フィリップ・クリスタンヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィリップ・クリスタンヴァル Football pictogram.svg
名前
本名 フィリップ・シャルル・リュシアン・クリスタンヴァル
Philippe Charles Lucien Christanval
ラテン文字 Philippe CHRISTANVAL
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1978-08-31) 1978年8月31日(39歳)
出身地 パリ
身長 189cm
体重 89kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2001 モナコの旗 ASモナコ 81 (1)
2001-2003 スペインの旗 FCバルセロナ 32 (0)
2003-2005 フランスの旗 マルセイユ 13 (0)
2005-2008 イングランドの旗 フラムFC 36 (1)
代表歴2
2000-2002 フランスの旗 フランス 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2008年3月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フィリップ・シャルル・リュシアン・クリスタンヴァルPhilippe Charles Lucien Christanval, 1978年8月31日 - )は、フランスの元サッカー選手。ポジションは主にディフェンダー

同じフランス国籍のサッカー選手、リリアン・テュラムの故郷であるグアドループ諸島にルーツを持つ。

経歴[編集]

ASモナコの下部組織出身。1997年ワールドユース選手権マレーシア大会にU-20フランス代表として出場した経験がある。

1999年、モナコのジャン・ティガナ監督(当時)に認められてトップチームに昇格。プロ1年目でクラブのリーグタイトル獲得を経験し、その後も主力選手として順調にキャリアを重ね、UEFAチャンピオンズリーグにも数試合出場した。2000年10月7日には、対南アフリカ戦でフランス代表デビューも飾った。

モナコでの活躍で国内外から注目を集め、2001年6月に650万ポンド(約11億円)の移籍金でスペインFCバルセロナへ移る。移籍初年度こそ出場機会は得られたものの、フィードに正確性を欠き、凡ミスが目立つなどファン・ハール監督の信頼を得られず、2002-03シーズンは度重なる怪我の影響もあって、主力メンバーから外される失意のシーズンを過ごした。同年開催されたワールドカップ日韓大会のフランス代表メンバーには、マルセル・デサイーフランク・ルブフのバックアップとして名を連ねた。

W杯終了後フランスに戻り、オリンピック・マルセイユに入団。2シーズンを過ごしたが出場はわずか13試合に留まり、2005年に自由契約となる。同オフ、新たな活動の場を求めてイングランドアーセナルFCの入団テストを受ける。正式契約には至らなかったが、同じロンドンに本拠地を構えるフラムFCと3年契約を結んだ。

フラムのクリス・コールマン監督にその状況判断能力を高く評価され、イングランドでのデビュー戦では守備的ミッドフィールダーボランチ)として出場。不慣れなポジションながら、パパ・ブバ・ディオプセネガル代表)と息の合ったプレーを披露した。その後もコンスタントに出場を重ね、チームのディフェンスの要となっている。

2009年4月9日、所属するクラブが見つからなかったため現役引退を表明[1]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

  • ASモナコ
リーグ・アン 2000

脚注[編集]

  1. ^ beendet Karriere (フランス語)