ビビアナ・シュタインハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビビアナ・シュタインハウス
Bibiana Steinhaus.JPG
個人情報
フルネーム Bibiana Steinhaus
誕生日 (1979-03-24) 1979年3月24日(39歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バート・ラウターベルクドイツ語版
他職業 警察官
国際
リーグ 役割
2005- FIFA選出 審判員
2012年ロンドンオリンピック決勝

ビビアナ・シュタインハウス(Bibiana Steinhaus, 1979年3月24日 - )は、ドイツの女性サッカー審判員。身長181cm、体重73kg。

経歴[編集]

サッカー審判員だった父の影響で16歳で審判となった。

女子ブンデスリーガレギオナルリーガ(4部相当)の審判を経て、2007年にブンデスリーガ2部の審判となり、ドイツの男子プロリーグで主審を務めた初の女性となった[1]

2005年からFIFAの審判員となり、FIFA U-20女子ワールドカップFIFA女子ワールドカップなどで主審を務めている。

2017年にはブンデスリーガ1部の審判員に昇格し、同年9月10日の試合(ヘルタ・ベルリンヴェルダー・ブレーメン戦)で1部リーグの主審としてデビューした。これによりサッカーの欧州主要リーグで主審を務めた史上初の女性となった。[2]

主な担当試合[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]