コンテンツにスキップ

オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オスカル
ブラジル代表でのオスカル (2014年)
名前
本名 オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール
Oscar dos Santos Emboaba Júnior
愛称 オスクラッキ
ラテン文字 Oscar
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1991-09-09) 1991年9月9日(32歳)
出身地 アメリカーナポルトガル語版
身長 179cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 中華人民共和国の旗 上海海港足球倶楽部
ポジション MF[1]
背番号 8
利き足 右足
ユース
1998-2004 ブラジルの旗 ウニオン・バルバレンセ
2004-2009 ブラジルの旗 サンパウロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 ブラジルの旗 サンパウロ 11 (0)
2010-2012 ブラジルの旗 インテルナシオナル 36 (11)
2012-2017 イングランドの旗 チェルシー 131 (21)
2017- 中華人民共和国の旗 上海上港 / 上海海港 147 (44)
代表歴2
2009-2011 ブラジルの旗 ブラジル U-20 25 (9)
2012  ブラジル U-23 6 (1)
2011-2015 ブラジルの旗 ブラジル 48 (12)
獲得メダル
男子 サッカー
オリンピック
2012 ロンドン サッカー
1. 国内リーグ戦に限る。2024年1月14日現在。
2. 2015年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール(Oscar dos Santos Emboaba Júnior, 1991年9月9日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身のサッカー選手上海海港足球倶楽部所属。元ブラジル代表。ポジションはミッドフィールダー[1]

オスカーオスカールと表記されることもある。

経歴

[編集]

クラブ

[編集]

2004年からブラジルのウニオン・アグリーコラ・バルバレンセFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、同年にサンパウロFCのユースチームに移籍。2008年にトップチーム昇格を果たした。2010年6月17日、SCインテルナシオナルに移籍。

チェルシー

[編集]

2012年7月25日、ロンドンオリンピックを前にしてイングランドチェルシーFCに移籍が決定[2][3][4][5]。8月19日のウィガン・アスレティックFC戦にエデン・アザールと交代で出場し、プレミアデビューを果たした[6][7]。9月19日のユヴェントスFC戦ではUEFAチャンピオンズリーグ初出場を飾ると、チェルシーの全2得点を挙げる活躍をみせた[8]。特に巧みなターンからゴール隅にミドルシュートを決めた2得点目は監督のロベルト・ディ・マッテオや相手GKのジャンルイジ・ブッフォンからも称賛を受けた[9][10]FIFAクラブワールドカップ2012にも出場し準決勝CFモンテレイ戦では先制点に繋がる素晴らしいヒールパスを披露し決勝SCコリンチャンス戦でも途中出場し試合終了間際にフェルナンド・トーレスに絶妙な縦パスを出すもオフサイドになってしまいチームも0-1で敗れた。2014-15シーズンからニューヨーク・シティFCに加入することが決まったフランク・ランパードの後を継ぎ背番号8番を着用することが決定した。

上海上港

[編集]

2016年12月22日、中国スーパーリーグ上海上港へ移籍することでクラブ間合意に達したことを公式サイトで発表した。移籍金6000万ユーロ[11] はアジアのクラブで発生した金額として歴代最高額。同じく中国スーパーリーグに移籍したカルロス・テベスエセキエル・ラベッシに次ぐ世界3位[12]、もしくは世界4位の年俸とされる[13]

2017年6月18日、アウェイの広州富力戦でボールを故意に相手選手に蹴りつけたとして乱闘騒ぎになり[14]、オスカル自身も8試合の出場停止処分を受けた。

代表

[編集]

ブラジル代表として2011南米ユース選手権に出場し、チームの優勝に貢献した。ロンドンオリンピックでは全7試合に出場し銀メダル獲得に貢献した。

A代表では、2011年9月14日のアルゼンチンとの親善試合でデビュー。2012年6月9日の同じくアルゼンチンとの親善試合で代表初得点を挙げた。2014年母国ブラジル開催のワールドカップのメンバーに選出され、開幕戦クロアチア戦、ドイツ戦でゴールを決めた。また大会のベストイレブンに選ばれた。

中国リーグに参戦した2017年以降はブラジル代表には招集されておらず、2020年に入り、オスカルは中国のメディアのインタビューで、「ルールが改正されたら」という条件付きながら、中国代表入りに意欲的な受け答えをしたと言われている[15]

エピソード

[編集]

妻のルドミラ夫人は日系人。ゴールを決めると必ず妻の名前頭文字のLを指で表現してゴールを捧げている[16]

個人成績

[編集]
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
サンパウロ 2008 セリエA 0 0 0 0 - 1 0 - 1 0
2009 11 0 0 0 - 1 0 1 0 13 0
通算 11 0 0 0 0 0 2 0 1 0 14 0
インテルナシオナル 2010 セリエA 5 0 0 0 - 0 0 1 0 6 0
2011 26 10 0 0 - 6 3 12 0 44 13
2012 5 1 0 0 - 6 1 9 4 20 6
通算 36 11 0 0 0 0 12 4 22 4 70 19
チェルシー 2012-13 プレミア 34 4 7 2 5 0 15 6 3 0 64 12
2013-14 33 8 3 2 0 0 10 1 1 0 47 11
2014-15 28 6 2 0 4 1 7 0 - 41 7
2015-16 27 3 4 3 1 0 7 2 1 0 40 8
2016-17 9 0 0 0 2 0 - - 11 0
通算 131 21 16 7 12 1 39 9 5 0 203 38
上海上港 2017 中国超級 22 3 6 3 - 12 3 - 40 9
2018 29 12 3 0 - 8 4 - 40 16
2019 28 9 3 2 - 10 3 1 0 42 14
2020 16 5 1 1 - 6 0 - 23 6
上海海港 2021 22 5 3 0 - 0 0 - 25 5
2022 3 1 2 1 - - - 5 2
2023 17 5 1 0 - - - 18 5
通算 137 40 19 7 0 0 36 10 1 0 193 57
総通算 315 72 35 14 12 1 89 23 29 4 480 114


