ダニエル・アッゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・アッゲル Football pictogram.svg
Daniel Agger 20120613.jpg
2012年のアッゲル
名前
本名 ダニエル・ムンテ・アッゲル
Daniel Munthe Agger
愛称 ダニー
ラテン文字 Daniel Agger
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1984-12-12) 1984年12月12日(32歳)
出身地 ビズオウア
身長 191cm
体重 80kg
選手情報
ポジション DF(CB)
利き足 左足
ユース
1996-2004 デンマークの旗 ブレンビー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 デンマークの旗 ブレンビー 34 (5)
2006-2014 イングランドの旗 リヴァプール 175 (9)
2014-2016 デンマークの旗 ブレンビー 43 (2)
代表歴
2003-2004 デンマークの旗 デンマーク U-20 10 (1)
2004-2006 デンマークの旗 デンマーク U-21 10 (3)
2005-2016 デンマークの旗 デンマーク 75 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエル・ムンテ・アッゲルDaniel Munthe Agger, 1984年12月12日 - )は、デンマークビズオウア出身の元サッカー選手。ポジションはDF (CB、LB)。デンマーク代表でも活躍した。

日本ではアッガーと表記する場合がある。従兄弟のニコライ・アッゲルもプロサッカー選手。

経歴[編集]

マンチェスター・シティ戦にて(2007年4月)

2004年にデンマークブロンビーIFでプロデビューし、リーグ優勝に貢献。2006年1月12日にイングランド・プレミアリーグリヴァプールFCへ移籍した[1]。移籍金はおよそ840万ユーロ(約11億3400万円)[1]

2006-07シーズンからレギュラーとして定着。センターバックながらミドルシュートを得意とし、リヴァプール移籍後初ゴールもミドルシュートでBBCの「Goal of the month: August」に選出されるほどのスーパーゴールだった[2]。リヴァプールでの2年目となる2007-08シーズンは、9月に中足骨を骨折し、1シーズンの大半を治療とリハビリに費やした。しかし、2007-08シーズン中の試合復帰はならなかった。

2008年7月12日のトレンメア・ローヴァーズFCとのプレシーズンマッチに出場し、約10か月ぶりに試合出場を果たした。試合後のインタビューで「まるで新しいスタートのようだ」と語っている[3]

デンマーク代表ではディフェンスリーダーに抜擢され、不動の地位を確立。シモン・シェアーと共に最終ラインの軸としてチームを支えている。2010 FIFAワールドカップではグループリーグ第1戦のオランダ戦でシモン・ポウルセンのクリアが背中に当たり、先制のオウンゴールを与えてしまったが、第2戦のカメルーン戦では守備の中心としてカメルーンの攻撃を防ぎ、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

2013-14シーズンから、引退したジェイミー・キャラガーに替わり、リヴァプールの副キャプテンに任命された[4]

2014年8月30日、8年ぶりにブレンビーIFに復帰した[5]

2016年6月9日、自身のTwitter上で引退を表明した[6]

エピソード[編集]

  • 自身も入れ墨を入れているが、自ら彫り師をしている[7]
  • 拳にも入れ墨をしており、右手には拳を突き出すとYou'll Never Walk Aloneの頭文字である「YNWA」が見えるように、人差し指から小指にかけて1文字ずつ入れ墨がされている。
  • プライベートでは温厚な性格で、趣味は読書である。
  • チェルシー移籍後のフェルナンド・トーレスに肘鉄を食らわせた際には、トーレスに「裏切られた」と感じていたリヴァプールサポーターから大きな歓声が上がった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]