クラウディオ・ボルギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はボルギ第二姓(母方の)はビドスです。
クラウディオ・ボルギ Football pictogram.svg
ClaudioBorghi.jpg
名前
本名 クラウディオ・ダニエル・ボルギ・ビドス
Claudio Daniel Borghi Bidos
愛称 El Bichi (エル・ビチ)
ラテン文字 Claudio BORGHI
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1964-09-28) 1964年9月28日(52歳)
出身地 カステラルスペイン語版
身長 182cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1987 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス・ジュニアーズ 39 (8)
1987-1988 イタリアの旗 ミラン 0 (0)
1987 イタリアの旗 コモ (loan) 7 (0)
1988 スイスの旗 ヌーシャテル・ザマックス  ? (?)
1988-1989 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 21 (1)
1989 ブラジルの旗 フラメンゴ 6 (0)
1990 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 12 (1)
1990-1991 アルゼンチンの旗 ウニオン 7 (1)
1991 アルゼンチンの旗 ウラカン 22 (1)
1992 チリの旗 コロコロ  ? (?)
1992-1993 アルゼンチンの旗 プラテンセ 12 (0)
1994 メキシコの旗 UAT 10 (0)
1995 チリの旗 オヒギンス  ? (?)
1995-1998 チリの旗 アウダックス・イタリアーノ  ? (?)
1998-1999 チリの旗 サンティアゴ・ワンダラーズ 6 (0)
代表歴
1985-1986 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 9 (1)
監督歴
2004-2005 チリの旗 アウダックス・イタリアーノ
2006-2008 チリの旗 コロコロ
2008 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
2008-2010 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス・ジュニアーズ
2010 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
2011-2012 チリの旗 チリ
2014 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス・ジュニアーズ
2016 エクアドルの旗 LDUキト
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラウディオ・ダニエル・ボルギ・ビドスClaudio Daniel Borghi Bidos, 1964年9月28日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。アルゼンチン代表であった。選手時代のポジションは攻撃的ミッドフィールダー。巧みなドリブル突破とラボーナを駆使した意外性のあるプレーが特徴である。

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

アルヘンティノス在籍時のボルギ

1980年代初頭にAAアルヘンティノス・ジュニアーズからデビュー。アルゼンチン期待の若手選手とされ、ディエゴ・マラドーナの後継者と評価された。プリメーラ・ディビシオンではメトロポリターノ1984とナシオナル1985で2度優勝。1985年にはコパ・リベルタドーレスに出場し、決勝でアメリカ・デ・カリ(コロンビア)を破って優勝した。年末には日本で開催されたインターコンチネンタルカップに出場。ユヴェントスFC(イタリア)に敗れたが、ACミラン(イタリア)のシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の興味を惹き、1987年にACミランに移籍した。オランダ代表マルコ・ファン・バステンルート・フリットとチームメイトとなったが、当時のセリエAでは外国人選手が2人までしか許されておらず、1987-88シーズンはカルチョ・コモにレンタル移籍した。1988年、外国人選手の最大人数が3人に増やされたが、ミランのアリゴ・サッキ監督は、ベルルスコーニ会長が望んだボルギのミラン復帰ではなく、オランダ代表のフランク・ライカールトとの契約を優先した。

1988年にはスイスのヌーシャテル・ザマックスに短期間在籍し、その後は南米に戻ってCAリーベル・プレートCRフラメンゴ(ブラジル)、CAインデペンディエンテなどでプレーし、フラメンゴではコパ・ド・ブラジルのタイトルを獲得した。1992年にチリのCSDコロコロに移籍すると、同年にはレコパ・スダメリカーナコパ・インテルアメリカーナで優勝。その後もチリのクラブを渡り歩き、CDサンティアゴ・ワンダラーズスペイン語版でのプレーを最後に1999年に現役引退した。

代表[編集]

1985年にアルゼンチン代表デビュー。1986年にはメキシコで開催されたFIFAワールドカップに出場し、ディエゴ・マラドーナホルヘ・バルダーノオスカル・ルジェリらとともに戦った。この大会は「マラドーナのための大会」と呼ばれ、優勝したチームで2試合に出場した。

指導者時代[編集]

