ハリー・ケイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリー・ケイン Football pictogram.svg
Harry Kane (24685589756) (cropped).jpg
名前
本名 ハリー・エドワード・ケイン
Harry Edward Kane
愛称 The Hurricane
ラテン文字 Harry KANE
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリスイングランドの旗 イングランド
生年月日 (1993-07-28) 1993年7月28日(24歳)
出身地 ロンドン ウォルサム・フォレスト区
身長 188cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC
ポジション FW (CF)
背番号 10
利き足 右足
ユース
-2001 イングランドの旗 リッジウェイ・ローヴァーズFC
2001-2002 イングランドの旗 アーセナルFC
2002-2004 イングランドの旗 ワトフォードFC
2004-2010 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010- イングランドの旗 トッテナム・ホットスパーFC 113 (78)
2011 イングランドの旗 レイトン・オリエントFC (loan) 18 (5)
2012 イングランドの旗 ミルウォールFC (loan) 22 (7)
2012-2013 イングランドの旗 ノリッジ・シティFC (loan) 3 (0)
2013 イングランドの旗 レスター・シティFC (loan) 13 (2)
代表歴2
2010 イングランドの旗 イングランド U-17 3 (2)
2010-2012 イングランドの旗 イングランド U-19 14 (6)
2013 イングランドの旗 イングランド U-20 3 (1)
2013-2015 イングランドの旗 イングランド U-21 14 (8)
2015- イングランドの旗 イングランド 23 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月21日現在。
2. 2017年10月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハリー・エドワード・ケインHarry Edward Kane1993年7月28日 - )は、イングランドウォルサム・フォレスト・ロンドン特別区出身のサッカー選手プレミアリーグトッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード(CF、ST)・ミッドフィルダー(OMF、SMF)。

トッテナム・ホットスパーFC下部組織からの生え抜きの選手で、2015年よりイングランド代表。利き足は右足。

生い立ち[編集]

地元のクラブ、リッジウェイ・ローヴァーズFCに入団し、フットボールを始めた。 7歳の時にスカウトを受けて、アーセナルFCのユースチームに入団した。アーセナルFCに入団した時には既にスパーズファンだったため、当時からスパーズ(トッテナム・ホットスパーの愛称)のシャツが着たかったとも語っている。 加入後約1年でアーセナルFCから放出されて、ワトフォードFCのユースチームに入団、その後11歳でトッテナム・ホットスパーFCのユースチームに入団した[1]

クラブ経歴[編集]

ユース・レンタル移籍時代[編集]

2004年からトッテナム・ホットスパーFCのユースチームでプレー。2009-2010シーズンには出場こそ無かったもののカップ戦でトップチームでのベンチ入りも経験した。

2010-2011シーズンの2011年1月7日レイトン・オリエントFCにシーズン終了までの期限付きで移籍。

レンタル時代のケイン

2011-2012シーズンの2011年8月25日UEFAヨーロッパリーグ・プレーオフ第2戦のハート・オブ・ミドロシアンFC戦でトップチームデビュー。同年12月15日、ヨーロッパリーグのグループリーグ第6節、シャムロック・ローヴァーズFC戦(4-0)でトップチームでの初ゴールを決めてこの試合の勝利に貢献したが、チームは勝ち点で及ばずグループリーグで敗退した。シーズン前半はクラブで過ごしたが、2012年1月1日、当時のチームメイトであるライアン・メイソンと共にフットボールリーグ・チャンピオンシップミルウォールFCにレンタル移籍する。移籍後はシーズン後半だけで9ゴールをあげる活躍を見せ、ミルウォールのファンが選ぶ最優秀若手選手に選ばれた[2]

2012年8月19日、2012-2013シーズン開幕戦のニューカッスル・ユナイテッドFC戦終盤に途中出場しプレミアリーグデビューを果たす。同年9月1日、プレミアリーグのノリッジ・シティFCへレンタル移籍。2013年1月にトッテナムに復帰したが、2月にレスター・シティFCにレンタル移籍。

トッテナム・ホットスパー時代[編集]

2013/14シーズン[編集]

