セルヒオ・ロメロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルヒオ・ロメロ Football pictogram.svg
Sergio Romero (ManUtd).jpg
名前
本名 セルヒオ・ヘルマン・ロメロ
Sergio Germán Romero
ラテン文字 Sergio ROMERO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1987-02-22) 1987年2月22日(32歳)
出身地 ベルナルド・デ・イリゴジェンスペイン語版
身長 192cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドFC
ポジション GK
背番号 22
利き足 右足
ユース
1997 アルゼンチンの旗 アルミランテ・ブラウン
1997-2003 アルゼンチンの旗 CAI
2003-2006 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 5 (0)
2007-2011 オランダの旗 AZ 90 (0)
2011-2015 イタリアの旗 サンプドリア 71 (0)
2013-2014 モナコの旗 モナコ (loan) 3 (0)
2015- イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 7 (0)
代表歴2
2007-2008  アルゼンチン U-20 23 (0)
2008  アルゼンチン 五輪 4 (0)
2009- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 88 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月30日現在。
2. 2016年11月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

セルヒオ・ヘルマン・ロメロSergio Germán Romero, 1987年2月22日 - )は、アルゼンチンミシオネス州出身のサッカー選手アルゼンチン代表イングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドFC所属。ポジションはゴールキーパー

クラブ経歴[編集]

ラシン・クラブのユース出身で2007年2月11日CAヌエバ・チカゴスペイン語版戦でデビュー。6月に行われたFIFA U-20ワールドカップには全試合にスタメンとして出場し、優勝を勝ち取った。この活躍をルイ・ファン・ハール監督に買われ、国内リーグの試合出場わずか5試合のみだったが2007年3月28日オランダAZアルクマールへと移籍することが内定した。しかし、2007-08シーズンはボイ・ヴァーテルマンヨエイ・ディドゥリツァに次ぐ第3GKであった。

2008-09シーズンからは所属するAZでも主力に定着し、出場した28試合のうち18試合でクリーンシートを達成。28年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

2011年8月19日セリエBUCサンプドリアに移籍。8月26日カルチョ・パドヴァ戦でデビューした。しかし、その後9月に故障で1ヶ月程離脱しアンジェロ・ダ・コスタにポジションを譲り、チームも一時は3部降格がちらつくほどに低迷したが、年明けになると徐々に息を吹き返し最終的にはプレーオフ圏内の6位に入った。プレーオフではUSサッスオーロ・カルチョASヴァレーゼ1910相手に好セーブを連発。見事両者に勝って、リーグ6位からの大逆転昇格を果たした。

2013年8月16日ASモナコへのレンタル移籍が決定[1]

2015年7月、マンチェスター・ユナイテッドFCに自由契約での移籍が決定し、3年契約を結んだ。 2016-17シーズンのリーグ戦ではダビド・デ・ヘアの控えとなったが、UEFAヨーロッパリーグではスタメン出場し、決勝でもオランダのアヤックスを無失点に抑え、大会初優勝に貢献した。

2017年7月17日、マンチェスター・ユナイテッドとの契約を2021年まで延長したと発表した。なお、1年の契約延長オプション付き[2]

代表経歴[編集]

2008年には北京オリンピックU-23アルゼンチン代表のメンバー入りを果たすも、オスカル・ウスタリの控えに回る。しかし、ウスタリが準々決勝のオランダ戦で負傷したため、続く準決勝のブラジル戦と決勝のナイジェリア戦に出場。2試合を見事無失点に押さえ、金メダルの立役者となった。

2009年A代表入りしたが、当初はフアン・パブロ・カリーソマリアーノ・アンドゥハルに次ぐ第3GKであった。しかしカリーソが不振に陥り、さらにカリーソからポジションを奪ったアンドゥハルもミスが多く、出番が回ってきた。

2009年9月9日2010 FIFAワールドカップ・南米予選パラグアイ戦でスタメン出場し、その後最終節までゴールマウスを守った。ワールドカップ本大会でも正GKを務めたが、ドイツに敗れ、ベスト8で敗退した。母国開催のコパ・アメリカ2011でも正GKを務めたが、優勝したウルグアイに敗れ、同じくベスト8で敗退した。

2014 FIFAワールドカップではクラブで控え状態が続いていたことからパフォーマンスを不安視する見方もあったが、最終的に決勝までの7試合で4失点に押さえ、チームの準優勝に貢献した。特に、準決勝のオランダ戦では、PK戦でロン・フラールおよびヴェスレイ・スナイデルの2本のPKをストップし、決勝進出の立役者となった。

2018年負傷でFIFAワールドカップロシア大会行きを逃した。

人物[編集]

兄はプロバスケットボール選手のディエゴ・ロメロ。プロバスケットボール選手の傍ら、フロリダ州立大学にも通う大学生でもある。

妻はモデルのエリアナ・ゲルシオである。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

AZアルクマール
マンチェスター・ユナイテッド

代表[編集]

U-20アルゼンチン代表
U-23アルゼンチン代表

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]