フィル・ジャギエルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィル・ジャギエルカ Football pictogram.svg
1 phil jagielka 2015.jpg
エヴァートンでのジャギエルカ(2015年)
名前
本名 フィリップ・ニコデム・ジャギエルカ
Philip Nikodem Jagielka
愛称 Jags
ラテン文字 Phil JAGIELKA
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
ポーランドの旗 ポーランド
スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 (1982-08-17) 1982年8月17日(38歳)
出身地 マンチェスター
身長 183cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッドFC
ポジション MF, DF
背番号 15
利き足
ユース
1998-2000 イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2007 イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッド 254 (18)
2007-2019 イングランドの旗 エヴァートン 322 (14)
2019- イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッド 6 (0)
代表歴
2002-2003  イングランド U-21 6 (2)
2007 イングランドの旗 イングランド B 1 (0)
2008-2016 イングランドの旗 イングランド 40 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年6月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フィリップ・ニコデム・“フィル”・ジャギエルカPhilip Nikodem "Phil" Jagielka1982年8月17日 - )は、イングランドマンチェスター出身、シェフィールド・ユナイテッドFC所属のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー

人物[編集]

祖父母がポーランドからの移民[1] [2]。姓はポーランド語の読み方ではヤギェウカ(Jagiełka)。ポーランド・リトアニア共和国にルーツを持つ姓。イギリス人として珍しい姓なのはそのためである。その他スコットランドの血も引いている。

エピソード[編集]

2006年12月30日のアーセナルFCとのホームマッチでは、交代枠を使い切った後でゴールキーパーのパディ・ケニーが太ももの負傷によりプレー続行不可能となったため、ジャギエルカが急遽代役を務めた。ジャギエルカはロビン・ファン・ペルシのシュートをセーブし、1-0の勝利を収めた[3]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[4]


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2008 1 0
2009 2 0
2010 4 0
2011 3 0
2012 6 1
2013 8 0
2014 10 2
2015 4 0
2016 2 0
通算 40 3

出典[編集]

  1. ^ Louise Taylor (2007年5月12日). “England the next step for Jagielka”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/football/2007/may/12/newsstory.sheffieldunited 2009年2月8日閲覧。 
  2. ^ Phil Thomas (2010年10月7日). “Phil: Spain pain made me a man”. The Sun. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/sport/football/3168466/Spain-pain-made-Phil-Jagielka-a-man.html 2010年10月8日閲覧。 
  3. ^ “Sheff Utd 1–0 Arsenal”. (2006年12月30日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/eng_prem/6205685.stm 2007年8月7日閲覧。 
  4. ^ Jagielka, Phil”. National-Football-Teams.com. 2017年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]