アルダ・トゥラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルダ・トゥラン Football pictogram.svg
AUT vs. TUR 2016-03-29 (283).jpg
トルコ代表でのアルダ・トゥラン (2016年)
名前
ラテン文字 ARDA Turan
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
生年月日 (1987-01-30) 1987年1月30日(33歳)
出身地 イスタンブール
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 ガラタサライ
ポジション MF
背番号 66
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2011 トルコの旗 ガラタサライ 127 (29)
2006 トルコの旗 マニサスポル (loan) 11 (2)
2011-2015 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 127 (13)
2015-2020 スペインの旗 バルセロナ 36 (5)
2018-2020 トルコの旗 イスタンブール・バシャクシェヒル (loan) 37 (2)
2020- トルコの旗 ガラタサライ
代表歴2
2002 トルコの旗 トルコ U-16 10 (2)
2003-2004 トルコの旗 トルコ U-17 30 (3)
2003-2005 トルコの旗 トルコ U-18 11 (2)
2004-2006 トルコの旗 トルコ U-19 17 (6)
2005 トルコの旗 トルコ U-20 2 (0)
2006 トルコの旗 トルコ U-21 2 (0)
2006- トルコの旗 トルコ 100 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年7月1日現在。
2. 2018年4月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルダ・トゥランArda Turan, 1987年1月30日 - )は、トルコイスタンブール出身のサッカー選手ガラタサライSK所属。トルコ代表。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

ガラタサライ[編集]

2000年からトルコのガラタサライのユースに所属し、2005年にトップチームに昇格した。その年、マニサスポルにレンタル移籍した。2006-07シーズンにはガラタサライに戻り、トップチームでプレーした。2008年にトルコ・スーパーカップトルコ・シュペルリガの2冠を達成し、自身もリーグ年間最優秀選手賞も獲得した。2009-10シーズンからキャプテンを任され、背番号は66番から10番に変更した。

アトレティコ・マドリード[編集]

アトレティコ・マドリードでのアルダ・トゥラン(2013年)

2011年8月9日、アトレティコ・マドリードに1200万ユーロの移籍金とボーナスで加入することが発表された。

2011年8月28日のオサスナ戦でリーガデビューを果たし、後半から出場した。9月15日のセルティック戦でUEFAヨーロッパリーグデビューを果たし、先発出場してゴールをアシストした。9月18日には、再びスタメンに選ばれ、2アシストを記録した。10月25日、ガラタサライのウナル・アイサル会長は、ガラタサライとアトレティコの間で交わされた第一拒否権に基づき、トゥランが将来的にガラタサライに戻ってくることをLig TVのインタビューで明かした。 11月30日、ヨーロッパリーグのセルティック戦で、アトレティコの初ゴールを強烈なボレーで決めた。12月11日には、ボックスの外からドリブルでゴールを決めて、リーガ初ゴールを決めた。2012年4月22日、アトレティコはエスパニョールを3-1で破り、トゥランは2分間で2ゴールを決め、リーグ戦では7位に浮上し、マラガとの勝ち点差は3に縮まった。

2012-13シーズン前に背番号が11から10に変更された。アトレティコの開幕戦、レバンテとの1-1の対戦では、長距離シュートを放ってシーズンをスタートさせた。2012年のUEFAスーパーカップでは、チャンピオンズ・リーグを制したチェルシーと対戦し、ファルカオの3点目のゴールをアシストして4-1の勝利を収めた。

2013-14シーズン、チャンピオンズ・リーグ第1戦のゼニト・サンクトペテルブルク戦とポルト戦の2試合では、アトレティコの勝利に貢献し、それぞれの試合でゴールを決めた。 2014年4月30日には、チャンピオンズ・リーグ準決勝のチェルシー戦で3-1のアウェー勝利のラストゴールを決め、アトレティコを1974年以来の決勝進出へと導いた。リーグ戦では32試合に出場。引き分け以上でリーガ優勝が決まる最終節、カンプ・ノウでのバルセロナ戦、前半17分に負傷交代したジエゴ・コスタに続いて、23分に負傷交代を余儀なくされる。泣きながらベンチに戻っていったが、チームはディエゴ・ゴディンの得点優勝を決め、チームメイトと共に笑顔でタイトル獲得を祝った。

リーガ優勝パレードでのアルダ・トゥランとチームメイト達(2014年)

2014年10月1日、2014-15チャンピオンズリーグのグループステージでユヴェントス戦では、この試合で唯一のゴールを決めた。2015年1月28日、コパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグのバルセロナ戦の47分、イヴァン・ラキティッチのファールを取られなかったことに苛立ち、副審の方向にシューズを投げつけた。 しかし、このことで罰則が下されることはなかった。

