コンテンツにスキップ

ロス・バークリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロス・バークリー
チェルシーFCでのバークリー (2019年)
名前
ラテン文字 Ross Barkley[1]
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1993-12-05) 1993年12月5日(30歳)
出身地 リヴァプール
身長 186cm[2]
体重 76kg[3]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アストン・ヴィラFC
ポジション MF
背番号 6
利き足 右足
ユース
2005-2010 イングランドの旗 エヴァートン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2018 イングランドの旗 エヴァートン 150 (21)
2012 イングランドの旗 シェフィールド・W (loan) 13 (4)
2013 イングランドの旗 リーズ (loan) 4 (0)
2018-2022 イングランドの旗 チェルシー 56 (5)
2020-2021 イングランドの旗 アストン・ヴィラ (loan) 24 (3)
2022-2023 フランスの旗 ニース 27 (4)
2023-2024 イングランドの旗 ルートン 32 (5)
2024- イングランドの旗 アストン・ヴィラ 0 (0)
代表歴2
2008-2009  イングランド U-16 7 (2)
2009-2010  イングランド U-17 7 (2)
2010-2012  イングランド U-19 12 (1)
2013  イングランド U-20 4 (0)
2011-2013  イングランド U-21 5 (1)
2013-2019 イングランドの旗 イングランド 33 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2024年7月1日現在。
2. 2020年2月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロス・バークリー (Ross Barkley, 1993年12月5日 - )は、イングランドリヴァプール出身のサッカー選手プレミアリーグアストン・ヴィラFC所属。ポジションはMF

2013年にA代表デビューを飾り、2014 FIFAワールドカップのメンバーに選出された。監督やチームメイトはバークリーについて、ミヒャエル・バラックポール・ガスコインウェイン・ルーニーになぞらえている[4][5][6]

クラブ経歴

[編集]

キャリア初期

[編集]

11歳の時にエヴァートンのユースチームに加入した。2010-11シーズンの始めにトップチームの試合のメンバーに選ばれ、プレミアリーグデビューが期待されたが[7]、2010年10月に行われたU-19のイングランド代表の試合でチームメイトのアンドレ・ウィズダムと衝突し、脚を3箇所骨折した[8]

怪我から回復し、2011-12シーズンのプレシーズンの練習に参加すると、ティム・ケーヒルはこれまで一緒にプレイした選手の中で最も才能に恵まれている選手だとバークリーについて話した[9]。2011年8月20日に行われたクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦でデビューを果たし、試合は0-1で敗れたが、マン・オブ・ザ・マッチに選出するメディアもあった[10]。シーズンの始めのバークリーのパフォーマンスは高く評価され、マーティン・キーオンはこの国の歴代最高の選手になり得る逸材だと賞賛した[11]。2011年12月には新たな4年半の契約を結んだ[12]

2012年9月14日、1ヶ月間の期限付き移籍シェフィールド・ウェンズデイに加入し[13]、同日に行われたブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン戦でデビューを果たした[14]。翌週に行われたボルトン・ワンダラーズ戦においてペナルティキックにより初ゴールを記録した[15]。ローン期間は延長され、エヴァートンに呼び戻されるまで13試合に出場した[16][17]。2013年1月には1ヶ月間限定でリーズ・ユナイテッドに加入し[18][19]バーンズリーとのダービーマッチでデビューを果たした[20]

エヴァートン

[編集]
UEFAヨーロッパリーグディナモ・キーウ戦でプレイするバークリー(2015年)

2013-14シーズンにトップチームに戻ると開幕戦のノリッジ・シティ戦で初ゴールを挙げ、試合は2-2で引き分けたがバークリーはマン・オブ・ザ・マッチに選出された[21][22]。シーズンの前半戦はアーセナル戦とスウォンジー・シティ戦で決勝ゴールを挙げマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなどの活躍を披露し[23]アラン・ハンセンはすべてを兼ね備えていると讃え、ゲーリー・リネカーはとてつもない才能を持ちスター選手になる素質を備えているとバークリーを賞賛した[24][25]

