パトリス・エヴラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パトリス・エヴラ Football pictogram.svg
Patrice Evra Euro 2012.jpg
フランス代表でのエヴラ (2012年)
名前
本名 パトリス・ラティール・エヴラ
Patrice Latyr Evra[1]
ラテン文字 Patrice EVRA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
セネガルの旗 セネガル
生年月日 (1981-05-15) 1981年5月15日(37歳)
出身地 セネガルの旗 セネガル ダカール
身長 173cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション DF (LSB)
背番号 -
利き足 左足
ユース
1992-1993 フランスの旗 レ・ジュリス
1993-1997 フランスの旗 ブレティニー
1997-1998 フランスの旗 パリ・サンジェルマン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999 イタリアの旗 マルサラ 24 (3)
1999-2000 イタリアの旗 モンツァ 3 (0)
2000-2002 フランスの旗 ニース 40 (1)
2002-2006 モナコの旗 モナコ 120 (2)
2006-2014 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 273 (7)
2014-2017 イタリアの旗 ユヴェントス 53 (3)
2017 フランスの旗 マルセイユ 10 (1)
2018 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド 5 (0)
代表歴2
2002-2003 フランスの旗 フランス U-21 11 (0)
2003- フランスの旗 フランス 81 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年8月11日現在。
2. 2016年11月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パトリス・エヴラPatrice Latyr Evra, 1981年5月15日 - )は、セネガルダカール出身、フランスサッカー選手。無所属。ポジションは主に左サイドバック。左サイドであればミッドフィルダーでプレーすることもある。

経歴[編集]

パリ・サンジェルマンFCのユース組織から選手生活を始める。イタリアのクラブを転々とした後、当時リーグ・ドゥに所属していたOGCニースに移籍。その昇格に貢献するなどしてフランスリーグ内での評価を高め、2001-2002シーズン終了後にはディディエ・デシャン監督率いるASモナコに移籍した。移籍した最初のシーズンから同じ左サイドを主戦場とするジェローム・ロタンとのコンビネーションで大車輪の活躍を見せ、2003-2004シーズンでのチャンピオンズリーグ準優勝の主力メンバーにも名を連ねた。

シーズン終了後は数々の移籍話にも拘わらず残留を選択したが、師と慕ったディディエ・デシャンの2005-06シーズン途中での辞任もきっかけになったのか冬の移籍市場で移籍を決断。2006年1月10日に推定移籍金550万ポンドイングランドの名門、マンチェスター・ユナイテッドFCに移籍し、イングランドの地で新たな挑戦を始めることとなった。移籍後は同じ左SBのガブリエル・エインセとスタメン争いを演じた。エインセはレギュラー争いに敗れる形で2007年レアル・マドリードに移籍。

ここまでの活躍が認められてフランス代表に選出され、2004年8月16日の対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で初出場を飾る。

2006年11月29日エヴァートンFC戦でオーバーラップからのプレミアリーグ初得点を記録。

ユナイテッドでの活躍が評価されUEFA EURO 2008フランス代表のメンバーに選出。本大会中にエリック・アビダルからレギュラーを奪取した。2010 FIFAワールドカップではティエリ・アンリに代わりキャプテンを務めたが、後述の首脳陣との対立、練習のボイコットなどもありチームは1勝もできぬままグループリーグで敗退した。その後、主将として練習のボイコットを主導したとしてフランスサッカー連盟から5試合の出場停止処分が課され、エヴラはこれに抗議をしたが認められなかった[2]。その後、2011年3月17日に代表に復帰した[3]

2014年7月21日に120万ポンドでユヴェントスへ移籍した[4]。 チームはセリエA、コッパ・イタリアを制して2冠を達成し、チャンピオンズリーグでも決勝進出を果たすが、自身は終盤に負傷交代となり準優勝で敗退。これによりチャンピオンズリーグ決勝で敗れた回数が4回となり、個人としては単独最多を記録した。

2016-17シーズンは、アレックス・サンドロの後塵を拝しスタメンから外れることが多かった。2017年1月、オリンピック・マルセイユ移籍が決定[5][6]。2017年11月2日にヴィトーリア・ギマランエスとの試合で、試合前に味方サポーターにキックを見舞い、試合前にレッドカードを受け退場するという珍事件を起こした。この事件を受けてマルセイユは11月10日付でエヴラを解雇[7]、またUEFAも同日、2018年6月30日までの出場停止と罰金の処分を発表した[8]

2018年2月7日、ウェストハム・ユナイテッドFCと2018年6月までの短期契約を締結した[9]

エピソード[編集]

  • 陽気な人柄でチームのムードメーカーとしても知られているが、歯に衣着せぬ発言で物議を醸すことも多い。

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ASモナコ
マンチェスター・ユナイテッドFC
ユヴェントスFC

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Premier League clubs submit squad lists (PDF) (英語)
  2. ^ エブラ、出場停止への異議認められずGoal.com 2010年9月10日
  3. ^ “ナイズナの反乱組”の復帰でフランスの“復興”が最終段階へ Livedoorスポーツ 2011年3月23日
  4. ^ Evra è bianconeroJuventus.com 2014年7月21日
  5. ^ Official: Evra joins Olympique Marseille”. Football Italia (2017年1月25日). 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ Patrice Evra: French full-back joins Marseille from Juventus”. BBC Sport (2017年1月25日). 2017年1月26日閲覧。
  7. ^ L’Olympique de Marseille et Patrice Evra cessent leur collaborationオリンピック・マルセイユ 2017年11月10日
  8. ^ マルセイユ、ファンにハイキックを見舞ったエブラを解雇...UEFAも来年6月までの出場停止を発表GOAL 2017年11月11日
  9. ^ West Ham sign Premier League great Patrice EvraWest Ham United Official Website 2018年2月8日

外部リンク[編集]