アダム・ララーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アダム・ララーナ Football pictogram.svg
Adam Lallana.jpg
リヴァプールFCでのララーナ(2018年)
名前
本名 アダム・デヴィッド・ララーナ
Adam David Lallana
ラテン文字 Adam LALLANA
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス (イングランドの旗 イングランド)
生年月日 (1988-05-10) 1988年5月10日(30歳)
出身地 セント・オールバンズ
身長 172cm[1]
体重 73kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 リヴァプールFC
ポジション MF (OMF)
背番号 20
利き足 右足
ユース
-2000 イングランドの旗 ボーンマス
2000-2006 イングランドの旗 サウサンプトン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2014 イングランドの旗 サウサンプトン 235 (48)
2007 イングランドの旗 ボーンマス (loan) 3 (0)
2014- イングランドの旗 リヴァプール 100 (17)
代表歴2
2006 イングランドの旗 イングランド U-18 1 (0)
2006 イングランドの旗 イングランド U-19 1 (0)
2008 イングランドの旗 イングランド U-21 1 (0)
2013- イングランドの旗 イングランド 33 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月24日現在。
2. 2017年6月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アダム・デヴィッド・ララーナAdam David Lallana, 1988年5月10日 - )は、イギリス (イングランド)・セント・オールバンズ出身[2]サッカー選手プレミアリーグリヴァプールFC所属。イングランド代表。ポジションはミッドフィールダー

日本ではアダム・ララナと表記されることがある。祖父はスペイン人である。

来歴[編集]

クラブ[編集]

セント・オールバンズ生まれで、5歳のときにボーンマスに移り、2000年、12歳でサウサンプトンのアカデミーに加入した[1][3]

サウサンプトンFC[編集]

2004-05シーズンは、セオ・ウォルコットガレス・ベイルレオン・ベストネイサン・ダイアーらと共にFAユースカップ準優勝に貢献し[4]、U-17イングランド代表招集のためのメディカルチェックを受けたが、そこで不整脈が発見され、手術をした。

2006年8月23日、リーグカップヨーヴィル・タウンFC戦でトップチームデビューした。

2008年4月28日、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦でプロ初ゴール。このゴールはチームのチャンピオンシップ(2部)残留への希望をつなぐ先制点であった(結局、この試合は1-1の引き分けであった)[5]

2008-09シーズンはレギュラーとなってリーグ戦40試合に出場し、翌2009-10シーズンは合計20ゴールを挙げ、チームの中心選手となった。

いくつかのプレミアリーグのチームが関心を持つ中、2011年1月、サウサンプトンFCと4年半の新たな契約を結んだ[6]。2010-11シーズンは、リーグ戦8ゴールを挙げて、リーグ1PFA年間ベストイレブンに選出された[7]

2014年リヴァプールFCでプレーするララーナ

2011-12シーズンは、開幕戦のリーズ・ユナイテッドAFC相手に、3-1の勝利に貢献するゴールを決めたのを皮切りに[8]、リーグ戦11ゴール、全大会含めて13ゴールを挙げてチームのプレミアリーグ昇格に貢献し、チャンピオンシップPFA年間ベストイレブンに選出された[7]

リヴァプールFC[編集]

2014年7月1日、リヴァプールFCへの移籍が決定した[9][10]。背番号は『20』に決定。また、移籍金は2500万ポンド(約43億2000万円)とも言われる高額な移籍金だと報道された。リヴァプールのロジャーズ監督は「プレミアリーグで最高峰の才能を持つララーナと契約できて本当に嬉しいよ。彼は特別な若者で、成長することに飢えている。戦術理解度も高く、リーダーシップも持っている。彼なら、リヴァプールというクラブが持つ文化に完璧にフィットすると確信している」 と加入時は語った[11]

2014年10月4日のウエストブロム戦でリヴァプールでの初ゴールを決めた。[12]2015年1月1日に行われたプレミアリーグ第20節のレスター・シティ戦で、ふくらはぎを負傷し55分に交代した。負傷で最大1カ月の離脱を強いられた[13]2014-15シーズンはリヴァプール加入初年度でララーナ自身怪我もあって、チームは無冠で悔しいシーズンになった。

2017年2月、契約を2020年まで延長したことを発表。

2015-16シーズン途中からリヴァプールの監督にユルゲンクロップが就任し、当初はクロップのサッカーに合わず戦力外になるのではとメディアから予測されていたが、翌シーズンには、4-3-3のインサイドハーフで必要不可欠な選手となり、サディオ・マネ、ロベルトフィルミーノ、フィリペコウチーニョらと強力な攻撃陣を築き、2013-14シーズン以来のCL出場権の獲得に貢献した。

2017-18シーズン、プレシーズン中に負傷し[14]、長期離脱、その後復帰しベンチからの出場など続けイングランド代表にも復帰していたが、3月31日のクリスタルパレス戦で先発出場からわずか5分後、負傷により再び戦列を離脱した[15]

イングランド代表経歴[編集]

2006年4月17日、U-18イングランド代表として、出身地のボーンマスで行われたU-18スロベニア代表戦に出場し、ゴールを挙げてチームの勝利に貢献した。その後、2006年10月9日、U-19イングランド代表としてU-19オーストリア代表戦に、2008年11月18日、U-21イングランド代表としてU-21チェコ代表戦に、それぞれ出場した。

2012年9月10日、2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ウクライナ戦のために、イングランド代表に初招集された[16]