チリでの指導者経歴[編集]

現役引退後はチリで指導者の道に進み、2004年から2005年にはアウダックス・イタリアーノを指揮した。2006年にはCSDコロコロの監督に就任し、同年から翌年にかけてプリメーラ・ディビシオンで4連覇を果たした。2006年のコパ・スダメリカーナでは、決勝でCFパチューカ(メキシコ)に敗れたものの、同年の南米年間最優秀監督賞を受賞した[1]

インデペンディエンテ[編集]

2008年6月にはアルゼンチンに復帰し、CAインデペンディエンテの監督に就任。過去10年で19人目の監督であった[2]。しかし、アペルトゥーラ2008では成果を挙げられず、CAウラカンに0-1で敗れた後の10月5日に辞任した。インデペンディエンテでは17試合を指揮し、4勝9分4敗の成績だった[3]

アルヘンティノス[編集]

2009年6月、選手としてデビューしたAAアルヘンティノス・ジュニアーズの監督に就任。しかし、クラウスーラ2009では19試合で2勝しかできず、最下位という成績に終わった。アペルトゥーラ2009ではチームを6位に導き、過去3シーズンの成績によって決まるプリメーラB・ナシオナル(2部)降格を免れた。クラウスーラ2010では、第2節のCAラヌース戦で6-3という大勝を挙げた。開幕から5試合でラヌース戦の1勝しかできず、1勝2分2敗とスタートダッシュに失敗したが、第6節のエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ戦に勝利し、この試合から最終節まで14試合連続無敗という快進撃を続けた。優勝を争うライバルのインデペンディエンテと対戦した第18節では、1-3の劣勢から4-3と逆転(うち2点は後半ロスタイムの得点)し、首位で最終節を迎えた。アウェーのエスタディオ・トマス・アドルフォ・ドゥコスペイン語版で行われた最終節では、CAウラカンに2-1で勝利し、25年ぶりの優勝を果たした。2位のエストゥディアンテスとは勝ち点1差だった。アルヘンティノスでは選手時代に4個のタイトルを獲得しており、通算5個目のタイトルとなった。わずか1年前には最下位だったチームを大変換させて優勝し、同年のコパ・スダメリカーナの出場権と2011年のコパ・リベルタドーレスの出場権を獲得した。しかし、優勝決定後にアルヘンティノスを離れる決断を下した。

ボカ[編集]

2010年5月21日、ボカ・ジュニアーズ監督に就任した[4]。しかし、アペルトゥーラ2010では公式戦14試合で勝ち点17しか獲得できず、さらに、CAリーベル・プレートとのスーペルクラシコに0-1で敗れて順位を15位まで落としたため、11月17日に辞任した[5]

チリ代表[編集]

2011年2月24日、マルセロ・ビエルサ監督の後任としてチリ代表監督に就任。年俸は150万USドル。契約は2014 FIFAワールドカップ・南米予選までであり、本大会出場を決めた場合は契約が自動的に延長される。2012年11月14日、チリサッカー連盟のセルヒオ・ハデウ会長は成績不振によるボルギ監督の解任を発表した。南米予選の5連敗を含めて6連敗中だった。

指導者としての記録[編集]

チーム 就任 退任 記録
試合数 勝利 引分 敗北 勝率 得点 失点 点差
チリ| align=left|2011年2月24日 2012年11月14日 27 11 5 11 46.9 40 40 0

タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

アルヘンティノス・ジュニアーズ
フラメンゴ
コロコロ

代表[編集]

アルゼンチン代表

指導者時代[編集]

コロコロ
アルヘンティノス・ジュニアーズ

脚注[編集]

  1. ^ CFパチューカは南米サッカー連盟が管轄するクラブではなく、招待クラブ扱いだった
  2. ^ Borghi the latest to try reviving Independiente ESPNsoccernet
  3. ^ Dijo basta - Futbolargentino ESPN Deportes(スペイン語)
  4. ^ Yo no sé por qué me trajeron acá...”. Diario Olé (2010年5月20日). 2010年5月26日閲覧。(スペイン語)
  5. ^ El decepcionante adiós de Borghi”. Cancha Llena. 2010年11月17日閲覧。(スペイン語)

外部リンク[編集]