ルイス・ヒメネス (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・ヒメネス Football pictogram.svg
Luis Mago Jimenez.jpg
名前
本名 ルイス・アントニオ・ヒメネス・ガルシア
ラテン文字 Luis Antonio Jiménez Garcés
基本情報
国籍 チリの旗 チリ
生年月日 1984年6月17日(29歳)
出身地 サンティアゴ
身長 182cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ・ドバイ
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足
代表歴2
2004- チリの旗 チリ 26 (2)
2. 2012年1月2日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ルイス・アントニオ・ヒメネス・ガルシアLuis Antonio Jiménez Garcés, 1984年6月17日 - )は、チリサンティアゴ出身の同国代表サッカー選手である。アル・アハリ・ドバイ所属。ポジションはMFオフェンシブハーフ)。

母国で確固たる評価を確立せずにヨーロッパのトップリーグであるセリエAで成功したという点で、珍しいキャリアの持ち主である。ニックネームは魔術師(El Mago)。ルイス・フィーゴをして「テクニックは既に完成されている」と言わしめるほどのテクニックを持つ。利き足の右足だけでなく、左足も使うことができる。

来歴[編集]

クラブ[編集]

ヒメネスのイタリアにおけるキャリアはテルナーナ・カルチョから始まり、2002年から2005年まで88試合に出場し、24ゴールをあげた。2006年の冬の移籍市場で、ACFフィオレンティーナに共同保有選手として移籍する。フィオレンティーナでは主に右のウイングとしてプレイするが、時にセンターフォワードもつとめた。フィオレンティーナでは19試合に出場し、3ゴールを挙げた。

2006年6月末、テルナーナはフィオレンティーナから共同保有権を買い戻したが、テルナーナは06/07シーズンはセリエC1でのプレイが決まっていたため、セリエAのフィオレンティーナで活躍したヒメネスがテルナーナに残ることはありえなかった。セリエAのSSラツィオから買い取りオプション付きのレンタル移籍オファーが届いたが、テルナーナは自チームの4選手の給与の支払いなどを要求したため、交渉は決裂した。ヒメネスはチームに残ることになったが、テルナーナの措置を不満に思い国際サッカー連盟(FIFA)に提訴、「テルナーナではプレイしない」と述べた。2007年1月15日、ラツィオは最終的に1100万ユーロでのレンタル移籍に同意し、ヒメネスは同月27日のUSチッタ・ディ・パレルモ戦に出場した。

ウェストハム時代のヒメネス

2007年7月15日、インテル・ミラノへのレンタル移籍が締結された。ヒメネスはUEFAチャンピオンズリーグフェネルバフチェSK戦でインテルにおけるファースト・ゴールを記録、12月の古巣・フィオレンティーナ戦でもゴールを決めた。さらに古巣のラツィオ戦では1アシストを記録した他、オフサイドで無効となったが1ゴールを決め、さらにファウルで無効となったがもう1アシストを達成する活躍をみせた。2008-09シーズンからはインテルへ共同保有で移籍。しかしわずか6試合の出場にとどまり、チリ代表にも招集されないようになる。

シーズン終了後の2009年6月、イングランドプレミアリーグウェストハム・ユナイテッドFCへのレンタル移籍が発表された。同年8月15日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦でプレミアリーグデビュー。11月25日のバーンリーFC戦ではプレミア初得点を記録した。2010年1月、パルマFCへレンタル移籍しイタリアに復帰した。

2010年6月26日、テルナーナに復帰し、8月31日、ACチェゼーナにレンタル移籍した。2011年6月29日、UAEリーグアル・アハリ・ドバイに4年契約で移籍した。

代表[編集]

代表戦のデビューは、2004年4月28日のペルー戦である。2005年6月4日には、マルセロ・サラスの代表における35ゴール目をアシストした。初ゴールはワールドカップ予選ボリビア戦で達成し、4日後のベネズエラ戦でもゴールを記録した。キャプテンを務めていた時期もあった。2005-06シーズンには、チリのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 SSラツィオ 2007 (loan)
イタリアの旗 インテルナツィオナーレ・ミラノ 2007-2008 (loan)
イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFC 2009-2010
イタリアの旗 パルマFC 2010
イタリアの旗 ACチェゼーナ 2010-2011 (loan)

外部リンク[編集]