2013年11月15日のチリとの親善試合で代表初出場を果たした。

2014年6月ワールドカップブラジル大会のメンバー23人に含まれ、グループリーグのイタリア戦でスタリッジとの交代でラスト10分間プレーした。[17]

2015年3月27日にUEFA EURO 2016予選リトアニア代表戦、2015年3月31日にイタリア代表と親善試合に臨む代表メンバーにララーナは招集されたが、負傷離脱した[18]

2016年6月ユーロフランス大会出場。

2016年9月4日2018のFIFAワールドカップ・ヨーロッパ予戦スロバキア戦で、後半アディショナルタイムに決勝点となる代表初ゴールを挙げた[19]。2016年11月11日のスコットランド戦でもチーム3点目となるゴールを決めた。2016年の代表での活躍もあり、2017年1月イングランドプレーヤーオブザアワードを受賞した。.[20]

個人成績[編集]

2017年5月24日現在
クラブ シーズン ディビジョン リーグ戦 FA杯 リーグ杯 CL EL EFL 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
サウサンプトン 2006-07 チャンピオンシップ 1 0 0 0 1 0 2 0
2007-08 5 1 0 0 0 0 5 1
2008-09 40 1 0 0 3 1 43 2
2009-10 リーグ1 44 15 5 1 2 2 5 2 56 20
2010-11 36 8 3 2 2 1 0 0 41 11
2011-12 チャンピオンシップ 41 11 2 1 3 1 46 13
2012-13 プレミアリーグ 30 3 0 0 0 0 30 3
2013-14 38 9 3 1 1 0 42 10
通算 235 48 13 5 12 5 - - 5 2 265 60
ボーンマスloan 2007-08 リーグ1 3 0 0 0 0 0 1 0 4 0
リヴァプール 2014-15 プレミアリーグ 27 5 4 1 4 0 6 0 41 6
2015-16 30 4 0 0 6 0 13 3 49 7
2016-17 31 8 1 0 3 0 - 35 8
通算 88 17 5 1 13 0 6 0 13 3 6 2 125 21
総通算 326 65 18 6 25 5 6 0 13 3 6 2 394 81

試合数[編集]

国際Aマッチ 33試合 3得点(2013年- )


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2013 2 0
2014 11 0
2015 6 0
2016 10 3
2017 4 0
通算 33 3

ゴール[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2016年9月4日 スロバキアの旗トルナヴァシュタディオーン・アントナ・マラティンスケーホ スロバキアの旗 スロバキア 1–0 1–0 2018 FIFAワールドカップ予選
2 2016年11月11日 イングランドの旗ロンドンウェンブリー・スタジアム スコットランドの旗 スコットランド 2–0 3–0 2018 FIFAワールドカップ予選
3 2016年11月15日 イングランドの旗ロンドン、ウェンブリー・スタジアム スペインの旗 スペイン 1–0 2–2 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サウサンプトンFC

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c PLAYER PROFILE SOUTHAMPTON FC OFFICIAL WEBSITE(2012年8月29日閲覧)
  2. ^ "BANK ON ADAM (From Bournemouth Echo)" DAILY ECHO(2012年8月29日閲覧)
  3. ^ Adam Lallana The FA.com(2012年9月14日閲覧)
  4. ^ "Adam Lallana could not believe England call" Mail Online(2012年9月12日閲覧)
  5. ^ "West Brom 1–1 Southampton" BBC Sport(2012年8月30日閲覧)
  6. ^ "Lallana signs new Saints deal (From Daily Echo)" DAILY ECHO(2012年8月30日閲覧)
  7. ^ a b Championship XI SKY SPORTS(2012年9月13日閲覧)
  8. ^ "Southampton 3–1 Leeds" BBC Sport(2012年8月30日閲覧)
  9. ^ "Liverpool complete Lallana deal" Liverpool F.C. Official Website(2014年7月1日閲覧)
  10. ^ リヴァプールがサウサンプトンのMFララーナを獲得…クラブ公式発表soccerking 2014年7月1日
  11. ^ リヴァプール監督が手放しで称賛「ララーナは完璧にフィットする」soccerking 2014年7月2日
  12. ^ “Liverpool 2–1 West Brom”. BBC Sport. (2014年10月4日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/29389680 2014年10月4日閲覧。 
  13. ^ リヴァプールMFララーナは1カ月の離脱へ…元日のレスター戦で負傷soccerking 2015年1月6日
  14. ^ ララーナ、負傷で2カ月の離脱...開幕戦、CLプレーオフを控えるリヴァプールに痛手-goal.com 2018年8月5日
  15. ^ リヴァプールMF、出場5分後に途中交代…再びハムストリングを負傷-soccer king 2018年4月1日(2018年4月15日閲覧)
  16. ^ "Shock England call for trio" SKY SPORTS(2012年9月11日閲覧)
  17. ^ McNulty, Phil (2014年6月14日). “Italy 2–1 England”. BBC Sport. http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/25285071 2014年6月15日閲覧。 
  18. ^ イングランド代表、ララーナとスタリッジが負傷離脱…メイソンが初招集soccerking 2015年3月24日
  19. ^ “幸運のコイン”がイングランドを勝利に導く ララーナの土壇場弾で白星発進/W杯欧州予選 スカパー 2016年9月5日
  20. ^ http://www.thefa.com/news/2017/jan/29/300117-adam-lallana-vauxhall-england-player-of-the-year-2016
  21. ^ Under 18s Table 2005/06 FONCY(2012年9月13日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]