2014年1月からトッテナムに復帰、リーグカップのハル戦で初得点。その後2014年4月のサンダーランド戦でプレミアリーグ初先発、初得点を記録すると、そこから3試合連続ゴールを記録した。リーグ戦では途中出場などで、3ゴールを決めるなど、トップチームに定着するシーズンとなった。

2014/15シーズン[編集]

2014-2015シーズンからは前シーズンまでジャーメイン・デフォーが着けていた背番号18に変更、不振のロベルト・ソルダードに代わりスターティングメンバーに定着、ブレイクを果たした。 2014年10月23日に行われたUEFAヨーロッパリーグ 2014-15アステラス・トリポリFC戦でハットトリックを達成。しかし、後半41分にウーゴ・ロリスが退場し、交代枠を使い切ったため急遽ゴールキーパーと臨時キャプテンを務め、1失点を喫するという珍記録を作った[3]
11月2日アストン・ヴィラ戦では、試合終了間際に直接フリーキックを決めて決勝点を挙げた[4]2015年元旦チェルシーFC戦では2ゴール1アシストの活躍を見せた[5]。その後も得点を重ね、1月のプレミアリーグ月間最優秀選手に選出されると[6]、2月7日のアーセナルFC戦で2ゴール[7]、続くリバプールFC戦で1ゴールの活躍を見せた[8]。 プレミアリーグ第27節のクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦で2得点を挙げ、この時点で得点ランキングトップのジエゴ・コスタセルヒオ・アグエロに1点差まで詰めた[9]。この活躍で、ロビー・ファウラーデニス・ベルカンプクリスティアーノ・ロナウドに次いで史上4人目の快挙となる2か月連続のプレミアリーグ月間最優秀選手に選ばれた[10]。プレミアリーグ第30節、レスター戦でプレミアリーグでは自身初となるハットトリックを決め、一時得点ランキングトップに立った。 スイスのスポーツ研究国際センターが発表した、2015年1月1日から同年3月までの選手パフォーマンスのポジション別のランキングでは、フォワード部門で1位のリオネル・メッシ、2位アリエン・ロッベン、4位ルイス・スアレス、5位ジエゴ・コスタらに続いて6位にランクインした。これはクリスティアーノ・ロナウドやカリム・ベンゼマネイマール、元トッテナムのエースであるガレス・ベイルを凌ぐ結果となった[11]3月は5得点したが、同じく5得点したオリヴィエ・ジループレミアリーグ月間最優秀選手を譲り、史上初の3か月連続受賞とはならなかった。2015年4月5日バーンリーFC戦では、初めてキャプテンマークを巻いて出場した[12]。このシーズンは最終的にリーグ戦34試合21得点を挙げてアグエロに次ぐ得点ランキング2位になり、PFA年間ベストイレブンPFA年間最優秀若手選手賞を受賞した。PFA年間最優秀選手賞エデン・アザールに譲る形となった[13][14]。シーズン終盤にはFCバルセロナなどからの関心が伝えられ、特にマンチェスター・ユナイテッドFCは4500万ポンド(約84億8000万円)を準備しているなどの話があがった[15][16]

2015/16シーズン[編集]

2015-16シーズンより背番号を10に変更、ケインはクラブのレジェンドになりたい。と変更の理由をDaily Telegraph紙に語った。[17]9月26日のマンチェスターシティ戦でシーズン初ゴールを記録、その後2015年11月のボーンマス戦ではハットトリックを達成するなど前シーズンを上回るハイペースで得点を量産した。特に3月はリーグ戦4試合で5得点を記録し月間最優秀選手に選ばれた[18]。4月2日のリヴァプール戦で22得点目を決め、スパーズでのプレミアリーグ1シーズンの中でのクラブ最多得点を記録した。[19]最終的にアグエロとジェイミー・ヴァーディを抑えてプレミアリーグの得点王であるゴールデンブーツを獲得した(スパーズの選手としてはテディ・シェリンガム以来の受賞)[20]

2016/17シーズン[編集]

