ヌリ・シャヒン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヌリ・シャヒン Football pictogram.svg
AUT vs. TUR 2016-03-29 (232).jpg
トルコ代表でのシャヒン(2016年)
名前
本名 ヌリ・キャーズム・シャヒン
Nuri Kâzım Şahin
ラテン文字 Nuri ŞAHIN
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1988-09-05) 1988年9月5日(30歳)
出身地 西ドイツの旗 西ドイツリューデンシャイド英語版
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン
ポジション MF (CMF)
背番号 17
利き足 左足
ユース
1994-2001 ドイツの旗 マイナーツハーゲン
2001-2005 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント II 5 (1)
2005-2011 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 135 (13)
2007-2008 オランダの旗 フェイエノールト (loan) 29 (6)
2011-2014 スペインの旗 レアル・マドリード 4 (0)
2012-2013 イングランドの旗 リヴァプール (loan) 7 (1)
2013-2014 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント (loan) 49 (5)
2014-2018 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 39 (3)
2018- ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン
代表歴2
2003  U-16トルコ 2 (0)
2004-2005  U-17トルコ 21 (5)
2004-2005  U-19トルコ 6 (0)
2007-2008  U-21トルコ 11 (4)
2005-2017 トルコの旗 トルコ 51 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年6月30日現在。
2. 2016年6月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヌリ・キャーズム・シャヒン(Nuri Kâzım Şahin[1]1988年9月5日 - )は、西ドイツリューデンシャイド英語版出身のトルコ人サッカー選手ブンデスリーガヴェルダー・ブレーメンに所属している。元トルコ代表。ポジションはミッドフィールダー(MF)

経歴[編集]

クラブ[編集]

ボルシア・ドルトムントの下部組織出身である。2005年夏には、イングランド・プレミアリーグに属するチェルシーFCアーセナルFCマンチェスター・ユナイテッドFCが獲得に乗りだした。特にアーセナルFCのアーセン・ベンゲル監督は「18歳以下ではヨーロッパで最も才能のある選手」とシャヒンを高く評価[2]当時16歳であったシャヒン獲得のために移籍金300万ユーロを提示するが、長らく財政難に喘いでいたボルシア・ドルトムントは「シャヒンはドルトムントの将来を握っている」(ヴァツケ代表取締役)とこのオファーを却下した[要出典]同年8月6日、16歳334日でドイツ・ブンデスリーガデビューし、ブンデスリーガの最年少出場記録を塗り替えた。 同年夏にはUEFAインタートトカップSKシグマ・オロモウツ戦に出場し、クラブの最年少欧州カップ戦出場記録を更新した。11月25日には1.FCニュルンベルク戦でリーグ戦初得点を記録し、こちらも最年少得点記録を更新した[3]

リバプールでのシャヒン

2007年7月5日、エールディヴィジフェイエノールトに1年間の契約でレンタル移籍し、ベルト・ファン・マルワイク監督と再び顔を合わせた[4]。同年10月には結婚式を挙げている。2007-08シーズンは不動のレギュラーとしてリーグ戦29試合に出場し、6得点5アシストを記録した。

2008年夏にドルトムントに復帰し、2008-09シーズン序盤戦はあまり出場機会を得られなかったものの、ウインターブレイク明けの後半戦はレギュラーの座を奪った。2009-10シーズンは開幕からレギュラーとして活躍し、リーグ戦34試合中出場停止を除く33試合に出場し、4得点8アシストを記録した[5]。2010-11シーズンもチームの中心として、シーズン終盤に負傷離脱するまでは全試合に出場し、ブンデスリーガ優勝に大きく貢献した[6]。そのシーズン、46.1%の支持を集めてキッカーが行った選手投票によるブンデスリーガ最優秀選手に選ばれた[7]

2011年5月9日、シーズン終了後にレアル・マドリードと6年契約を結ぶことを発表した[8][9]。移籍金は1000万ユーロ(約11億5000万円)と報道され、違約金は650万ユーロに設定された。ドルトムント時代の負傷以降も左ひざ靱帯の度重なる負傷により移籍後暫くの間プレーすることはできなかったが、11月6日のCAオサスナ戦で初招集を受けると、サミ・ケディラとの交代で後半68分から出場した[10]

2012年8月、出場機会を求め、プレミアリーグリヴァプールFCに1年間のレンタル移籍をした[11]。9月2日のアーセナルFC戦でプレミアデビュー、26日のフットボールリーグカップウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦では移籍後初得点を含む2得点を挙げた。そして3日後のノリッジ・シティFC戦ではプレミア初得点を記録した。

しかし、リヴァプールでも本領は発揮できず、2013年1月に古巣のボルシア・ドルトムントに1年半のレンタルで加入することになった。

2014年4月11日、ドルトムントに完全移籍で復帰した[12]

2016-17シーズンから背番号を「18」から「8」に変更した。

2018年8月31日、ヴェルダー・ブレーメンに移籍[13]

代表[編集]

トルコ代表でのシャヒン

2005年5月にイタリアで開催されたUEFA U-17欧州選手権では、U-17トルコ代表の中心選手としてチームの優勝に貢献し、4得点を挙げて大会最優秀選手に選ばれた。同年にペルーで開催されたFIFA U-17ワールドカップではトルコ代表の4位入賞に貢献し、シルバーシュー(得点ランキング2位)とブロンズボール(優秀選手)を受賞した。

