アシュリー・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アシュリー・コール Football pictogram.svg
Ashley Cole Chelsea vs AS-Roma 10AUG2013.JPG
チェルシーFC時代のアシュリー・コール(2013年)
名前
本名 アシュリー・コール
Ashley Cole[1]
愛称 アッシュ 
ラテン文字 ASHLEY COLE
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
バルバドスの旗 バルバドス
生年月日 (1980-12-20) 1980年12月20日(38歳)
出身地 ロンドン タワーハムレッツ区
身長 176cm
体重 66kg
選手情報
ポジション DF (LSB)
利き足 左足
ユース
1997-1998 イングランドの旗 アーセナル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2006 イングランドの旗 アーセナル 156 (8)
1999-2000 イングランドの旗 クリスタル・パレス (loan) 14 (1)
2006-2014 イングランドの旗 チェルシー 229 (7)
2014-2015 イタリアの旗 ASローマ 11 (0)
2016-2018 アメリカ合衆国の旗 LAギャラクシー 89 (3)
2019 イングランドの旗 ダービー 9 (0)
通算 508 (19)
代表歴
1999 イングランドの旗 イングランド U-20 2 (0)
2002 イングランドの旗 イングランド U-21 5 (1)
2001-2014[2] イングランドの旗 イングランド 107 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アシュリー・コールAshley Cole1980年12月20日 - )は、イギリスロンドン出身の元サッカー選手である。元イングランド代表。現役時代のポジョションはディフェンダー。全盛期は「世界最高の左サイドバック」との呼び声も高かった[3]

経歴[編集]

生い立ち〜クラブ[編集]

母は白人、父はバルバドスからの移民[4]。歌手のマライア・キャリーと親戚関係にある[5]

地元アーセナルの下部組織に加入し、クリスタル・パレスにレンタル移籍した後、アーセナルに復帰。持ち前の突破力と的確なクロスでレギュラーを掴み、2001-02シーズンにはプレミアリーグとFAカップでそれぞれ優勝を収めた。その後、2003-04シーズンの無敗優勝にも貢献し「世界最高の左サイドバック」と言われるほど評価を高めていく。

2006年8月31日にはウィリアム・ギャラス+700万ユーロのトレードで同じロンドンのライバルであるチェルシーに移籍。この移籍に対してアーセナルファンは大きく反発し、「金目当てで移籍した」「キャッシュリー・コール(キャッシュは金の意味)」と非難されることになった。加入した序盤はあまり馴染めずにいたものの、徐々に順応していった。2008-09シーズンはウェイン・ブリッジが移籍した事もあり、代えの利かないサイドバック選手として活躍し、プレーヤーズ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

2009-10シーズンは中盤戦に負傷離脱もあったが終盤に復帰。チームメートのアネルカと共に異なる2つのチームでプレミアリーグとFAカップの二冠を経験した史上初の選手となり、またFAカップ史上最多である6度目の優勝を果たした(アーセナルで3度、チェルシーで3度)。ファン投票による2010年度のイングランド・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー 2010の最優秀選手に選出された。

2011-12シーズンにFAカップとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成。

2013-14シーズンは恩師ジョゼ・モウリーニョが復帰するも、自身の負傷もありセサル・アスピリクエタにポジションを奪われた。シーズン終了後の2014年5月、自身のTwitterで退団を明言した。

2014年7月、ASローマに自由契約で加入決定[6]。契約は2年間。ASローマの歴史上初のイングランド人選手となった。しかし、セリエAの環境になじめず、2015-16シーズン開幕前は、背番号3番を剥奪され、新加入のリュカ・ディニュにつけられるという屈辱を味わった。2016年1月に契約を解除し、正式に退団[7]

2016年1月に、イングランド代表のチームメイトのスティーブン・ジェラードの所属するロサンゼルス・ギャラクシーに加入決定[8]。 2018年1月にロサンゼルス・ギャラクシーとの契約を1年間延長した[9]

2019年1月21日、ダービー・カウンティFCとシーズン終了までの契約を結んだ[10]

代表[編集]

クラブでの活躍が認められ、2001年3月28日アルバニア戦でイングランド代表デビューを果たし、2002年の日韓W杯では5試合に出場した。 これまでにワールドカップ3大会、EURO2大会に出場している。2013年2月6日のイングランド対ブラジル戦で代表史上7人目の100試合出場達成した。[11]