2014年1月4日に行われたクイーンズ・パーク・レンジャーズとのFAカップ3回戦ではFAカップにおける初ゴールとなる先制ゴールを挙げ、4-0の勝利に貢献した[26]。2014年3月25日に行われたニューカッスル・ユナイテッド戦ではハーフウェイラインから独走し、先制となるゴールを決め、チームも3-0で勝利を挙げた[27]。2014年4月18日はPFA年間最優秀若手選手賞の候補6人の内の1人に選ばれた[28]。最終的にリーグ戦では34試合に出場し、6ゴールを挙げ、2014年5月3日に行われたマンチェスター・シティ戦で記録したゴールはBBCスポーツに「超大作」と賞され、エヴァートンのゴール・オブ・ザ・シーズンに選ばれた[29][30]

2014年7月29日には2018年まで契約を延長したが[31]内側側副靱帯の損傷により2014-15シーズンは2014年10月18日に行われたアストン・ヴィラ戦まで出場することは叶わなかったが[32]、その試合ではロメル・ルカクのゴールをアシストし、3-0の勝利に貢献した[33]。2014年12月15日に行われ、3-1で勝利したクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦でシーズン初ゴールを挙げた。

2015-16シーズンは開幕から2試合連続でゴールを記録する好スタートを切った[34]

チェルシー

[編集]

2018年1月5日、エヴァートン時代に負った怪我が完治してないなか、チェルシーFCと5年半の契約を締結した[35]。背番号は名手フランク・ランパードが着用し、オスカルの移籍以降空き番号となっていた8番[36]

2018-19シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で、中盤3枚の枠の中に入りリーグ戦27試合に出場した。

アストン・ヴィラ

[編集]

2020年9月29日、アストン・ヴィラFCへの1年間のローン移籍が発表された[37]

チェルシー復帰後

[編集]

2021-22シーズンはチェルシーに復帰するが公式戦14試合の出場に留まり、2022年8月29日に双方合意の元で契約を解除したことが発表された[38]

ニース

[編集]

2022年9月4日、OGCニースへの加入が発表された[39]。2022-23シーズンはリーグ戦で27試合に出場したが、2023年6月9日にシーズン終了後に退団することが発表された[40]

ルートン・タウン

[編集]

2023年8月9日、ルートン・タウンFCに加入した[41]。背番号は6番。

アストン・ヴィラ復帰

[編集]

ルートンでの活躍により2024年7月1日、アストン・ヴィラFCへの加入が発表された[42]

エピソード

[編集]

2019年9月、泥酔しているなかタクシー運転手といざこざを起こし、警察に呼ばれた[43]

代表経歴

[編集]
U-19イングランド代表でプレイするバークリー(2012年)

祖父の1人がナイジェリア人であるため、バークリーはイングランド代表ナイジェリア代表でプレイする資格を有していたが、バークリーは生まれ育った国の代表でプレイすることを選択し[44]、U-16、U-17、U-19、U-20、U-21のユースレベルの代表を経験し、A代表にも選出されている[45]

2008年9月の14歳だった時に初めてU-16の代表に選出され[46]、2009年に開催されたモンテギュー国際大会ではキャプテンを務め、PK戦(2-1)の末にドイツ代表に勝利し、優勝を経験した[47]UEFA U-17欧州選手権2010では2ゴールを記録し、決勝でスペイン代表に2-1で勝利し、優勝を果たした[48]。2011年8月にはU-21の代表に招集され、2013年5月28日にはピーター・テイラー監督により2013 FIFA U-20ワールドカップに出場する21人のメンバーに選出された[49]。U-20代表では2013年6月16日に行われたウルグアイ代表との大会前の調整を目的とした試合でデビューを飾り[50]、2013年8月13日に行われたスコットランド代表戦でU-21代表における初ゴールを記録した[51]

