ダニエル・スタリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・スターリッジ Football pictogram.svg
Daniel Sturridge, 2014 .jpg
リヴァプールでのスターリッジ (2014年)
名前
本名 ダニエル・アンドレ・スターリッジ
Daniel Andre Sturridge
愛称 ダニー
ラテン文字 Daniel STURRIDGE
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス (イングランドの旗 イングランド)
ジャマイカの旗 ジャマイカ
生年月日 (1989-09-01) 1989年9月1日(27歳)
出身地 バーミンガム
身長 188cm[1]
体重 76kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 リヴァプールFC
ポジション FW (CF, WG)
背番号 15
利き足 左足
ユース
1995-1996 イングランドの旗 キャドバリー・アスレティック
1996-2000 イングランドの旗 アストン・ヴィラ
2000-2003 イングランドの旗 コヴェントリー・シティ
2003-2006 イングランドの旗 マンチェスター・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 21 (5)
2009-2013 イングランドの旗 チェルシー 63 (13)
2011 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ (loan) 12 (8)
2013- イングランドの旗 リヴァプール 89 (46)
代表歴2
2004-2005 イングランドの旗 イングランド U-16 5 (6)
2005-2006 イングランドの旗 イングランド U-17 9 (7)
2007 イングランドの旗 イングランド U-18 1 (2)
2008 イングランドの旗 イングランド U-19 3 (1)
2009 イングランドの旗 イングランド U-20 1 (1)
2009-2011 イングランドの旗 イングランド U-21 15 (4)
2011- イングランドの旗 イングランド 25 (8)
2012 イギリスの旗 イギリス 5 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月24日現在。
2. 2016年11月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエル・アンドレ・スターリッジDaniel Andre Sturridge [ˈstʌrɪ], 1989年9月1日 - )は、イギリス (イングランド)・バーミンガム出身のサッカー選手プレミアリーグリヴァプールFC所属。イングランド代表。ポジションはフォワード

スタリッジストゥーリッジと表記されることもある。

経歴[編集]

クラブ経歴[編集]

マンチェスター・シティ~チェルシー時代[編集]

アストン・ヴィラFCの下部組織からキャリアをスタートさせ、2000年にコヴェントリー・シティFC、2003年に、マンチェスター・シティFCの下部組織に引き抜かれた。2006–07シーズンからファーストチームに昇格。シティでは32試合出場6得点を記録した。シティの大量補強により出場機会を失い、2009年6月に契約満了を機にチェルシーFCに移籍した。

2011年1月まで41試合出場9得点を記録した。2011年1月にボルトン・ワンダラーズFCにレンタル移籍。ボルトンではデビュー戦から4試合連続でゴールを挙げ、12試合に出場し8ゴールと才能を開花させた。2011-12シーズンにチェルシーに復帰した。復帰したチェルシーでは昨シーズンの最終戦でレッドカードを受けたため開幕から三試合は出場停止となったが出場停止明けの第四節から復帰し右ウイングのレギュラーとして定着。

リヴァプール時代[編集]

2013年1月2日、 リヴァプールFCへの移籍が発表された[2]。移籍金は約1200万ポンド。

2012-13シーズン後半戦のみの出場であったが、予てから希望していたCFでの起用で得点力をいかんなく発揮し、公式戦16試合出場11ゴールを記録。2013年5月12日のフラムFC戦ではリヴァプールでの初のハットトリックを達成した。

2013-14シーズンは開幕から4試合連続ゴールの好調な滑り出しを見せ、以降もシーズンを通してゴールを量産。最終的にはリーグ2位の21ゴールを挙げ、クラブのUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献し、PFA年間ベストイレブンに選出された。プレミアリーグ8試合連続ゴールを達成。プレミアリーグの新記録樹立とはならなかったが、リヴァプールでは史上初。ダイヤモンド型の4-3-1-2で2トップを組んだルイス・スアレスとのコンビは猛威を振るい、SASと呼ばれた。

2014-15シーズンルイス・スアレスがチームを退団し、エースとしての活躍を期待されたが怪我での離脱が多くリーグ戦での先発出場はわずか7試合、UEFAチャンピオンズリーグには1試合も出場できずチームはグループステージで敗退した。公式戦18試合出場5ゴールと昨シーズンから大きく数字を落とした。

2015-16シーズンでも引き続き怪我で試合出場が叶わない状態が続く。しかし、試合に出場すれば結果を残しリーグ戦では14試合8ゴールを記録。UEFAヨーロッパリーグ準決勝2ndlegのビジャレアルCF戦で得点を記録し、決勝進出に貢献。決勝のセビージャFC戦でも先制点を奪ったが、チームは逆転負けを喫しタイトル獲得とはならなかった。2016-17シーズンはマネの加入やフィルミーノの好調もあり、怪我の影響がなくてもベンチスタートやベンチ外となる事が増え、19試合で3ゴールを決めるに留まった。

代表経歴[編集]

2011-12シーズンはゴールを着実に重ね、ファビオ・カペッロの下イングランド代表にも招集された[3]

2016年、UEFA EURO 2016ではグループリーグ第2節のウェールズ代表戦に途中出場して、アディショナルタイムに決勝ゴールをあげる活躍を見せた[4]

人物[編集]

叔父のサイモン・スタリッジ英語版ディーン・スタリッジ英語版もサッカー選手である。

祖父母がジャマイカ人である。親戚に同国の元卓球王者がいる[5]

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ UEFA その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マンチェスター・シティ 2006-07 2 0 0 0 0 0 - - 2 0
2007-08 3 1 1 1 0 0 - - 4 2
2008-09 16 4 1 0 1 0 8 0 - 26 4
Total 21 5 2 1 1 0 8 0 0 0 32 6
チェルシー 2009-10 13 1 4 4 1 0 2 0 0 0 20 5
2010-11 13 0 1 2 1 0 5 2 1 0 21 4
2011-12 30 11 4 1 2 1 7 0 - 43 13
2012-13 7 1 0 0 1 1 3 0 1 0 12 2
Total 63 13 9 7 5 2 17 2 2 0 96 24
ボルトン(loan) 2010-11 12 8 - - - - 12 8
Total 12 8 0 0 0 0 0 0 0 0 12 8
リヴァプール 2012-13 14 10 2 1 - - - 16 11
2013-14 29 21 2 1 2 2 - - 33 24
2014-15 12 4 4 1 0 0 2 0 - 18 5
2015-16 14 8 1 0 2 2 8 3 - 25 13
2016-17 19 3 3 0 4 4 - - 26 7
通算 88 46 12 3 8 8 10 3 0 0 118 60
総通算 184 72 23 11 14 10 35 5 2 0 258 98

試合数[編集]

国際Aマッチ 25試合 8得点(2011年- )


イングランド代表 国際Aマッチ
出場 得点
2011 1 0
2012 3 0
2013 5 2
2014 7 3
2016 9 3
通算 25 8

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

チェルシーFC

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Daniel Sturridge”. Liverpoolfc.com. 2015年9月20日閲覧。
  2. ^ Liverpool FC sign £12m Daniel Sturridge from Chelsea on three-and-a-half year deal echo.co.uk、2013年1月2日
  3. ^ Jack Rodwell and Daniel Sturridge in England squad BBC Sport、2011年11月6日
  4. ^ イングランドに勝利をもたらしたスタリッジ 「最高の気分」も「浮かれすぎてはいない」”. GOAL.com (2016年6月17日). 2016年10月20日閲覧。
  5. ^ Daniel Sturridge discovers sporting roots in Jamaica before Liverpool”. dailymail (2014年7月16日). 2016年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]