ルシアーノ・フィゲロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフィゲロア第二姓(母方の)はエレーラです。
ルシアーノ・フィゲロア Football pictogram.svg
名前
本名 ルシアーノ・ガブリエル・フィゲロア・エレーラ
Luciano Gabriel Figueroa Herrera
愛称 ルチョ
ラテン文字 Luciano FIGUEROA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1981-05-19) 1981年5月19日(35歳)
出身地 ロサリオ
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 57 (35)
2003 イングランドの旗 バーミンガム・シティ 1 (0)
2004 メキシコの旗 クルス・アスル 33 (21)
2004-2006 スペインの旗 ビジャレアル 26 (5)
2006 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート (loan) 7 (3)
2006-2010 イタリアの旗 ジェノア 23 (3)
2008-2009 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ (loan) 17 (7)
2010-2011 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 38 (12)
2011-2012 エクアドルの旗 エメレク 34 (14)
2013 ギリシャの旗 パナシナイコス 15 (6)
2014-2015 マレーシアの旗 ジョホール・ダルル・タクジム 36 (23)
代表歴
2004-2005 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 15 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルシアーノ・ガブリエル・フィゲロア・エレーラ(Luciano Gabriel Figueroa Herrera, 1981年5月19日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

地元の名門CAロサリオ・セントラルで2001年にキャリアをスタート。同期のセサル・デルガドとのコンビでスタメンに定着、2003年後期リーグでは得点王に輝く。2003年にイングランドプレミアリーグバーミンガム・シティFCへ移籍。このときスペインCAオサスナとの2重契約が発覚するが、無事にバーミンガムへの移籍が成立した。だが出場は1試合のみに終わり冬には契約破棄されるという、自他共に認める大失敗となった。その後メキシコクルス・アスルへと移籍。かつての同僚セサル・デルガドとの再会は復活のきっかけとなり、33試合で21得点を記録。またこの頃アルゼンチン代表に招集され始める。

2004年秋にスペインのビジャレアルCFに移籍。多くのアルゼンチン人が在籍していたこともあり早々と適応した。2005-06シーズンはビジャレアル初出場となったUEFAチャンピオンズリーグの予選第3戦エヴァートンFC戦で先制点を決め、クラブ史に残るゴールとなった。その一方で出場機会は減少、2006年ドイツW杯の代表メンバーに入るため母国のCAリーベル・プレートへと活躍の場を求めてレンタル移籍した。3年ぶりの後期リーグでは7試合で3得点と調子も良かったが、左膝の十字靱帯を負傷する大怪我を負い念願のW杯は絶望となった。

2006年8月、イタリアのジェノアCFCに移籍。怪我の影響が長引き、2006-07シーズンは試合出場ゼロに終わった。2008年9月29日、マルティン・パレルモが大怪我を負ったため限定的に補強が許されたボカ・ジュニアーズへとレンタル移籍した。11月23日のサンマルティン・トゥクマン戦で初ゴールを決めた。ボカでは期待以上の活躍を見せたが、ボカ側が完全移籍に必要な150万ユーロが払えず、ジェノアに復帰することとなった。

ジェノアではEL杯で2ゴールを上げる活躍を見せるものの、出場機会を得るには至らず、2010年1月にデビューチームであり、彼の愛するCAロサリオ・セントラルに移籍した。

2011年にはエクアドルのCSエメレクに移籍。2013年にはギリシャのパナシナイコスFCに移籍。2014年にマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムFCに移籍し、2015年選手を引退した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ボカ・ジュニアーズ
ジョホール・ダルル・タクジム

代表[編集]

アルゼンチン代表

個人[編集]

外部リンク[編集]