レーヴァークーゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
Stadtwappen der kreisfreien Stadt Leverkusen Lage der kreisfreien Stadt Leverkusen in Deutschland
基本情報
連邦州: ノルトライン=ヴェストファーレン州
行政管区: ケルン行政管区
地域連合: ラインラント地域連合
郡: 郡独立市
面積: 78.85 km²
人口:

163,577人(2017年12月31日現在) [1]

人口密度: 2,075 人/km²
標高: 海抜 60 m
郵便番号: 51371-51381 (旧 5090)
市外局番: 0214, 02171, 02173
緯度経度: 北緯 51度02分
東経 06度59分
ナンバープレート: LEV
自治体コード: 05 3 16 000
市の構成: 3 市区
市庁舎の住所: Friedrich-Ebert-Platz 1
51373 Leverkusen
公式ウェブサイト: www.leverkusen.de
E-Mail: postmaster@stadt.leverkusen.de
行政
上級市長: ウーヴェ・リヒラート (Uwe Richrath) (SPD)
失業率: 7.7 %[2] (2018年2月現在)

レーヴァークーゼン[3][4][5]Leverkusen, ドイツ語発音: [ˈleːvɐkuːzn̩] ( 音声ファイル)[6][leːɐˈkuːzn̩][7])は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州にある都市。ヨーロッパ最大級の大都市圏であるライン・ルール大都市圏に属する。約10 km南にケルン、25 km北にデュッセルドルフ、約60 km北東にドルトムントが位置している。人口は約16万人である。レーバークーゼン[8][9][10]レヴァークーゼン[11]レバークーゼン[12][10][13]などとも表記される。

地勢・産業[編集]

ライン川右岸に位置する工業都市[8]。製薬会社のバイエル(バイヤー)があることでも知られる。ケルン市との間にはChempark(化学公園)があり、多くの化学関連企業が集積している。レヴァークーゼン市内には、地域交通のRE1,5,7番線、RB48番線およびSバーン6番線、ケルンシュタットバーン4番線が走っており、Leverkusen Mitte駅からケルン、デュッセルドルフ両都市を約15分で結ぶ。ケルン・ボン国際空港、及びデュッセルドルフ空港には30分以内に到着する。

歴史[編集]

  • 1815年よりプロイセンの支配下に入った。
  • 1860年、薬剤師のカール・レーヴァークス (レバークス[12]、Carl Leverkus) が、市内のヴィースドルフ(Wiesdorf)に染料工場を設立した。
  • 1891年、染料工場をバイエル社が引き継いだ。
  • 1912年、バイエル社が市内のヴィースドルフに事務所を移転し、街がドイツの化学産業の中心となるきっかけとなった。
  • 1930年、いくつかの地域が合併してレーヴァークーゼンと改称した。第二次世界大戦で多大な打撃を受けたが、戦後復興を果たした。

スポーツ[編集]

姉妹都市[編集]

ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Amtliche Bevölkerungszahlen auf Basis des Zensus vom 9. Mai 2011
  2. ^ Arbeitsmarkt im Überblick - Berichtsmonat Februar 2018 - Leverkusen, Stadt”. Bundesagentur für Arbeit. 2018年4月24日閲覧。
  3. ^ 新田春夫 クラウン独和辞典―編集こぼれ話―(121)
  4. ^ 吉田和夫 「独占的競争と合理化 : 第 1 次大戦後、ドイツの合理化をめぐって」『商學論究』(関西学院大学) 44頁 1973年 ISSN 0287-2552
  5. ^ FCバイエルン・ミュンヘンゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川京都国立近代美術館日経BP、研究社『リーダーズ英和辞典』
  6. ^ Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. (2005). p. 508. ISBN 978-3-411-04066-7. 
  7. ^ Duden online - Le­ver­ku­sen
  8. ^ a b 三省堂編修所編 『コンサイス 外国地名事典』 (3版) 三省堂1998年、1124頁。ISBN 4-385-15338-8 
  9. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』、『百科事典マイペディア』、大修館書店『ジーニアス英和大辞典』
  10. ^ a b 在デュッセルドルフ日本国総領事館
  11. ^ 小学館『世界大地図』
  12. ^ a b ドイツ観光局(Deutsche Zentrale für Tourismus「レバークーゼン:産業と共に歩んできた都市。」
  13. ^ 小学館『日本大百科全書』、欧州サッカー連盟、各種メディア等。
  14. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/Oulu.php
  15. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/bracknell.php
  16. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/ljubljana.php
  17. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/Nazareth-Illit.php
  18. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/chinandega.php
  19. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/schwedt.php
  20. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/villeneuve-d-Ascq.php
  21. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/ratibor-raciborz.php
  22. ^ http://www.leverkusen.de/rathaus-service/partnerstaedte/wuxi.php

外部リンク[編集]