2016-17シーズン序盤、怪我でリーグ戦5試合を欠場するなど苦しいスタートとなった[21]。シーズン中盤に差し掛かる2016年12月1日、ケインはスパーズとの契約を2022年まで延長[22]。2017年1月14日のウエストブロム戦では、自身プレミアリーグでの3回目となるハットトリックを決めた。 2017年2月19日FAカップ5回戦フラム戦にて再びハットトリックを達成。 2017年2月26日のストーク戦では前半14分に通算100ゴールを記録すると、32分と37分にも続けざまにゴールを決め、9試合で3回目となるハットトリックを達成した[23]。 次ぐ2017年3月5日エヴァートン戦でも強烈なミドルなどで2得点を決め、この時点で得点王争いの単独トップに立っていた[24]。またこの試合でのゴール後のパフォーマンスが話題を呼び、英衛星放送のSKYSPORTSではこの話題に乗じて「プレミアリーグ最高のゴールセレブレーション」と題した特集が組まれた。ケインは同局のインタビューで「シーズン序盤ではあまりゴールを決められなかった、だからささやかなセレブレーションを考えた」と語った。[25]2017年3月10日、自身4度目となるプレミアリーグ2月の最優秀選手に選ばれた。[26]。しかし怪我のため、約1月間離脱していたが、[27] 4月15日のボーンマス戦でスタメンに復帰すると、その試合で3シーズン連続の20ゴール以上となる得点を決めた[28][29]。 怪我の為シーズン中に8試合を欠場したが、2017年4月には活躍が認められて、PFA年間ベストイレブンに選出された[30][31]。 5月14日ホワイトハートレインでの最後のホームゲーム、マンチェスターU戦において、アウトサイドで技ありの決勝点を決め、勝利に貢献した[32]。5月18日、延期されていた第34節レスター戦ではキャリア初の4得点を決め、再び得点王争いのトップに立った[33]。プレミアリーグ最終節のハルシティ戦で再びハットトリックを達成[34]、リーグ戦通算29ゴールとし、2年連続プレミアリーグ得点王となった。またPFAのファンが選ぶ2016-17シーズンのプレミアリーグMVPに選ばれた[35][36]

2017/18シーズン[編集]

2017-18シーズン開幕から3試合ノーゴールであったが、開幕から4試合目のエヴァートンとのゲームで2ゴールを決め、前半28分の1点目がトッテナムでの通算100ゴールとなった[37][38]。9月23日ウエスト・ハムとの試合では先制点とトッテナムの2点目を決め、3-2での勝利をもたらした[39]、3日後の9月26日、欧州CL第2節のアポエル・ニコシア戦でチャンピオンズリーグでは初のハットトリックを決めて勝利に貢献した[40][41][42]。9月30日ハダースフィールド・タウンFCとのゲームでも2ゴールを決め4-0での勝利をもたらした[43]。2017年10月13日、9月開催のプレミアリーグの試合で合計6得点の活躍で、2017年9月のプレミアリーグ月間最優秀選手に選ばれた[44][45]

代表歴[編集]

各年代で代表に選出され、U-21イングランド代表では長く主力選手としてプレーしている。UEFA U-21欧州選手権の予選では8試合6得点と本大会出場権獲得に大きく貢献した。

2015年3月19日、イングランド代表のロイ・ホジソン監督から評価を得て[46]UEFA EURO 2016予選と国際親善試合に向けてのイングランド代表メンバーに初招集された[47]3月27日UEFA EURO 2016予選リトアニア戦で71分にウェイン・ルーニーとの交代でデビューを果たすと、ラヒーム・スターリングのクロスにヘディングで合わせて代表デビューからわずか79秒で初得点を記録した。この得点はイングランド代表デビュー歴代最速ゴール記録となり、ケインは鮮烈な代表デビューを飾った[48]。ユーロ本大会に出場したが、イングランド代表自体が不調でケインも無得点に終わるなど、活躍出来なかった。また予選リーグ第1戦で、コーナーキックのキッカーを長身FWケインが務めたことが批判され、2戦目以降はルーニーなどに変更された。[49]2017年6月10日に行われた、スコットランド代表との2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では初めてイングランド代表の主将を務め、1点ビハインドでイングランド代表の敗戦が濃厚となっていた後半48分、2-2とする貴重なボレーでの同点ゴールを決めた[50]、続いて行われたマルタ代表とのワールドカップ予選でも2得点を決めた[51]。同年10月5日のワールドカップ予選スロベニア戦では0-0で迎えた後半アディショナルタイムに決勝ゴールを挙げ、イングランドの6大会連続15回目のワールドカップ出場を決めた[52]