2014年5月、2014 FIFAワールドカップのメンバー発表前にロイ・ホジソン監督から選外の連絡を受け、自身のTwitterで代表引退を表明した[12]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アーセナル 1999-00 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0
2000-01 17 3 6 0 1 0 9 0 33 3
2001-02 29 2 4 0 0 0 7 0 40 2
2002-03 31 1 3 0 0 0 9 0 1 0 44 1
2003-04 32 0 4 0 1 0 9 1 1 0 47 1
2004-05 35 2 3 0 0 0 8 0 1 0 47 2
2005-06 11 0 0 0 0 0 3 0 1 0 15 0
通算 156 8 20 0 3 0 45 1 4 0 228 9
クリスタル・パレス (loan) 1999-00 14 1 0 0 0 0 14 1
チェルシー 2006-07 23 0 5 0 3 0 9 0 0 0 40 0
2007-08 27 1 1 0 2 0 10 0 1 0 41 1
2008-09 34 1 7 0 0 0 8 0 49 1
2009-10 27 4 2 0 1 0 4 0 1 0 35 4
2010-11 38 0 2 0 0 0 7 0 1 0 48 0
2011-12 32 0 4 0 0 0 12 0 48 0
2012-13 31 1 5 0 3 0 8 0 4 0 51 1
2013-14 1 0 2 0 1 0 5 0 1 0 26 0
通算 229 7 28 0 10 0 63 0 8 0 338 7
ローマ 2014-15 11 0 2 0 3 0 16 0
2015-16 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 11 0 2 0 3 0 16 0
ロサンゼルス・ギャラクシー 2016 29 1 2 0 1 0 32 1
2017 29 1 1 0 0 0 30 1
2018 31 1 1 0 0 0 32 1
通算 89 3 4 0 1 0 94 3
ダービー 2018-19 9 0 1 1 0 0 2 0 12 1
総通算 508 19 55 1 13 0 112 1 14 0 702 21

試合数[編集]

国際Aマッチ 107試合 0得点(2001年-2014年)


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2001 7 0
2002 9 0
2003 7 0
2004 13 0
2005 8 0
2006 13 0
2007 4 0
2008 7 0
2009 9 0
2010 9 0
2011 7 0
2012 6 0
2013 7 0
2014 1 0
通算 107 0

私生活[編集]

2006 FIFAワールドカップ後にイギリスの人気アイドルグループ、ガールズ・アラウドシェリル・トウィーディと2年の付き合いの末に結婚したが、2010年5月に離婚した。

タイトル[編集]

クラブ
アーセナルFC
チェルシーFC

脚注[編集]

  1. ^ FIFA World Cup South Africa 2010 – List of Players (PDF)”. Fédération Internationale de Football Association (FIFA). 2013年6月8日閲覧。
  2. ^ “England Players - Ashley Cole” (英語). England Football Online. http://www.englandfootballonline.com/TeamPlyrsBios/PlayersC/BioColeAsh.html 
  3. ^ カペッロ「A・コールは世界最高のレフトバック」”. Goal.com (2010年10月12日). 2019年8月19日閲覧。
  4. ^ /uk/this-britain/world-cup-familiesand-now-for-the-mads-the-mums-and-dads-405269.html World Cup families...And Now For The Mads (The Mums and Dads)”. The Independent (2006年6月24日). 2010年6月19日閲覧。
  5. ^ I prayed for Nat King Cole, I got Ashley instead.”. dailystar. 2010年6月19日閲覧。
  6. ^ 元イングランド代表DFアシュリー・コールがローマへ移籍”ゲキサカ、2014年7月7日
  7. ^ ローマがアシュリー・コールとの契約解除を発表”超ワールドサッカー、2016年1月20日
  8. ^ A・コール、新天地はアメリカ。LAギャラクシーでジェラードと同僚に”フットボールチャンネル、2016年1月28日
  9. ^ 37歳アシュリー・コール、LAギャラクシーとの契約延長…加入3年目へ”サッカーキング、2018年1月5日
  10. ^ DERBY BOLSTER DEFENSIVE OPTIONS WITH COLE SIGNINGOfficial Website of the Rams 2019年1月26日
  11. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年8月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月4日閲覧。
  12. ^ A・コール、W杯に行けず代表引退を決断”. Goal. 2014年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]