アレックス・オックスレイド=チェンバレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレックス・オックスレイド=チェンバレン Football pictogram.svg
Oxlade-Chamberlain UEFA Super Cup 2019 2 .jpg
リヴァプールFCでのオックスレイド=チェンバレン (2019年)
名前
本名 アレクサンダー・マーク・デイヴィッド・オックスレイド=チェンバレン
Alexander Mark David Oxlade-Chamberlain
ラテン文字 Alex Oxlade-Chamberlain
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
ジャマイカの旗 ジャマイカ
生年月日 (1993-08-15) 1993年8月15日(29歳)
出身地 ポーツマス
身長 180cm[1]
体重 70kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 リヴァプールFC
ポジション MF
背番号 15
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2011 イングランドの旗 サウサンプトン 36 (9)
2011-2017 イングランドの旗 アーセナル 132 (9)
2017-2023 イングランドの旗 リヴァプール 103 (11)
代表歴2
2010  イングランド U-18 1 (0)
2011  イングランド U-19 3 (0)
2011-2012  イングランド U-21 8 (4)
2012-2019 イングランドの旗 イングランド 35 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年5月21日現在。
2. 2019年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンダー・マーク・デイヴィッド・"アレックス"・オックスレイド=チェンバレンAlexander Mark David "Alex" Oxlade-Chamberlain, 1993年8月15日 - )は、イングランドポーツマス出身のサッカー選手プレミアリーグリヴァプールFC所属。元イングランド代表。ポジションはMF

マーク・チェンバレン英語版、叔父ネヴィル・チェンバレン英語版は元サッカー選手[2]。弟クリスティアン・オックスレイド=チェンバレン英語版もサッカー選手で、イングランド6部キングズ・リン・タウンFCに所属[3]

経歴[編集]

サウサンプトン[編集]

ポーツマスで生まれ、2000年からサウサンプトンFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年にトップチーム昇格を果たした。2010年3月2日、サウスエンド・ユナイテッドFC戦において、16歳と199日でプロデビューを果たした。2010-11シーズンの8月10日、フットボールリーグカップAFCボーンマス戦で自身初のスターティングメンバーに選ばれた。この試合でプロ初ゴールを記録した。

アーセナル[編集]

2011年8月、アーセナルFCへ推定1400万ユーロの移籍金で移籍。9月28日、オリンピアコスFC戦にてUEFAチャンピオンズリーグデビューを果たし、前半8分に先制ゴールを決めている。又、同ゴールはチームメイトであるセオ・ウォルコットの記録を抜き、チャンピオンズリーグのイングランド人最年少ゴールを塗り替えている。

リヴァプール[編集]

2017年8月31日、リヴァプールFCと長期契約を締結した[4]。2017-18シーズン、10月17日に行われたCLグループステージ第3節のNKマリボル戦で途中出場すると、リヴァプールFC移籍後初ゴールを決めた[5]。11月4日、ウエストハムとの対戦では、移籍後リーグ戦では初ゴールを決めた[6]。12月26日のスウォンジー戦では先発出場すると、スカイ・スポーツの採点で8という高い評価を受けるプレーを見せ、チームの5点目を決め、5-0での勝利に貢献した[7]。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝、マンチェスター・シティ戦1stレグではリードを広げる貴重なチームの2点目となるミドルシュートを決めるなど3-0での勝利に貢献した[8]。その後もケガにより離脱したエムレ・ジャンが務めていたポジションでほぼレギュラーを掴んでいたが、4月24日に行われたCL準決勝のASローマ戦1stレグで膝の靭帯を損傷、シーズン終了が決まった。約1年後のハダースフィールド戦に後半から途中出場し実戦復帰を果たした[9]

2019-20シーズンから背番号を15番へ変更した。8月にはチームとの契約を2023年まで延長した[10]。10月23日のKRCヘンク戦で決勝点を含む2ゴールを決め勝利に貢献、次節ホームでの対戦でも1ゴールを決めた[11]。1月29日のウエストハム戦、次節の2月1日のサウサンプトン戦と2連続試合ゴールを決めた[11]。しかしその後は負傷離脱が続き本来のパフォーマンスを発揮できていない[12]

2022-23シーズンは出場機会が減少した一方、サディオ・マネ南野拓実ディヴォック・オリジの放出に伴い前線での起用が増加した[13]

2023年5月17日、ロベルト・フィルミーノジェイムズ・ミルナーナビ・ケイタと共に契約満了でリヴァプールを退団することが発表された[14]

代表歴[編集]

