アリエン・ロッベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アリエン・ロッベン Football pictogram.svg
CSKA-Bavaria (3).jpg
バイエルン・ミュンヘンでのロッベン(2014年)
名前
愛称 ガラスの男
ラテン文字 Arjen Robben
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1984-01-23) 1984年1月23日(38歳)
出身地 ベドゥム
身長 180cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW (WG, CF) / MF (SH)
利き足 左足
ユース
1989-1996 オランダの旗 VVベドゥム
1996-2000 オランダの旗 フローニンゲン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2002 オランダの旗 フローニンゲン 46 (8)
2002-2004 オランダの旗 PSV 56 (17)
2004-2007 イングランドの旗 チェルシー 67 (15)
2007-2009 スペインの旗 レアル・マドリード 50 (11)
2009-2019 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 201 (99)
2020-2021 オランダの旗 フローニンゲン 7 (0)
代表歴2
1999  オランダ U-15 1 (0)
1999-2000  オランダ U-16 11 (4)
2000  オランダ U-17 3 (1)
2001-2002  オランダ U-19 8 (2)
2001-2003  オランダ U-21 8 (1)
2003-2017 オランダの旗 オランダ 96 (37)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月15日現在。
2. 2017年10月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アリエン・ロッベンArjen Robben (オランダ語発音: [ˈɑrjən ˈrɔbə(n)] ( 音声ファイル)), 1984年1月23日 - )は、オランダフローニンゲン州ベドゥム出身の元サッカー選手。元オランダ代表。現役時代のポジションはフォワードミッドフィールダー

日本ではロッペンとも言われる。

クラブ経歴[編集]

オランダ時代[編集]

地元のクラブ、VVベドゥムでサッカーを始める[1]FCフローニンゲン在籍時の2000年、16歳でプロデビュー[2]。レギュラーとしてプレーした後、2002年にPSVへ移籍[3]。ここでも1年目から12得点を挙げ、2002-03シーズンのヨハン・クライフ賞を受賞した[4]

チェルシー[編集]

2004年3月、移籍金1800万ユーロでチェルシーFCに移籍した[5]。また同じ頃、精巣腫瘍を患ったが手術により回復した[6][7]

同年6月から7月のEURO2004の後、プレシーズンマッチで怪我を負い、その影響でプレミアリーグのデビューは11月となった[8]。だが、デビュー早々チームの主力選手として活躍し、同月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞にも輝いている[8]。その後も怪我に悩まされながらも、チェルシーのプレミアリーグ2連覇(2004-05シーズン、2005-06シーズン)に貢献するなど、中心選手として活躍した[8]。本職は4-3-3の左WGながら、2006-07シーズンにはアンドリー・シェフチェンコの加入によりクラブは4-4-2へとシステムを変更。

レアル・マドリード[編集]

レアル・マドリード時代

2007年8月22日、スペインレアル・マドリードに移籍した。5年契約で移籍金3600万ユーロ[9]。膝の故障でシーズンは出遅れたが9月18日のチャンピオンズリーグヴェルダー・ブレーメン戦でデビュー。すぐに左サイドMFのポジションでスターティングメンバーを獲得した。また、EURO2008にも招集された。しかし後述のようにレアル・マドリードでプレーした2シーズンでは負傷が多く、負傷回数は10度に達したとされ[10]、2009年にクラブはクリスティアーノ・ロナウドらを大量補強したため、ロッベン本人は残留を望んでいたものの、その金銭補填のために放出されることになったと後に明かしている[11][12]

バイエルン・ミュンヘン[編集]

2009年8月28日、バイエルン・ミュンヘンに移籍した。移籍金は2500万ユーロの4年契約とされ[13]、ロッベンは背番号10番を背負うこととなった。フランク・リベリーと共に両サイドから攻撃に参加、デビュー戦となったVfLヴォルフスブルク戦で2得点を挙げた。

2010年3月9日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグACFフィオレンティーナ戦ではミドルシュートを決め、また4月7日の準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でもコーナーキックからボレーシュートを決めた。4月17日のハノーファー96戦で自身初のハットトリックを達成した(試合は7-0で勝利)。4月21日のオリンピック・リヨンとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでも決勝点となるミドルシュートを決め決勝進出に貢献した。同大会では決勝でインテル・ミラノに敗れ、準優勝に終わったが、ブンデスリーガではチームトップ・リーグ5位タイの16得点を挙げ、バイエルンの2冠に貢献。シーズン終了後にはドイツ年間最優秀選手に選出された。

