フアン・パブロ・カリーソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フアン・パブロ・カリーソ Football pictogram.svg
Juan Pablo Carrizo.jpg
2008年のカリーソ
名前
愛称 カリ
ラテン文字 Juan Pablo CARRIZO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1984-05-06) 1984年5月6日(33歳)
出身地 ビジャ・コンスティトゥシオンスペイン語版
身長 187cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 CFモンテレイ
ポジション GK
利き足 右足
ユース
2001-2005 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 69 (0)
2008-2013 イタリアの旗 ラツィオ 25 (0)
2009-2010 スペインの旗 レアル・サラゴサ (loan) 16 (0)
2010-2011 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート (loan) 34 (0)
2012 イタリアの旗 カターニア (loan) 14 (0)
2013-2017 イタリアの旗 インテル 9 (0)
2017- メキシコの旗 モンテレイ 0 (0)
代表歴
2007-2012 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 12 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フアン・パブロ・カリーソJuan Pablo Carrizo, 1984年5月6日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ビジャ・コンスティトゥシオンスペイン語版出身のサッカー選手である。CFモンテレイ所属。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

アルゼンチン時代

2006年ティロ・フェデラルスペイン語版戦でリーベル・プレートのトップチームデビュー。アルゼンチン代表経験のあるヘルマン・ルクスからポジションを奪取し、正GKに定着した。

ラツィオ

2007年夏にイタリアラツィオへ移籍した。引退した元イタリア代表アンジェロ・ペルッツィの後継者として期待されていたが、信じられないミスを連発してフェルナンド・ムスレラに正GKの座を奪われてしまった。2009年7月24日レアル・サラゴサレンタル移籍。サラゴサでは序盤戦からレギュラーを務めていたが、年明け以降はアトレティコ・マドリードから加入したロベルト・ヒメネスにレギュラーを奪われた。

2010年7月7日、古巣リーベル・プレートにレンタルで復帰。正GKとして活躍したが、チームは史上初となるプリメーラB・ナシオナルへ降格するなど、散々な1年を経験した。

2011年6月30日にレンタル元のラツィオに復帰。ムスレラは既にトルコガラタサライに移籍していたが、後釜としてカリアリから加入したフェデリコ・マルケッティアルバノ・ビサーリが在籍していたため、ベンチ外の日々が続いた。

冬の移籍市場では本田圭佑とのトレードでCSKAモスクワへの移籍が噂されていたが[1]2012年1月31日に、エストゥディアンテスへレンタル移籍した同胞のマリアーノ・アンドゥハルの後釜としてカターニアへレンタル移籍。移籍後は定位置を確保した。シーズン終了後にラツィオへ復帰したが、前シーズンと同様に第3GK扱いとなり出番はなかった。

インテル

2013年1月31日ルカ・カステラッツィの負傷によりGK不足となっていたインテルへレンタル移籍[2]サミール・ハンダノヴィッチの出場停止により3月10日ボローニャ戦で急遽先発出場したが、後半にアルベルト・ジラルディーノにゴールを許し、これが決勝点となって0-1で敗れた。

2013年7月、インテルはカリーソとの契約を2015年6月30日まで延長[3]。その後はコッパ・イタリアUEFAヨーロッパリーグなどで定期的に出場機会を得たものの、2017年5月に2016-17シーズンをもって退団することが発表され[4]、2017年5月28日のウディネーゼ戦に先発出場を果たし勝利に貢献した[5]

モンテレイ

2017年6月8日メキシコリーガMXCFモンテレイへ自由移籍で加入[6]

パスポート問題[編集]

2007年夏、ラツィオへ移籍するに際し、イタリアに起源を持つという先祖を証明する書類が認められず、EUパスポートを取得できない問題が起きた。移籍先のラツィオはEU外選手の枠が既に埋まっていたので、カリーソを移籍元であったリーベルへレンタル移籍で送り返した[7]。ラツィオは代替措置としてウルグアイ人GKフェルナンド・ムスレラを獲得した。

結局、カリーソが正式にラツィオの一員となることができたのは1年遅れの翌2008年夏であった[8]

代表[編集]

2007年4月18日に行われたチリ戦で代表デビューを飾った。その後もコンスタントに代表に招集されていたが、前述のラツィオでの失敗もあって2010 FIFAワールドカップに向けたメンバーには選出されなかった。コパ・アメリカ2011では第3GKとして招集された。

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[9]


アルゼンチン代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 1 0
2008 6 0
2009 3 0
2010 0 0
2011 2 0
通算 12 0

脚注[編集]

外部リンク[編集]