ベン・フォスター (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベン・フォスター Football pictogram.svg
Foster wba.jpg
2012年
名前
本名 ベンジャミン・アンソニー・フォスター
ラテン文字 Ben FOSTER
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1983-04-03) 1983年4月3日(33歳)
出身地 County Flag of Warwickshire.svg ウォリックシャー州ロイヤル・レミントン・スパ
身長 193cm
体重 90kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC
ポジション GK
背番号 1
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2005 イングランドの旗 ストーク 0 (0)
2002 イングランドの旗 ブリストル・シティ (loan) 0 (0)
2002-2003 イングランドの旗 ティヴァートン (loan) 0 (0)
2004 イングランドの旗 スタンフォード (loan) 0 (0)
2004 イングランドの旗 ギターミンスター (loan) 2 (0)
2005 イングランドの旗 レクサム (loan) 17 (0)
2005-2010 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 12 (0)
2005-2007 イングランドの旗 ワトフォード (loan) 73 (0)
2010-2012 イングランドの旗 バーミンガム 38 (0)
2011-2012 イングランドの旗 WBA (loan) 37 (0)
2012- イングランドの旗 WBA 82 (0)
代表歴2
2007- イングランドの旗 イングランド 8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年4月11日現在。
2. 2016年8月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ベン・フォスター(Benjamin Anthony "Ben" Foster, 1983年4月3日 - )は、イングランドロイヤル・レミントン・スパ出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパープレミアリーグWBA所属。

来歴[編集]

地元の小さなクラブチーム、レーシング・クラブ・ウォリックでキャリアを始める。2005年7月19日ストーク・シティからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。この移籍はアレックス・ファーガソンが偶然見に来た試合で出場していたGKがフォスターであり、その試合での活躍から獲得が決まった。

ただし、エトヴィン・ファン・デル・サールがその後に加入したため、すぐに下部リーグのワトフォードFCへとレンタル移籍で放出。ワトフォードではチャンピオンシップ3位に入り、7季ぶりのプレミアリーグ昇格に貢献をする。昇格したワトフォードからの要請もあり、2006-2007シーズンも継続してプレーすることになったが、開幕から低迷を続けて最下位(20位)に終わり1シーズンでプレミアリーグから降格した。

シーズン終了後はマンチェスター・ユナイテッドへと帰還。ファンデルサールとの正GK争いを期待されたが、オフに以前から痛めていた膝の手術を決意した。この手術によって2007-08シーズンの大半をリハビリで過ごすことを余儀なくされた。

リハビリ生活を乗り越えたフォスターは2008年3月6日リザーブリーグミドルスブラFC戦で復帰。その後もしばらくリザーブリーグでコンディションを整える予定であったが、ファン・デル・サールとトマシュ・クシュチャクが相次いで離脱したため、怪我からの復帰したばかりではあったが急遽起用されることとなった。

そして、3月15日のプレミアリーグ第28節のダービー・カウンティFC戦でようやくマンチェスター・ユナイテッドの選手として公式戦デビューを飾る。ピッチコンディションも悪く、何より長期離脱から復帰して間もないという最悪の状況だったにも関わらず、フォスターは2度の決定的なシュートを防いで劣勢のチームを救うなどの活躍で1-0での勝利に貢献。試合後、ファーガソンから名指しで賞賛を受けた。

2009年3月1日カーリング・カップ決勝のトッテナム・ホットスパーFC戦では先発出場し、終始安定したパフォーマンスを披露。延長戦の末にPK戦となったが、ここでも好セーブを見せチームの優勝へと大きく貢献した。この年はファンデルサールの負傷離脱もあってユナイテッド加入後最多となる9試合に出場した。しかし、ユナイテッドでは正GK獲得には至らなかった。

2010年5月19日バーミンガム・シティFCへ3年契約で移籍した。正GKとしてチームを48年ぶり2度目のカーリング・カップ制覇に導き、リーグ戦でも全38試合に出場した。しかしリーグ戦では得点力不足が響いて18位と低迷し、チームのチャンピオンシップ降格を防ぐことはできなかった。

2011年7月29日トルコブルサスポルへ移籍したスコット・カーソンの後釜としてWBAへレンタル移籍。最終節のアーセナル戦は故障で欠場したが、それ以外の試合ではフル出場を果たし10試合で完封するなどの活躍をみせ、チームもプレミアリーグ発足後最高となる10位の成績を残した。2012年6月29日、WBAへ完全移籍。

2007年2月7日スペインとの親善試合でイングランド代表デビューを果たした。その後はクラブで出番に恵まれないこともあってポール・ロビンソンデイビッド・ジェームズロバート・グリーンらに代わってポジションを獲得するまでには至らず代表からは遠ざかっていたが、2010年8月7日ハンガリーとの親善試合において約1年ぶりに代表に招集された。現在はジョー・ハートの控えとなっている。

エピソード[編集]

  • マンチェスター・ユナイテッドに所属する前は下部リーグのストーク・シティに所属していたが、そこから毎年のようにレンタル移籍で放出されていたことから彼の評価は必ずしも高いわけではなかった。そのため、2005年の夏にマンチェスター・ユナイテッドが無名に近い彼を獲得したことは人々を驚かせた。
  • ファーガソンをして「フォスターがいれば向こう10年イングランド代表はゴールキーパーに困らない」と評していた。
  • スペイン代表戦に先発出場したことにより、元所属のマンチェスター・ユナイテッドの選手としてではなく、イングランド代表として先にオールド・トラッフォードでのデビューを飾ったという変わった経歴の持ち主でもある。
  • 2007年3月17日トッテナム・ホットスパーFC戦では相手GKポール・ロビンソンに88mのロングシュートを決められた。
  • 2009年3月1日のカーリング・カップ決勝・トッテナム戦のPK戦前にiPodを使用し、マンUの勝利に貢献したことが話題となった。PK戦が始まる直前にGKコーチのエリック・スティールが持っていたiPodでジェイミー・オハーラのPKシーンの映像をチェックし、オハーラが映像で見たのと同じサイドにシュートを蹴りこんだため、コースを読んでいたフォスターがこれを見事にセーブしたため。試合後、FAは「ゲームのルールに反していない限りは、問題はない」との見解を示している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スポーツナビ (2009年3月3日). “マンUのGKフォスター、PK戦直前にiPodで相手をチェック”. 2009年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]