ユリアン・ヴァイグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユリアン・ヴァイグル Football pictogram.svg
Julian Weigl 6743.jpg
2015年のヴァイグル
名前
ラテン文字 Julian Weigl
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1995-09-08) 1995年9月8日(22歳)
出身地 バドアイリンク
身長 186cm[1]
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
ポジション MF
背番号 33
利き足 右足
ユース
ドイツの旗 SVオスターミュンヘン
2006-2010 ドイツの旗 1860 ローゼンハイム英語版
2010-2013 ドイツの旗 1860ミュンヘン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2014 ドイツの旗 1860ミュンヘン II英語版 23 (0)
2014-2015 ドイツの旗 1860ミュンヘン 38 (0)
2015- ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 60 (0)
代表歴2
2013-2014 ドイツの旗 ドイツ U-19 4 (0)
2014- ドイツの旗 ドイツ U-20 10 (1)
2015- ドイツの旗 ドイツ U-21 5 (0)
2016- ドイツの旗 ドイツ 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年6月3日現在。
2. 2017年3月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ユリアン・ヴァイグル(Julian Weigl , 1995年9月8日 - )は、ドイツバイエルン州出身のサッカー選手ブンデスリーガボルシア・ドルトムント所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー[2]

経歴[編集]

クラブ[編集]

1860ミュンヘンのユース出身の選手で2013-14年シーズンにプロデビューし、2014-15年にはボランチとしてレギュラーに定着[3]。無名の選手だったが才能が評価されて2015-16年からボルシア・ドルトムントに完全移籍することが発表された。

川崎フロンターレとの親善試合やプレーシーズンで存在感をしめし、開幕戦のボルシアMG戦でアンカーとして先発をした。リーグ戦では一年目ながらパスセンスが評価され、4-3-3のアンカーとしてレギュラーに定着した。2016年10月19日の欧州CL第3節のスポルティングCP戦でプロ初得点を決めた。

代表[編集]

各年代のドイツ代表としてプレーしている。2014年にはドイツU-19代表の一員としてU-19EURO優勝に貢献した[3]。2015年9月にはホルスト・ルベッシュが監督を務めるU-21ドイツ代表に招集された[1]

2016年5月17日、UEFA EURO 2016に挑むドイツ代表の候補メンバーに初招集され、同年5月29日に行われたスロバキア代表との国際親善試合でデビュー[1]。同年5月31日に本大会の23人の登録メンバーに選出された[4]

個人成績[編集]

所属クラブ リーグ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 UEFA主催 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
TSV1860ミュンヘン ブンデスリーガ
2013–14 28 14 0 0 0 0 0 14 0
2014–15 24 0 0 0 0 0 24 0
ボルシア・ドルトムント 2015–16 33 30 0 5 0 16 0 51 0
2016-17 30 0 0 0 9 1 39 1
2017-18 25 1 1 0 7 0 33 1
通算 123 0 6 0 32 1 161 1

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 5試合 0得点(2016年 - )[1]


ドイツ代表 国際Aマッチ
出場 得点
2016 4 0
2017 1 0
通算 5 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ボルシア・ドルトムント

脚注[編集]

関連項目[編集]