2013年8月に初めてA代表に招集され[52]、翌月にウェンブリー・スタジアムで行われ、4-0で勝利した2014 FIFAワールドカップ予選モルドバ代表戦でジャック・ウィルシャーと交代で出場し、A代表デビューを果たした[53]2014 FIFAワールドカップのメンバーに選ばれ[54]、初戦のイタリア代表戦に61分からダニー・ウェルベックと交代で出場し、ワールドカップデビューを果たしたが、チームは1-2で敗れた[55]。グループリーグ3戦目のコスタリカ代表で初めてスターティングメンバーとして出場し、フル出場を果たした[56]。2015年9月5日に行われ、6-0で勝利したUEFA EURO 2016予選サンマリノ代表戦でA代表における初ゴールを記録した[57]

プレイスタイル

[編集]

エヴァートンの監督であるロベルト・マルティネスはバークリーについてポール・ガスコインミヒャエル・バラックを合わせたような選手だと話した[4]。イングランド代表の監督であるロイ・ホジソンはスピードとパワーと素晴らしい技術を持っており、ポール・ガスコインを彷彿とさせると話し[5]フランク・ランパードは若い頃のウェイン・ルーニーを思い起こさせると話した[6]。当時バルセロナに所属していたチャビは2014年11月に行われたインタビューでバークリーについて、フィジカルと技術面の能力を賞賛し、プリメーラ・ディビシオンのクラブで十分にプレイできると話した。

個人成績

[編集]

クラブ

[編集]
2017年5月25日 現在
所属クラブ シーズン リーグ FAカップ リーグカップ UEFA主催 合計
ディヴィジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
エヴァートン 2010-11[58] プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0
2011-12[59] プレミアリーグ 6 0 1 0 2 0 9 0
2012-13[60] プレミアリーグ 7 0 1 0 1 0 9 0
2013-14[61] プレミアリーグ 34 6 3 1 1 0 38 7
2014–15[62] プレミアリーグ 29 2 2 0 0 0 5[注 1] 0 36 2
2015–16[63] プレミアリーグ 38 8 4 2 6 2 48 12
2016-17 プレミアリーグ 36 5 1 0 2 1 39 6
通算 150 21 12 3 12 3 5 0 179 27
シェフィールド・ウェンズデイ 2012–13[60] チャンピオンシップ 13 4 0 0 0 0 13 4
リーズ・ユナイテッド 2012–13[60] チャンピオンシップ 4 0 0 0 0 0 4 0
キャリア合計 167 25 12 3 12 3 5 0 196 31
  1. ^ UEFAヨーロッパリーグの出場試合数