評価[編集]

  • イングランド代表ポール・スコールズは、2015年のインタビューで「ケインは、リーグ下位のチームとのホームゲームだけでゴールを決めているわけではなく、ホワイト・ハート・レーンを離れ、敵地で最強のチームと戦ってもゴールを決めることができる。常に注目されるなかで、プレッシャーに対処しながらやっている。ケインは実にあっけらかんとしているようだ。彼はルート・ファン・ニステルローイを彷彿とさせる。ルートという男は、ゴールキーパーにセーブの匂いを決して与えたがらないストライカーだった。ケインも同じだよ。」と話している[53]
  • イングランド代表監督(2015年時点)のロイ・ホジソンは、「彼はセンターフォワードに求められる全ての能力を持ち合わせている」と語った[54]
  • ケインがイングランドA代表に初招集される以前、アーセナルの監督であるアーセン・ヴェンゲルは、「彼ほどのゴールを決めている選手であれば、A代表に入れなければ、誰かが彼にパスポートをあげてしまうだろう」と語り、また、元イングランド代表のダニー・マーフィーは、ケインを招集するだけでなく、イングランド代表の中心に据えるべきだとし、「選ぶだけじゃない。彼を中心にチームをつくるべきだ。彼はまだ若いが、すごくパワフルだ。彼には弱点が見当たらないよ」と主張した[55]
  • かつてイングランド代表のエースとして活躍したアラン・シアラーは、ケインが国際舞台でも力を発揮できると確信、「ウェイン・ルーニーの良いパートナーになれるだろう。どんな形でもゴールを決められる選手だ。私は彼の大ファンだよ」と語った[56]
  • イングランド代表のチームメイトであるリオ・ファーディナンドは、自身の公式ツイッターを通じて発表したプレミアリーグ2014-2015シーズンの年間ベストイレブンに、ケインの名を挙げている[57]
  • トッテナムの監督であるマウリシオ・ポチェッティーノは、「セルヒオ・アグエロと同じレベルのストライカー」として賛辞を送った[58]、その後はケインをバティストゥータと同レベルにあると評価した[59]。またロイ・キーンは、彼がこれまで通りに順調に成長すれば、数年後にはクリスティアーノ・ロナウドのレベルに到達するだろう。と称賛した[60]

人物[編集]

エピソード[編集]

個人成績[編集]

シーズン クラブ 背番号 リーグ FAカップ リーグカップ 欧州カップ 期間通算
ディビジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
出場 得点
2010-11 トッテナム 37 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 - - 0 0
レイトン - リーグ1 18 5 0 0 0 0 - - 18 5
2011-12 トッテナム 37 プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 6 1 6 1
ミルウォール - チャンピオンシップ 22 7 5 2 0 0 - - 27 9
2012-13 トッテナム 37 プレミアリーグ 1 0 0 0 0 0 - - 1 0
ノリッジ - 3 0 1 0 1 0 - - 5 0
レスター 10 チャンピオンシップ 13 2 0 0 0 0 - - 13 2
2013-14 トッテナム 37 プレミアリーグ 10 3 0 0 2 1 7 0 19 4
2014-15 18 34 21 2 0 6 3 9 7 49 31
2015-16 10 38 25 4 1 1 0 7 1 50 28
2016-17 30 29 3 4 0 0 5 2 38 35
トッテナム通算 113 78 9 5 9 4 34 12 165 99
総通算 169 92 15  7 10 4 36 12 230 115