2005年10月8日、イスタンブールで行われたドイツとの親善試合でトルコ代表デビューし、この試合で初得点も挙げた。この時のシャヒンは17歳34日であり、トルコ代表の最年少出場記録と最年少得点記録を塗り替えた。

2017年11月に、29歳で代表引退を表明した。理由は、若手にゆずるためと話している[14]

人物[編集]

ボールキープに優れ[15]、中盤の底でゲームを組み立てる能力に秀でている[16]。「左利きのジネディーヌ・ジダン」のあだ名を持つ[17]。パス供給能力に長けているだけでなく、ボール奪取力にも非凡なものを持つ。さらにフリーキックのスペシャリストであり、左足から繰り出されるパワー、精度を兼ね備えたエクセレントなシュートを持っている[18]

トルコ語ドイツ語英語オランダ語スペイン語の5ヶ国語を話すことができる[19]。既婚者であり、2011年には子供も誕生している[20]

両親はトルコ人で、リューデンシャイド英語版で生まれマイナーツハーゲン英語版で育った[21]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2013年7月10日時点[22][23]
シーズン クラブ リーグ 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 通算
出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト
2005–06 ドルトムント ブンデスリーガ 23 1 6 0 0 0 23 1 6
2006–07 24 0 1 1 0 0 25 0 1
2007–08 フェイエノールト エールディヴィジ 29 6 5 5 0 0 34 6 5
2008–09 ドルトムント ブンデスリーガ 25 2 6 2 0 1 1 0 0 28 2 7
2009–10 33 4 8 3 2 1 36 6 9
2010–11 30 6 8 2 0 1 8 2 4 40 8 13
2011–12 レアル・マドリード プリメーラ 4 0 0 2 1 1 4 0 0 10 1 1
2012–13 リヴァプール プレミア 7 1 2 1 2 0 4 0 1 12 3 3
ドルトムント ブンデスリーガ 15 3 3 0 0 0 2 0 0 17 3 3
通算 190 23 40 16 5 4 19 2 5 213 30 48

代表での得点[編集]

# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 2005年10月8日 トルコの旗 イスタンブール ドイツの旗 ドイツ 2–0 2–1 親善試合
2. 2012年5月24日 オーストリアの旗 ザルツブルク ジョージア (国)の旗 ジョージア 2–0 3–1 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

フェイエノールト
ボルシア・ドルトムント
レアル・マドリード

代表[編集]

U-17トルコ代表

個人[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nuri Şahin profile”. Football Database. 2010年3月11日閲覧。
  2. ^ footballfuture
  3. ^ Keith Richardson (2005年12月30日). “Nuri Sahin: "2005 Was My Year!"”. Borussia Dortmund. 2010年5月26日閲覧。
  4. ^ Nuri Sahin Joins Feyenoord Rotterdam For One Season”. Borussia Dortmund (2007年7月6日). 2010年5月26日閲覧。
  5. ^ Nuri Sahin profile”. ESPN Soccernet. 2010年5月25日閲覧。
  6. ^ Dortmund take the title”. DFL Deutsche Fußball GmbH. 2011年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月3日閲覧。
  7. ^ 独誌の最優秀選手にシャヒン 2位はゲッツェ”. sanspo.com. 2011年5月31日閲覧。
  8. ^ Nuri Sahin, new Real Madrid player”. レアル・マドリード公式サイト (2011年5月9日). 2011年5月12日閲覧。
  9. ^ シャヒン:「マドリーに行く」Goal.com 2011年5月9日
  10. ^ シャヒン:「恐れずにプレーできた」”. Goal.com (2011年11月7日). 2011年11月8日閲覧。
  11. ^ リヴァプール、シャヒン獲得を正式発表”. Goal.com (2012年8月26日). 2012年9月5日閲覧。
  12. ^ シャヒンがBVBに完全移籍で復帰”. Goal.com (2014年4月11日). 2014年4月12日閲覧。
  13. ^ SAHIN WECHSELT ZU WERDER BREMEN”. SV Werder Bremen (2018年8月31日). 2018年8月31日閲覧。
  14. ^ [1] goal.com 「最年少デビューのシャヒンがトルコ代表を引退」
  15. ^ シャヒンのマドリー行きを確信するバリオスgoal.com、2011年5月4日
  16. ^ “レアル・マドリー移籍がうわさされるシャヒン、シャビ・アロンソのパートナー候補に”. スポーツナビ. (2011年5月3日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110503-00000008-spnavi-socc.html 2011年5月10日閲覧。 
  17. ^ “マドリー、シャヒン本人と合意か”. Goal.com. (2011年5月2日). http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2011/05/02/2467793/マドリーシャヒン本人と合意か 2011年5月10日閲覧。 
  18. ^ ブンデスリーガのセンセーショナルがマドリードにレアル・マドリード公式サイト、2011年5月9日
  19. ^ Hocasından Nuri'ye...” (Turkey). mackolik.com. 2012年9月3日閲覧。
  20. ^ Nuri baba oldu” (Turkey). sabah.com.tr. 2011年9月20日閲覧。
  21. ^ Nuri Şahin BVB”. bvb.de (2013年1月14日). 2013年5月14日閲覧。
  22. ^ Sahin, Nuri” (German). kicker.de. 2011年5月15日閲覧。
  23. ^ Nuri Sahin”. transfermarkt.co.uk. 2011年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]