2010-11シーズン、2010 FIFAワールドカップでの負傷の影響でチームへの復帰は翌年1月まで遅れたが、リーグ14試合で12得点8アシストを記録した。

2011-12シーズンは2度目のUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすが、延長戦に突入した直後に得たPKをチェフに止められ[14]、古巣チェルシーに敗れ、またも準優勝に終わった。

2012-13シーズン、ブンデスリーガを当時史上最速で優勝すると、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出、同じドイツの最大のライバルであるボルシア・ドルトムントを破って優勝を果たした。 DFBポカールも優勝し、ドイツ史上初の3冠達成に貢献した。同年にはUEFAスーパーカップFIFAクラブワールドカップでも優勝、この年5冠を達成した。

2013-14シーズン、12月のDFBポカールで負傷し、FIFAクラブワールドカップに参加出来ず[15]。2014年3月のシャルケ戦でハットトリックを達成した[16]。DFBポカール決勝のボルシア・ドルトムント戦では先制点を決め勝利に貢献した[17]

2014-15シーズン、12月16日のSCフライブルク戦でバイエルンでの100ゴールを達成した[18]。怪我で約2か月離脱したが[19]、17ゴールを記録、リーグ優勝に貢献した。

2017年1月バイエルンとの契約を1年延長した[20]

2017年11月のドルトムント戦のゴールでバイエルンでの外国人最多ゴール記録を更新、更にブンデスリーガで最多ゴールを記録したオランダ人となった[21][22]

2018年12月、今シーズン限りでバイエルンを退団することを発表した[23]。5月18日リーグ最終戦のフランクフルト戦では交代出場からブンデスリーガ通算99点目となる惜別のゴールを決めた。JリーグやMLSへの移籍が噂されたが、2019年7月、現役引退を発表した[24]。バイエルンではブンデスリーガ通算201試合出場99ゴール62アシスト。8度のブンデスリーガ制覇、5度のDFBポカール制覇、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ制覇に貢献した[24]

FCフローニンゲン [編集]

2020年6月、2020-21シーズンよりFCフローニンゲンで現役復帰をするために、数週間のトレーニングを行っていることが発表された[25]。2020-21シーズン、開幕戦となったPSV戦で先発出場したが、前半29分に負傷交代となった[26][27][28]。復帰戦となった第32節のエメン戦では2アシストを決めた[29]

2021年7月15日、自身のSNSで2度目の現役引退を表明した。

代表経歴[編集]

オランダ代表でプレーするロッベン(EURO 2012デンマーク戦)

オランダ代表としては2003年4月30日に行われたポルトガル代表との国際親善試合でデビュー[30]2006 FIFAワールドカップでは初戦のセルビア・モンテネグロ戦で18分に得点を挙げた。これが決勝点となり、その試合のマン・オブ・ザ・マッチとなった。大会では、6試合に出場して2得点を挙げた。

EURO2008にも招集された。 初戦のイタリア戦では怪我で欠場したものの、第2戦のフランス戦で復帰すると1ゴールを決めフランス相手に4発快勝に大きく貢献した。チームはそのままグループリーグを3戦全勝で首位通過するも決勝トーナメント準々決勝でロシアに延長戦の末敗れベスト8に終わった。

2010 FIFAワールドカップのオランダ代表にも名を連ねたが、大会前のハンガリーとの親善試合でフェイントに失敗しハムストリングを負傷したが、グループリーグ第3戦のカメルーン戦から復帰。決勝トーナメント一回戦のスロバキア戦ではミドルシュートで先制点を挙げ、大会選定のマンオブザマッチに選出される。準決勝のウルグアイ戦ではヘディングで3点目を挙げ、オランダを決勝に導いたもののスペインに0-1で敗戦し、準優勝に終わった。しかし大会後、クラブで行ったメディカルチェックにて太ももの筋断裂が発覚し、これに対しバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長はワールドカップで強行出場を続けさせたとしてオランダ代表を批判した[31]。この怪我への補償として、2012年5月にアリアンツ・アレーナでバイエルンとオランダ代表の親善試合が行われている[32]

EURO2012にも招集された。本戦では優勝候補と目されたが、ドイツポルトガルデンマーク死の組に入り、1勝もあげられず3連敗を喫しグループリーグで敗退した。なお、自身も3試合無得点で終わった。

2014 FIFAワールドカップでもオランダ代表に選出された。本大会ではグループリーグのスペイン戦で2ゴール、オーストラリア戦で1ゴール、合計3得点を挙げオランダの2大会連続での準決勝進出に大きく貢献した。一方で、メキシコ戦では同逆転ゴールとなったPKを得る際にダイブをしたとの疑惑を受けてメキシコ人ファンから激しく批判された[33][34][35]。また3位決定戦のブラジル戦でもPKを奪った。