2017年5月21日現在

代表[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


イングランド代表 国際Aマッチ
出場 得点
2015 8 3
2016 9 2
2017 6 7
通算 23 12

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ハリー・ケイン スパラボ
  2. ^ “Millwall boss Jackett hands award to Spurs loanee Kane”. News at Den. (2012年4月27日). http://www.newsatden.co.uk/2612-millwall-boss-jackett-hands-award-to-spurs-loanee-kane.html 
  3. ^ “ケイン:「ゴールマウスに立つまでは素晴らしい夜だった」”. goal.com. (2014年10月24日). http://www.goal.com/jp/news/183/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0/2014/10/24/5428911/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AB%E7%AB%8B%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AF%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E5%A4%9C%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F?ICID=HP_BN_4 
  4. ^ ケイン、忘れられない瞬間 - spurs japan 2014年11月
  5. ^ 「ハリケーン」ことハリー・ケイン、チェルシー相手に2得点 - qoly.jp 2015年1月
  6. ^ ハリー・ケイン、プレミア月間最優秀選手賞を獲得 - spurs japan 2015年2月
  7. ^ 若きエースの2発でトッテナムがアーセナルとのダービーに逆転勝利 - goal.com 2015年2月
  8. ^ リバプール、バロテッリのプレミア初ゴールでトッテナムを撃破 - ゲキサカ 2015年2月
  9. ^ ケイン2発、トッテナムがQPRを下す - goal.com 2015年3月
  10. ^ ケイン、2カ月連続のプレミアリーグ月間最優秀選手 C・ロナウドらに続く4人目の快挙 - goal.com 2015年3月
  11. ^ 香川が攻撃的MFで5位に。FIFA公式機関発表、2015年に入って輝く選手ランク - soccer.king 2015年3月
  12. ^ 得点こそなかったが…初キャプテンに感激のケイン 「人生最高の一週間だった」 - goal.com 2015年4月
  13. ^ PFAが年間ベストイレブンを発表! チェルシーから最多6選手 gekisaka 2015年4月
  14. ^ PFA年間最優秀選手賞はアザールに決定。最優秀若手賞にはケインが選出 - フットボールチャンネル 2015年4月
  15. ^ プレミアで大ブレイクの新星FWにバルサが触手 - ゲキサカ 2015年5月
  16. ^ 大型補強目論むマンU、ケイン獲得に84億円を用意 soccer.king 2015年5月
  17. ^ [1]
  18. ^ ラニエリ&ケインが3月のプレミアリーグ月間最優秀賞を受賞 - goal.com 2016年3月
  19. ^ "Harry Kane joins elite group of Premier League goalscorers". Sky Sports. 4 April 2016. Retrieved 4 April 2016
  20. ^ Daily Mail 2017年6月1日 www.dailymail.co.uk/.../Harry-Kane-celebrates-Premier-LeagueGolden-Boot-customised-iPhone-cover-marking-impressive-25-goal-tally.html
  21. ^ 超WORLDサッカー2016年9月22日
  22. ^ Goal.com 2016年12月2日
  23. ^ Kane hattrick”.  telegraph. 2017年2月26日閲覧。
  24. ^ Spurs Vs Everton”. BBC. 2017年5月5日閲覧。
  25. ^ Football Zone Web 3月6日
  26. ^ Kane earns EA sports player of the month award https://www.premierleague.com/news/346237
  27. ^ Tottenham 4-0 Bournemouth: Dembele, Son, Kane and Janssen net in Spurs romp”. Daily Mirror. 2017年4月16日閲覧。
  28. ^ プレミアリーグでは過去3シーズン連続で20ゴール以上記録したのはアンリ、ファンニステルローイ、シアラーの3人のみで、ケインは四人目。
  29. ^ Tottenham 4-0 Bournemouth: Dembele, Son, Kane and Janssen net in Spurs romp”. Daily Mirror. 2017年4月16日閲覧。
  30. ^ 3年連続となる
  31. ^ “PFA teams of the year: Chelsea and Tottenham dominate Premier League XI”. BBC. (2017年4月21日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39648483 22 April 2017閲覧。 
  32. ^ “Goals from Victor Wanyama and Harry Kane earned Tottenham victory over Manchester United in their final game at White Hart Lane.”. BBC. (2017年5月14日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39833969 22 April 2017閲覧。 
