マクスウェル・シェレル・カベリーノ・アンドラーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はカベリーノ第二姓(父方の)はアンドラーデです。
マクスウェル Football pictogram.svg
Sherrer Maxwell (PSG).JPG
名前
本名 マクスウェル・シェレル・カベリーノ・アンドラーデ
ラテン文字 Maxwell Scherrer Cabelino Andrade
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1981-08-27) 1981年8月27日(35歳)
出身地 エスピリトサント州の旗エスピリトサント州
カショエイロ・ジ・イタペミリン
身長 177cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC
ポジション DF(LSB)
背番号 17
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 ブラジルの旗 クルゼイロ 27 (2)
2001-2006 オランダの旗 アヤックス 114 (9)
2006-2009 イタリアの旗 インテル・ミラノ 79 (2)
2009-2012 スペインの旗 バルセロナ 57 (0)
2012- フランスの旗 パリ・サンジェルマン 125 (12)
代表歴2
2004 ブラジルの旗 ブラジル U-23 6 (0)
2013-2014 ブラジルの旗 ブラジル 10 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年6月30日現在。
2. 2014年10月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マクスウェル・シェレル・カベリーノ・アンドラーデ(Maxwell Scherrer Cabelino Andrade、1981年8月27日 - )は、ブラジルカショエイロ・ジ・イタペミリン出身のサッカー選手リーグ・アンパリ・サンジェルマンFC所属。

経歴[編集]

2000年にブラジルのクルゼイロECのユースチームでキャリアをスタートさせた。2001-2002シーズンにオランダアヤックスへ移籍すると、1年目からコンスタントに出場し、2002-2003シーズンにはチャンピオンズリーグベスト8進出へ貢献。そして2003-2004シーズンにはリーグ最優秀選手に選出される活躍を見せ、同年にセレソンへ初選出された(ただし出場機会は無かった)。

2004-2005シーズンはシーズン終盤の2005年4月21日KNVBカップ準決勝で右膝十字靭帯を断裂する大怪我を負うが、2006年1月31日インテル入団が決定。一旦エンポリFCに登録した上で、7月13日に正式加入した。

2006-2007シーズンは序盤こそファビオ・グロッソに定位置を譲っていたが、彼の怪我や不調に伴い徐々に出場機会を増やすと、マイコンと共にサイドからの攻めを担った。ホームのパルマ戦ではセリエA初ゴールを記録し完全復活を印象付けた。しかし、2008-2009シーズンは若手のダビデ・サントンの台頭によって出場機会を失い、2009年7月15日FCバルセロナへ移籍。移籍金は450万ユーロ+50万ユーロのオプション。出番こそ少なかったものの、エリック・アビダルの貴重な控えとしてチームに貢献した。

2012年1月12日フランスパリ・サンジェルマンFCに移籍金250万ユーロ(約2億4600万円)前後の2年半契約で移籍した。

2013年8月14日スイス代表との親善試合でブラジル代表初出場を果たし、翌年の2014 FIFAワールドカップでも1試合に出場したが、2014年10月7日に代表引退を表明した[1]

特徴[編集]

ポジションは基本的に左サイドバックだが、左サイドならウイングやサイドハーフ、ウイングバック等どのポジションでもプレー可能で、更にセンターハーフでもプレーできる。インテルではイバン・コルドバズラタン・イブラヒモビッチと言った足の速い選手がいる中でチームNO.1の俊足を誇っていた。なお、イブラヒモビッチとはアヤックス時代からのチームメイトで公私ともに仲が良い。

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

オランダの旗 アヤックス
イタリアの旗 インテル
スペインの旗 FCバルセロナ
フランスの旗 パリ・サンジェルマンFC

個人[編集]

  • オランダ年間最優秀選手 : 2004

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]