2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選最終節のスウェーデン戦で自身の2ゴールで2-0と勝利するも、得失点差で予選敗退が決定、代表からの引退を表明した[36]

プレースタイル[編集]

爆発的なスプリント力ゆえに筋肉系のけがが多く、シーズンを通じて稼働できない事もあるが世界屈指のカットイン、ミドルシューターとしての実力もあった[37][38][39]。「オランダ代表の試合がロッベンのワンプレーで決まると言っても過言ではない」という意見もある[40]

評価[編集]

  • プレースタイル故にドイツではフランツ・ベッケンバウアーから「エゴイスト」と批判されたが、彼をプロ・デビューさせたヤン・ファン・ダイクは「アリエンは若い時からずっとエゴイスト。彼にとっては普通の事であり、それが彼の才能。彼がエゴイストであるのが問題なら売るべき。エゴイズムが彼を強くしてるんだから」と語った[41]
  • ユヴェントスGM(ゼネラルマネージャー)のジュゼッペ・マロッタは、「ロッベンは、現時点で間違いなくヨーロッパ最高であるクラブで、堂々とプレーして高い能力を見せている」と高く評価している[42]

私生活[編集]

  • 2004年12月、同年初頭に精巣腫瘍を患い、摘出手術を行なって、病を克服したことを告白している[6][7]
  • 2007年6月に結婚し、現在3児の父親である[43]

個人成績[編集]

2021年7月15日現在
クラブ シーズン リーグ 背番号 リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
フローニンゲン 2000-01 エールディヴィジ - 18 2 0 0 - - - - 18 2
2001-02 - 28 6 6 4 - - - - 34 10
クラブ通算 46 8 6 4 0 0 0 0 52 12
PSV 2002-03 エールディヴィジ 11 33 12 3 0 4 1 1 0 41 13
2003-04 23 6 2 0 8 2 1 1 34 9
クラブ通算 56 18 5 0 12 3 2 1 75 22
チェルシー 2004-05 プレミアリーグ 16 18 7 2 0 5 1 4 1 29 9
2005-06 28 6 4 1 6 0 2 0 40 7
2006-07 21 2 4 0 7 1 4 0 36 3
クラブ通算 67 15 10 1 18 2 10 1 105 19
Rマドリード 2007-08 リーガ・エスパニョーラ 11 21 4 2 1 5 0 0 0 28 5
2008-09 29 7 0 0 6 1 2 0 37 8
クラブ通算 50 11 2 1 11 1 2 0 65 13
バイエルン 2009-10 ブンデスリーガ 10 24 16 3 3 10 4 - - 37 23
2010-11 14 12 2 1 2 0 0 0 18 13
2011-12 24 12 3 2 9 5 - - 36 19
2012-13 16 5 5 4 9 4 1 0 31 13
2013-14 28 11 5 4 10 4 2 2 45 21
2014-15 21 17 2 0 7 2 0 0 30 19
2015-16 15 4 3 0 3 2 1 1 22 7
2016-17 26 13 3 0 8 3 0 0 37 16
2017-18 21 5 4 2 9 0 0 0 34 7
2018-19 12 4 2 0 4 2 1 0 19 6
クラブ通算 201 99 32 16 71 26 5 3 309 144
フローニンゲン 2020-21 エールディヴィジ 10 7 0 0 0 - - - - 7 0
キャリア通算 427 151 55 22 112 32 19 5 613 210

試合数[編集]

国際Aマッチ 96試合 37得点(2003年 - 2017年)


オランダ代表国際Aマッチ
出場得点
2003 3 1
2004 8 2
2005 6 3
2006 10 2
2007 4 0
2008 6 2
2009 8 1
2010 7 4
2011 1 0
2012 10 2
2013 11 5
2014 12 6
2015 2 2
2016 1 1
2017 7 6
通算 96 37

