スコット・カーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スコット・カーソン Football pictogram.svg
Carson, Scott.jpg
名前
本名 スコット・ポール・カーソン
Scott Paul Carson
ラテン文字 Scott Carson
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1985-09-03) 1985年9月3日(36歳)
出身地 ホワイトヘーヴン
身長 190cm
体重 89kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・シティFC
ポジション GK
背番号 33
利き足 右足
ユース
2000-2001 イングランドの旗 クリエーター・ムーア・セルティック
2001-2002 イングランドの旗 ワーキントン
2002-2003 イングランドの旗 リーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2005 イングランドの旗 リーズ 3 (0)
2005-2008 イングランドの旗 リヴァプール 4 (0)
2006 イングランドの旗 シェフィールドW (loan) 9 (0)
2006-2007 イングランドの旗 チャールトン (loan) 36 (0)
2007-2008 イングランドの旗 アストン・ヴィラ (loan) 35 (0)
2008-2011 イングランドの旗 WBA 110 (0)
2011-2013 トルコの旗 ブルサスポル 63 (0)
2013-2015 イングランドの旗 ウィガン 50 (0)
2015-2021 イングランドの旗 ダービー 158 (0)
2019-2021 イングランドの旗 マンチェスター・シティ (loan) 1 (0)
2021- イングランドの旗 マンチェスター・シティ 0 (0)
代表歴
2003  イングランド U-18 2 (0)
2004-2007  イングランド U-21 28 (0)
2006-2007 イングランドの旗 イングランド B 2 (0)
2007-2011 イングランドの旗 イングランド [1] 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年6月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スコット・カーソン(Scott Carson, 1985年9月3日 - )は、イングランドカンブリア州ホワイトヘーヴン出身のサッカー選手マンチェスター・シティFC所属。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

イングランド北西部の町ホワイトヘーヴンでプレーしていたところをリーズ関係者に見いだされ、リーズ・ユナイテッドFCへ移籍する。リーズでは3試合の出場にとどまるが、リヴァプールFCチェルシーFCの2チームが獲得競争を繰り広げた結果、リヴァプールへ移籍する。この時カーソンは「リヴァプールからのオファーを聞き気が動転した」と語った[要出典]

2004-05シーズンUEFAチャンピオンズリーグ凖々決勝、ユヴェントスFC戦でアレッサンドロ・デル・ピエロの近距離シュートを止めてその試合のヒーローとなった。この年、リヴァプールは21年ぶりにCLで優勝を飾った。しかし、2005-06シーズンになると新加入のホセ・マヌエル・レイナに定位置を奪われるようになり、イェジー・ドゥデクに次ぐ3番手に降格。レンタル移籍を繰り返した。

2008年よりウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC(WBA)に所属。主力として活躍した。

2017年に元チームメイトのシャビ・アロンソの現役引退により、2004-05シーズンでリヴァプールが起こしたイスタンブールの奇跡を経験した現役選手は、2020-21シーズン時点でカーソンただ一人となった。

2019年8月8日、エデルソンクラウディオ・ブラーボに次ぐ第3GKとして、マンチェスター・シティFCへ1年間のレンタル移籍[2]。2019-20シーズンは公式戦での出場機会はなく、一旦は保有元のダービー・カウンティFCへ復帰する。

2020-21シーズンもレンタル期間を延長し、引き続きシティでプレー。ブラーボはレアル・ベティスへ完全移籍したものの、フォルトゥナ・デュッセルドルフにレンタル移籍していたザック・ステッフェンが復帰し第3GKとしての立場は変わらず、自身も2021年1月には新型コロナウイルスに感染している。

2021年5月14日、ニューカッスル・ユナイテッドFC戦 (4-3)で、移籍後初出場を果たした[3]。プレミアリーグでの出場は、WBA時代の2011年5月22日に行われたニューカッスル戦 (3-3)以来。Opta Sportsによると、3645日ぶりの出場はプレミアリーグ史上最長記録となった[4]。この試合で3失点を喫したものの、パス成功率90%を記録。プレミアリーグ出場146試合目で自己最高記録を叩き出し、チームの勝利に貢献した[4]

2020-21シーズン終了後、レンタル元のダービー・カウンティとの契約が満了し、2021年7月20日にマンチェスター・シティと1年契約を締結し、再加入した[5]

代表[編集]

2004年からU-21イングランド代表として活躍した。親善試合で負傷したロバート・グリーンに代わり、当時EFLチャンピオンシップ(実質2部)所属ながらも、バックアップから2006 FIFAワールドカップのエントリーメンバーに代替招集された。第3GKとしての参戦であったため本大会での出場はなかったが、1年後の2007年にA代表デビューを飾った。その後ジョー・ハートの台頭もあり、最後に出場した2011年まで4試合の出場に留まっている。

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
リーズ 2003-04 プレミアリーグ 3 0 0 0 0 0 - 0 0 3 0
2004-05 チャンピオンシップ 0 0 0 0 0 0 - 0 0 0 0
通算 3 0 0 0 0 0 - 0 0 3 0
リヴァプール 2004-05 プレミアリーグ 4 0 - 0 0 1 0 0 0 5 0
2005-06 0 0 1 0 1 0 2 0 0 0 4 0
通算 4 0 1 0 1 0 3 0 0 0 9 0
シェフィールド・ウェンズデイ 2005-06 チャンピオンシップ 9 0 - - - 0 0 9 0
通算 9 0 - - - 0 0 9 0
リヴァプール 2006-07 プレミアリーグ - - - - 0 0 0 0
通算 - - - - 0 0 0 0
チャールトン 2006-07 プレミアリーグ 36 0 0 0 2 0 - 0 0 38 0
通算 36 0 0 0 2 0 - 0 0 38 0
アストン・ヴィラ 2007-08 プレミアリーグ 35 0 1 0 0 0 - 0 0 36 0
通算 35 0 1 0 0 0 - 0 0 36 0
WBA 2008-09 プレミアリーグ 35 0 4 0 0 0 - 0 0 39 0
2009-10 チャンピオンシップ 43 0 4 0 0 0 - 0 0 47 0
2010-11 プレミアリーグ 32 0 0 0 0 0 - 0 0 32 0
通算 110 0 8 0 0 0 - 0 0 118 0
ブルサスポル 2011-12 スュペル・リグ 34 0 3 0 - 4 0 0 0 41 0
2012-13 29 0 3 0 - 4 0 0 0 46 0
通算 63 0 6 0 - 4 0 0 0 77 0
ウィガン 2013-14 チャンピオンシップ 16 0 2 0 0 0 - 7 0 25 0
2014-15 34 0 0 0 0 0 - 0 0 34 0
通算 50 0 2 0 0 0 - 7 0 59 0
ダービー 2015-16 チャンピオンシップ 36 0 1 0 0 0 - 2 0 39 0
2016-17 46 0 2 0 2 0 - 0 0 50 0
2017-18 46 0 1 0 0 0 - 2 0 49 0
2018-19 30 0 0 0 3 0 - 0 0 33 0
2019-20 0 0 - - - 0 0 0 0
通算 158 0 4 0 5 0 - 4 0 171 0
マンチェスター・シティ 2019-20 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2020-21 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 469 0 22 0 8 0 7 0 11 0 521 0

代表[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2007 2 0
2008 1 0
2011 1 0
通算 4 0

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]