 2011年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010.7.3 03:44 (UTC)閲覧。
  3. ^ グループリーグ3試合、および準々決勝1試合。
  4. ^ a b Per Krøldrup — Defender” (英語). ToffeeWeb.com. 2010年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010.7.3 03:48 (UTC)閲覧。
  5. ^ Player Transfers Since 1990 (英語) ToffeeWeb.com 2010.7.3 04:02 (UTC) 閲覧
  6. ^ Aston Villa F.C. vs Everton F.C Match Report (英語) エヴァートンFC公式サイト 2010.7.3 03:09 (UTC) 閲覧
  7. ^ Players - Per Kroldrup (英語) soccerbase.com 2010.7.3 03:10 (UTC) 閲覧
  8. ^ The 50 worst transfers (英語) タイムズ 2007.7.18付記事。クロルドルップの移籍はワースト1位に認定されている。
  9. ^ Top Ten: Players who made us both laugh and cry (英語) リヴァプール・エコー 2009.2.21付記事
  10. ^ Dominic King, Fiorentina v Everton: Per Kroldrup admits he couldn't cope with the Premier League (英語) リヴァプール・エコー 2008.3.6付記事
  11. ^ ただし、勝ち点は剥奪の処分が課せられ、Punishments cut for Italian clubs (英語) BBC Sport 2006.7.26付記事 (12-19ポイントと報道)。実際には15ポイントが剥奪された。
  12. ^ Kroldrup signs new Fiorentina deal (英語) ontheminute.com 2010.5.17付記事
  13. ^ A giugno svincolati: Montolivo, Natali, Amauri, Kroldrup e Marchionni (イタリア語) fiorentina.it

外部リンク[編集]