得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1. 2003年10月11日 オランダの旗 アイントホーフェン  モルドバ 5–0 5–0 UEFA EURO 2004予選
2. 2004年2月18日 オランダの旗 アムステルダム  アメリカ合衆国 1–0 1–0 親善試合
3. 2004年11月17日 スペインの旗 バルセロナ  アンドラ 0–2 0–3 2006 FIFAワールドカップ予選
4. 2005年6月4日 オランダの旗 ロッテルダム  ルーマニア 1–0 2–0
5. 2005年8月17日 オランダの旗 ロッテルダム  ドイツ 1–0 2–2 親善試合
6. 2–0
7. 2006年6月11日 ドイツの旗 ライプツィヒ  セルビア・モンテネグロ 0–1 0–1 2006 FIFAワールドカップ
8. 2006年8月16日 アイルランドの旗 ダブリン  アイルランド 0–2 0–4 親善試合
9. 2008年6月1日 オランダの旗 ロッテルダム  ウェールズ 2–0 2–0
10. 2008年6月13日 スイスの旗 ベルン  フランス 3–1 3–1 UEFA EURO 2008
11. 2009年6月10日 オランダの旗 ロッテルダム  ノルウェー 2–0 2–0 2010 FIFAワールドカップ予選
12. 2010年6月5日 オランダの旗 アムステルダム  ハンガリー 3–1 6–1 親善試合
13. 6–1
14. 2010年6月28日 南アフリカ共和国の旗 ダーバン  スロバキア 1–0 2–1 2010 FIFAワールドカップ
15. 2010年7月6日 南アフリカ共和国の旗 ケープタウン  ウルグアイ 1–3 2–3
16. 2012年2月29日 イングランドの旗 ロンドン  イングランド 0–1 2–3 親善試合
17. 2–3
18. 2013年6月7日 インドネシアの旗 ジャカルタ  インドネシア 0–3 0–3
19. 2013年9月6日 エストニアの旗 タリン  エストニア 0–1 2–2 2014 FIFAワールドカップ予選
20. 2013年10月11日 オランダの旗 アムステルダム  ハンガリー 8–1 8–1
21. 2013年10月15日 トルコの旗 イスタンブール  トルコ 0–1 0–2
22. 2013年11月16日 ベルギーの旗 ヘンク  日本 2–0 2–2 親善試合
23. 2014年6月4日 オランダの旗 アムステルダム  ウェールズ 1–0 2–0
24. 2014年6月13日 ブラジルの旗サルヴァドール スペインの旗 スペイン 1-2 1-5 2014 FIFAワールドカップ
25. 1-5
26. 2014年6月18日 ブラジルの旗 ポルト・アレグレ  オーストラリア 0–1 2–3
27. 2014年11月16日 オランダの旗 アムステルダム  ラトビア 2–0 6–0 UEFA EURO 2016予選
28. 5–0
29. 2015年11月13日 ウェールズの旗 カーディフ  ウェールズ 1–2 2–3 親善試合
30. 2–3
31. 2016年11月13日 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク市  ルクセンブルク 0–1 1–3 2018 FIFAワールドカップ予選
32. 2017年6月4日 オランダの旗 ロッテルダム  コートジボワール 5–0 5–0 親善試合
33. 2017年6月9日  ルクセンブルク 1–0 5–0 2018 FIFAワールドカップ予選
34. 2017年9月3日 オランダの旗 アムステルダム  ブルガリア 2–0 3–1
35. 2017年10月7日 ベラルーシの旗 ボリソフ  ベラルーシ 1–2 1–3
36. 2017年10月10日 オランダの旗 アムステルダム  スウェーデン 1–0 2–0
37. 2–0

代表歴[編集]

出場大会[編集]

タイトル[編集]

チェフとともに05-06シーズンプレミアリーグ優勝トロフィーを持つロッベン

クラブ[編集]