イングランド代表として各年代でプレーしている。2012年5月26日、ノルウェー代表戦でA代表デビューした。2012年10月12日のW杯予選サンマリノ戦で代表初得点を挙げた。2018年、チャンピオンズリーグのASローマ戦の怪我により同年の2018 FIFAワールドカップへの出場を逃した。2019年11月、EURO2020予選モンテネグロ戦では代表チームで約3年ぶりとなる先制ゴールを決めて本大会出場に貢献した[15]

エピソード[編集]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2021年6月1日時点

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
サウサンプトン 2009-10 リーグ1 2 0 0 0 0 0 - 0 0 2 0
2010-11 34 9 4 0 2 1 - 1 0 41 10
通算 36 9 4 0 2 1 - 1 0 43 10
アーセナル 2011-12 プレミアリーグ 16 2 3 0 3 1 4 1 0 0 26 4
2012-13 25 1 2 0 2 1 4 0 0 0 33 2
2013-14 14 2 4 1 0 0 2 0 0 0 20 3
2014-15 23 1 3 0 1 0 9 2 1 0 37 3
2015-16 22 1 3 0 1 1 7 1 1 1 33 3
2016-17 29 2 6 0 3 3 7 1 0 0 45 6
2017-18 3 0 - - - 1 0 4 0
通算 132 9 21 1 11 7 31 5 3 1 198 20
リヴァプール 2017-18 プレミアリーグ 32 3 2 0 1 0 7 2 0 0 42 5
2018-19 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
2019-20 30 4 2 0 2 1 5 3 4 0 43 8
2020-21 13 1 1 0 0 0 3 0 0 0 17 1
通算 77 8 5 0 3 1 15 5 4 0 104 14
総通算 245 26 30 1 16 7 46 9 8 1 345 44

代表[編集]

2019年11月17日時点

  • 国際Aマッチ 35試合 7得点(2012年-2019年)


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2012 9 1
2013 4 2
2014 7 1
2015 4 1
2017 6 1
2018 2 0
2019 3 1
通算 35 7

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アーセナルFC
リヴァプールFC

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIFA Club World Cup Qatar 2019: List of Players: Liverpool FC”. FIFA. p. 7 (2019年12月21日). 2019年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月4日閲覧。
  2. ^ アレックス・オックスレイド=チェンバレン - ウェイバックマシン(2015年9月1日アーカイブ分)
  3. ^ Allen, Neil (2017年9月5日). “Pompey midfielder on move again”. The News (Portsmouth). http://www.portsmouth.co.uk/sport/football/pompey/pompey-midfielder-on-move-again-1-8135338 2017年9月5日閲覧。 
  4. ^ Reds complete signing of Alex Oxlade-Chamberlain”. Liverpool FC Official Website (2017年8月31日). 2017年9月1日閲覧。
  5. ^ 1G2Aのコウチーニョ、英紙が「10」の最高評価! チェンバレンは加入後初ゴール=FOOTBALL CHANNEL
  6. ^ West Ham 1-4 Liverpool: Mohamed Salah adds to Slaven Bilic troubles-Skysports 2017年11月4日
  7. ^ Liverpool 5-0 Swansea: Roberto Firmino nets twice in routine win-SkySports 2017年12月26日
  8. ^ Liverpool 3-0 Manchester City: Reds take charge of Champions League quarter-final -Skysports 2018年4月5日(2018年4月14日閲覧)
  9. ^ “Oxlade-Chamberlain thankful after making return from 'darkest times'”. Goal. (2019年4月27日). https://www.goal.com/en/news/oxlade-chamberlain-thankful-after-making-liverpool-return/1n0327j8ddczg14lgqjoyxicvc 2019年4月27日閲覧。 
  10. ^ Alex Oxlade-Chamberlain signs new long-term Liverpool deal”. Liverpool FC. 2019年12月24日閲覧。
  11. ^ a b Alex Oxlade-Chamberlain 2019-20”. www.transfermarkt.com. 2020年8月4日閲覧。
  12. ^ ウィルシャーに続く“ガラスの天才”? アーセナルで衝撃残したチェンバレンの納得できぬ今”. 2023年1月3日閲覧。
  13. ^ ブレントフォード 対 リヴァプール”. 2023年1月3日閲覧。
  14. ^ 世代交代へ…リヴァプール、4選手の今夏退団を正式発表。フィルミーノやミルナーらが契約満了で別れ”. GOAL (2023年5月18日). 2023年5月21日閲覧。
  15. ^ “England 7–0 Montenegro”. (2019年11月14日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/50327100 2019年11月14日閲覧。 
  16. ^ “「自分、アーセナルなのにオーフェルマルス知らんのか?」 ルーニー、チェンボとのジェネレーションギャップ語る”. (2020年3月16日). https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=371806 2020年3月17日閲覧。 

外部リンク[編集]