バルセロナ[編集]

2015年7月6日、バルセロナに移籍することを発表した[1]。移籍金は3400万ユーロ(約46億円)に700万ユーロ(約9億5000万円)のボーナスが付いており、5年契約を結んだ。当時バルセロナに入団した選手において史上8番目に移籍金が高い選手となった[2]。なお、バルセロナは補強禁止処分を受けているため、選手登録は2016年の1月からとなった。

2016年1月に正式に登録。背番号は7番。9日のグラナダ戦で移籍後初アシスト、3月3日のラーヨ・バジェカーノ戦で初ゴールを記録。

2016-17シーズン、スーペルコパ・デ・エスパーニャセビージャ戦では2戦合計2ゴール1アシストを記録し、タイトル獲得に貢献した。12月6日のチャンピオンズリーグボルシア・メンヒェングラートバッハ戦ではハットトリックを達成した。

イスタンブール・バシャクシェヒル[編集]

2018年1月13日、イスタンブール・バシャクシェヒルにシーズンの残りとその後の2シーズンの期限付き移籍で加入[3]。2018年5月4日のスィヴァススポル戦で判定に不満を持ち、副審に詰め寄り罵声を浴びせ両手で副審を強く押したことにより退場処分となった。この行為により、トルコサッカー協会より16試合の出場停止処分を受けた。この出場停止処分はトルコリーグ史上最長の処分となった[4][5]

2020年1月7日、レンタル契約を解消したことが発表され[6]、バルセロナに復帰した。6月30日、復帰後選手登録されないまま、バルセロナを契約満了で退団した[7]

ガラタサライ復帰[編集]

2020年8月5日、ガラタサライに復帰することが発表された[8]

代表歴[編集]

トルコ代表として各年代でプレーし、U-19代表の時はキャプテンも務めた経験がある。ユーロ2008ではミラクルターキーの中心選手として、チームをベスト4進出に導いた。

エピソード[編集]

  • 2018年末、訪れたナイトクラブでトルコ人歌手のベルカイと喧嘩になり、ベイカイは鼻を骨折する怪我を負う。ベイカイの搬送先の病院で、持ち込んだ拳銃を発砲。銃の不法所持、発砲などの罪で禁錮2年8月15日、執行猶予5年の有罪判決を受けた[10]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガラタサライ[編集]

アトレティコ・マドリード[編集]

バルセロナ[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ バルサがA・トゥランを獲得…会長選後の20日まで返却できる条項もsoccerking 2015年7月7日
  2. ^ 新加入A・トゥランは約46億円で8番目…バルサ移籍金ランク1位は?soccerking 2015年7月10日
  3. ^ アルダ・トゥランのレンタル移籍でイスタンブール・バシャクシェヒルと合意 FCバルセロナ公式ウェブサイト 2018年1月13日
  4. ^ “元バルセロナのトゥラン、トルコ史上最長となる16試合出場停止…国内リーグで副審に暴挙”. Goal.com. (2018年5月11日). http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E5%85%83%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%81%AE%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E9%95%B7%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B16%E8%A9%A6%E5%90%88%E5%87%BA%E5%A0%B4%E5%81%9C%E6%AD%A2%E5%9B%BD%E5%86%85%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%A7%E5%89%AF%E5%AF%A9%E3%81%AB%E6%9A%B4%E6%8C%99/9szzvaw4pqgl1ei1t17s302hx 2018年5月26日閲覧。 
  5. ^ “アルダ・トゥランに16試合の出場停止処分、リーグ史上最長”. AFPBB News. (2018年5月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3174220 2018年5月26日閲覧。 
  6. ^ KAMUOYUNU BİLGİLENDİRME” (トルコ語). İstanbul Başakşehir Futbol Kulübü (2020年1月7日). 2020年1月8日閲覧。
  7. ^ お騒がせアルダ・トゥラン バルサとの契約がついに終了” (日本語). SPORT 日本. 2020年7月11日閲覧。
  8. ^ co.,Ltd, FromOne. “今季バルサで公式戦出場0…MFアルダが9年ぶりに古巣ガラタサライに復帰” (日本語). サッカーキング. 2020年8月5日閲覧。
  9. ^ 約束通り丸坊主のアルダ 「人生最高の瞬間」”. Goal.com (2013年5月18日). 2013年5月23日閲覧。
  10. ^ トゥランに執行猶予付き判決、人気歌手との暴行事件 トルコ” (日本語). www.afpbb.com. 2020年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]