PSVアイントホーフェン
チェルシー
レアル・マドリード
バイエルン・ミュンヘン

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.onsoranje.nl/nieuws/artikel/1696/de-roots-van-arjen-robben?type=team
  2. ^ http://www.fcgroningen.nl/home/nieuws/nieuwsbericht/artikel/fc-groningen-wint-in-spektakelstuk-van-koploper-feyenoord/
  3. ^ http://www.vi.nl/nieuws/arjen-robben-tekent-bij-psv.htm
  4. ^ http://www.cruyff-foundation.org/en/johan-cruyff-award/
  5. ^ Chelsea sign Robben - BBC News (英語) BBC 2004.3.2付記事
  6. ^ a b Robben reveals his cancer scare (英語) BBC 2004.12.9付記事
  7. ^ a b John Ley, Robben tells of trauma over his cancer scare (英語) デイリー・テレグラフ
  8. ^ a b c “Arjen Robben”. ChelseaFC.com.. オリジナルの2006年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061219232149/http://www.chelseafc.com/page/ThePlayers/0,,10268~28226,00.html 2015年12月27日閲覧。 
  9. ^ Robben determined to prove his worth - ABC News (英語) ABC 2007.8.24付記事
  10. ^ ベイル、カカ、ロッベン…レアルで負傷多発の10選手を地元紙が列挙 SocccerKING 2016年2月12日
  11. ^ ロッベン:「マドリーの状況はバカげていた」 Goal.com 2010年5月18日
  12. ^ ロッベン、レアルからバイエルンへの移籍を振り返る「クラブは僕を売りたがっていた」 Goal.com 2017年1月3日
  13. ^ Bayern seal 25 million euro move for Arjen Robben | Sports | DW.COM (英語) DW 2009.8.28付記事
  14. ^ ロッベンがまたもPK失敗…バイエルンは今季3度目の準V”. web.gekisaka. 2020年10月1日閲覧。
  15. ^ “Robben to miss Club World Cup through injury”. Marca. (2013年12月5日). http://www.marca.com/2013/12/05/en/football/international_football/1386274806.html 2014年3月10日閲覧。 
  16. ^ “Five-star Bayern make Schalke suffer”. Bundesliga. (2014年3月1日). http://www.bundesliga.com/en/liga/news/2013/0000287253.php 2014年3月10日閲覧。 
  17. ^ “Borussia Dortmund 0–2 Bayern Munich”. BBC. (2014年5月17日). http://www.bbc.com/sport/0/football/27446201 2014年5月18日閲覧。 
  18. ^ Gill, Kieran (2014年12月16日). “Bayern Munich 2–0 SC Freiburg: Arjen Robben hits 100th goal”. Mail Online. 2014年12月21日閲覧。
  19. ^ “Bayern's options without Robben, Lewandowski”. UEFA. (2015年4月29日). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2241274.html 
  20. ^ “Robben signs one-year contract extension”. FC Bayern. (2017年1月16日). https://fcbayern.com/en/news/2017/01/press-release-robben-signs-one-year-contract-extension 2017年1月16日閲覧。 
  21. ^ Robben sets new record”. FC Bayern Munich. 2018年8月18日閲覧。
  22. ^ Borussia Dortmund 1 Bayern Munich 3: Change in fortunes underlined as Bavarians extend Bundesliga lead”. Goal.com. 2018年8月18日閲覧。
  23. ^ 34歳のMFロッベン、今季でバイエルン退団を発表…ブンデスで98得点を記録 サッカーキング(2018年12月9日)
  24. ^ a b バイエルン退団のロッベン、現役引退を発表…レアル、チェルシーでも活躍 サッカーキング(2019年7月5日)
  25. ^ Arjen Robben maakt comeback bij FC Groningen”. www.fcgroningen.nl (2020年6月27日). 2020年6月28日閲覧。
  26. ^ 電撃復帰のFWロッベン、初戦29分で負傷退場”. 日刊スポーツ (2020年9月14日). 2020年10月1日閲覧。
  27. ^ ロッベン、復帰戦は無念の負傷交代…板倉フル出場のフローニンゲンはPSVに敗戦”. サッカーキング (2020年9月14日). 2020年10月15日閲覧。
  28. ^ ロッベン、現役復帰後初の公式戦は無念の負傷交代”. SPORT.es.jp (2020年9月14日). 2020年10月15日閲覧。
  29. ^ 37歳ロッベンが復活の2アシスト”. フットボールチャンネル (2021年5月10日). 2021年6月17日閲覧。
  30. ^ Arjen Robben - International Appearances”. The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2016年10月26日閲覧。
  31. ^ FCBにショック!ロッベン、長期離脱 B.ミュンヘン オフィシャルサイト
  32. ^ FCバイエルン、オランダサッカー協会と合意 B.ミュンヘン オフィシャルサイト
  33. ^ http://www.voetbalprimeur.nl/nieuws/389249/mexico-haat-valsspeler-voor-robben-is-mexico-nu-een-no-go-area-.html
  34. ^ http://www.telegraaf.nl/opmerkelijk/24212299/__Mexicaan_treurt_al_een_jaar_over_schwalbe_Robben__.html
  35. ^ http://www.goal.com/de/news/965/wm-2014/2014/06/30/4925878/robben-entschuldigt-sich-f%C3%BCr-schwalbe-das-war-dumm
  36. ^ アリエン・ロッベンがオランダ代表を引退 Kicker日本語版 2017年10月11日
  37. ^ アリエン・ロッベン jiji.com
  38. ^ 右45度の恐怖…ロッベン、抜群のシュート精度 YOMIURI ONLINE
  39. ^ (4)FW アリエン・ロッベン(オランダ)…輝き増したドリブラー YOMIURI ONLINE
  40. ^ 【W杯キープレーヤー解体新書】アリエン・ロッベン|単独で試合を決められる世界最強のウイング soccerdigest 2014年
  41. ^ http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/buitenlands/20873195/__Van_Dijk__Robben_altijd_een_egoist__.html
  42. ^ サンチェス、ロッベンの獲得の可能性について goal com 2013年
  43. ^ Arjen Robben - B.ミュンヘン オフィシャルサイト

外部リンク[編集]