代表歴

[編集]

出場大会

[編集]

試合数

[編集]

国際Aマッチ 47試合 12得点 (2011年 - 2015年)


ブラジル代表国際Aマッチ
出場得点
2011 2 0
2012 10 4
2013 15 4
2014 16 3
2015 4 1
通算 47 12

ゴール

[編集]
2014 FIFAワールドカップ、クロアチア戦での得点を喜ぶオスカル
# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2012年6月9日 アメリカ合衆国の旗 イーストラザフォード  アルゼンチン 2-2 3-4 親善試合
2. 2012年9月10日 ブラジルの旗 レシフェ  中華人民共和国 8-0 8-0
3. 2012年10月11日 スウェーデンの旗マルメ イラクの旗 イラク 1-0 6-0
4. 2-0
5. 2013年3月21日 スイスの旗 ジュネーヴ  イタリア 0-2 2-2
6. 2013年6月9日 ブラジルの旗 ポルト・アレグレ  フランス 1-0 3-0
7. 2013年10月12日 大韓民国の旗 ソウル  韓国 0-2 0-2
8. 2013年10月15日 中華人民共和国の旗 北京  ザンビア 1-0 2-0
9. 2014年3月5日 南アフリカ共和国の旗 ヨハネスブルグ  南アフリカ共和国 0-1 5-0
10. 2014年6月12日 ブラジルの旗 サンパウロ  クロアチア 3-1 3-1 2014 FIFAワールドカップ
11. 2014年7月8日 ブラジルの旗 ベロオリゾンテ  ドイツ 1-7 1-7
12. 2015年3月26日 フランスの旗 サン=ドニ  フランス 1-1 1-3 親善試合

タイトル

[編集]

クラブ

[編集]
SCインテルナシオナル
チェルシーFC
上海海港

代表

[編集]
U-19ブラジル代表
U-20ブラジル代表
U-23ブラジル代表
ブラジル代表

個人

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b “オスカル”. ゲキサカ. https://web.gekisaka.jp/player/?22523-1640-eup&code=oscar 2023年11月2日閲覧。 
  2. ^ “Chelsea complete £19 million deal for Brazil international Oscar”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/sport/football/premier-league/chelsea-complete-19m-deal-for-brazil-international-oscar-ef  [リンク切れ]
  3. ^ “Oscar completes Chelsea move”. Daily Mail (London). (2012年7月25日). http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2178861/Oscar-completes-Chelsea-move.html 2012年8月2日閲覧。 
  4. ^ Chelsea sign Brazil midfielder Oscar on five-year deal”. BBC Sport (2012年7月26日). 2012年8月2日閲覧。
  5. ^ “Chelsea Oscar deal agreed”. Sky Sports. (2012年7月17日). http://origin.skysports.com/tv_show/story/0,20144,12975_7904965_12975,00.html 2012年8月2日閲覧。 
  6. ^ Match Report: Wigan Athletic 0–2 Chelsea”. BBC Sport (2012年8月19日). 2017年5月5日閲覧。
  7. ^ Match Report: Wigan Athletic 0 Chelsea 2”. Chelsea F.C (2012年8月19日). 2014年5月5日閲覧。
  8. ^ オスカル、CLデビューに興奮”. Goal.com (2012年9月20日). 2012年10月12日閲覧。
  9. ^ ディ・マッテオ:「オスカルの2点目は素晴らしかった」”. Goal.com (2012年9月20日). 2012年10月12日閲覧。
  10. ^ ブッフォン、オスカルの2点目を称賛”. Goal.com (2012年9月20日). 2012年10月12日閲覧。
  11. ^ 上港官方证实奥斯卡转会费6000万欧 元旦后抵沪_中超_新浪竞技风暴_新浪网”. sports.sina.com.cn. 2018年11月6日閲覧。
  12. ^ “C・ロナ、メッシ超え…中国移籍のオスカル、年俸は世界第3位に”. サッカーキング. (2016年12月26日). https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20161226/531713.html 2018年1月4日閲覧。 
  13. ^ “中国が世界を席巻!サッカー選手の年俸ランキングベスト10!”. Golaco. (2017年2月1日). http://www.golaco.club/articles/3250 2018年1月4日閲覧。 
  14. ^ 奥斯卡谈冲突:谁踢球谁知道 那是个正常的动作-搜狐体育”. sports.sohu.com. 2018年11月6日閲覧。
  15. ^ オスカルが中国代表に!? 「ルールが変わるならヘルプ可能」”. 超ワールドサッカー (2020年7月28日). 2020年7月28日閲覧。
  16. ^ “Oscar determined to make Chelsea champions of the world after European failure”. デイリー・メール. (2012年12月9日). オリジナルの2012年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121210082441/http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2245584/Oscar-determined-win-Club-World-Cup-Chelsea.html 「Sao Paulo has one of the world’s largest Japanese communities outside Japan and Oscar’s wife Ludmila’s grandfather is Japanese.」

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]