タイトル

[編集]
チェルシー
イングランド代表

脚注

[編集]
  1. ^ Barclays Premier League Squad Numbers 2013/14
  2. ^ [1]
  3. ^ Ross Barkley
  4. ^ a b Everton boss Roberto Martinez praises Gerard Deulofeu impact
  5. ^ a b European Qualifiers: Roy Hodgson says Everton and England's Ross Barkley reminds him of Paul Gascoigne
  6. ^ a b Ross Barkley reminds Frank Lampard of a young Rooney
  7. ^ Bank on Barkley to shine at Blues says boss Moyes Archived 2012年8月25日, at WebCite
  8. ^ Everton's Ross Barkley breaks leg on England U19 duty
  9. ^ cahill speaks to grandoldteam
  10. ^ Barkley handed debut
  11. ^ Transfer deadline quotes of the day
  12. ^ Teenager Ross Barkley signs long-term Everton contract
  13. ^ Sheffield Wednesday sign Everton's Ross Barkley on loan
  14. ^ Brighton 3–0 Sheff Wed
  15. ^ Sheffield Wed 1–2 Bolton
  16. ^ Everton's Ross Barkley extends Sheffield Wednesday loan
  17. ^ Barkley To Return To Blues
  18. ^ Barkley Loaned To Leeds
  19. ^ EVERTON MIDFIELDER ARRIVES ON LOAN
  20. ^ EVERTON MIDFIELDER ARRIVES ON LOAN
  21. ^ Norwich 2–2 Everton
  22. ^ Premier League: Everton draw 2–2 with Norwich at Carrow Road
  23. ^ Swansea 1–2 Everton
  24. ^ Everton's Ross Barkley can reach the top, says Alan Hansen
  25. ^ Ross Barkley: Everton midfielder can star for England says Lineker
  26. ^ Everton 4-0 QPR
  27. ^ Newcastle 0–3 Everton
  28. ^ PFA Player of the Year award shortlist: Gerrard and Lallana nominated
  29. ^ Everton 2 Manchester City 3
  30. ^ Seamus Coleman is Toffees' player of the season while Ross Barkley wins best goal for Man City strike at Everton awards
  31. ^ Barkley Signs New Deal
  32. ^ Roberto Martínez: Ross Barkley may make Everton return in eight weeks
  33. ^ Everton 3-1 QPR
  34. ^ Everton 2-2 Watford
  35. ^ バークリーを獲得 チェルシーFC公式サイト 2018年1月6日
  36. ^ http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=34480
  37. ^ ロス・バークリーがアストンヴィラにレンタル移籍”. チェルシーFC (2020年9月30日). 2020年9月30日閲覧。
  38. ^ バークリーが退団”. チェルシーFC (2022年8月29日). 2022年8月29日閲覧。
  39. ^ 元イングランド代表MFバークリー、フリーでニース加入…ペペやラムジーの同僚に”. Goal.com (2022年9月5日). 2022年9月5日閲覧。
  40. ^ ニースが4選手の退団を発表、27試合出場のバークリーはフリーに、ペペはアーセナルに一旦復帰”. 超ワールドサッカー (2023年6月10日). 2024年5月13日閲覧。
  41. ^ 29歳MFバークリーがプレミアに復帰! 昇格組ルートン・タウン加入が発表”. サッカーキング (2023年8月10日). 2024年5月13日閲覧。
  42. ^ ASTON VILLA CONFIRM BARKLEY SIGNING”. Aston Villa FC (2024年7月1日). 2024年7月1日閲覧。
  43. ^ 泥酔チェルシー選手、警官にATMへ連れて行かれる「仰天シーン」がこれqoly 2019年10月1日
  44. ^ Ross Barkley’s Rise Makes Him A World Cup Banker
  45. ^ FA.com Profile: Ross Barkley
  46. ^ Johnson, Tim (30 September 2008). "Barkley follows Rodwell and Baxter into England side". Liverpool Echo.
  47. ^ England retain Montaigu title
  48. ^ England comeback seals U17 crown
  49. ^ Final squad named
  50. ^ Training win for Three Lions
  51. ^ England Under-21s thrash Scotland 6–0 in friendly
  52. ^ Andros Townsend and Ross Barkley in England squad
  53. ^ England 4–0 Moldova
  54. ^ England World Cup squad 2014: Ross Barkley and Raheem Sterling called up
  55. ^ England 1-2 Italy
  56. ^ Costa Rica 0-0 England
  57. ^ San Marino v England: How the players rated
  58. ^ Squad stats: 2010/11”. Soccerbase. 2014年11月19日閲覧。
  59. ^ Games played by Ross Barkley in 2011/2012”. Soccerbase. 2014年11月19日閲覧。
  60. ^ a b c Games played by Ross Barkley in 2012/2013”. Soccerbase. 2014年11月19日閲覧。
  61. ^ Games played by Ross Barkley in 2013/2014”. Soccerbase. 2014年11月19日閲覧。
  62. ^ Games played by Ross Barkley in 2012/2013”. Soccerbase. 2014年11月19日閲覧。
  63. ^ Games played by Ross Barkley in 2015/2016”. Soccerbase. 2015年8月8日閲覧。

外部リンク

[編集]