  33. ^ “Harry Kane scored four times as Tottenham produced another superb performance to sweep aside Leicester City”. BBC. (18 may 2017). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39879805 19 May 2017閲覧。 
  34. ^ “Harry Kane scored a hat-trick to retain the Premier League golden boot as Tottenham thrashed Championship-bound Hull City at the KCOM Stadium on Sunday”. BBC. (21 may 2017). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39912022 21 May 2017閲覧。 
  35. ^ “The Chelsea midfielder's clean sweep of the Premier League's individual prizes has been ended by the Tottenham star”. GOAL.COM. (27 may 2017). http://www.goal.com/en-us/news/85/england/2017/05/27/35879862/kane-beats-kante-to-pfa-fans-player-of-the-season-prize 27 May 2017閲覧。 
  36. ^ “Harry Kane wins PFA Fans' Premier League Player of the Season award”. SKY SPORTS. (27 may 2017). http://www.skysports.com/football/news/11095/10894298/harry-kane-wins-pfa-fans-premier-league-player-of-the-season-award 27 May 2017閲覧。 
  37. ^ トッテナムがエバートンに快勝 - 超ワールドサッカー 2017年9月9日
  38. ^ Everton 0-3 Tottenham: Harry Kane's 100th Spurs goal sparks convincing win -SKYS 2017年9月9日
  39. ^ ケイン2発&エリクセンが得点…トッテナム、ウェストハムの反撃振り切り勝利 - SoccerKing 2017年9月23日
  40. ^ 今年30試合で34ゴールのFWケイン、CLでハット達成したイングランド史上7人目の選手に - Goal 2017年9月27日
  41. ^ APOEL 0 Tottenham 3: Harry Kane 'better than Ronaldo' after he scores perfect hat-trick to maintain dream start in Europe - telegraph 2017年9月27日
  42. ^ Harry Kane’s slick hat-trick smooths Tottenham’s path past Apoel Nicosia - the guardian 2017年9月27日
  43. ^ Huddersfield 0-4 Tottenham: Harry Kane scores twice - Skysports 2017年9月30日
  44. ^ ケイン、9月のPL月間最優秀選手に。監督賞はグラルディオラが受賞。 -FOOTBALL TRIBE 2017年10月13日
  45. ^ Tottenham's Harry Kane named Premier League Player of the Month for September -2017年10月13日
  46. ^ イングランド代表のロイ・ホジソン監督「ケインは全能ストライカーだ」 - spurs.japan 2015年
  47. ^ イングランド代表、ケインを初招集 EURO予選に向けた24名のメンバーを発表 - goal.com 2015年3月19日
  48. ^ ケインが最速ゴールで鮮烈デビュー イングランド、リトアニアに快勝 - goal.com 2015年3月27日
  49. ^ “Why is Harry Kane on corners? England striker's new role criticised”. Sky Sports. (2017年4月17日). http://www1.skysports.com/football/news/12016/10311456/why-is-harry-kane-on-corners-england-strickers-new-role-criticised 13 June 2016閲覧。 
  50. ^ ケイン千金弾!イングランド 敵地での英国ダービー劇的ドロー - スポニチ 2017年6月12日
  51. ^ イングランド最下位に苦戦も終わってみれば4-0次節スロバキアとの首位攻防戦 -football channel 2017年9月2日 ]
  52. ^ イングランド、15回目のW杯出場決定…ケインの劇的決勝弾で勝利 -サッカーキング 2017年10月6日 ]
  53. ^ スコールズ氏のインタビュー - spurs.japan 2015年
  54. ^ イングランド代表のロイ・ホジソン監督「ケインは万能のストライカーだ」 - spurs.japan 2015年
  55. ^ ヴェンゲル「ケインを代表に招集すべき」 - goal.com 2015年
  56. ^ シアラー氏、イングランド代表でのケイン先発起用を主張 - goal.com 2015年
  57. ^ リオ・ファーディナンドが今季プレミアのベストイレブンを選出 - ゲキサカ 2016年7月
  58. ^ まさかの2位浮上に興奮するトッテナムFWケイン「どの相手でも倒せる」 - the.world 2015年
  59. ^ ケインはバティ級のストライカー…トッテナム指揮官「キャラは違うが同じレベルにいる - gekisaka 2017年
  60. ^ ロイ・キーン、プレミアを代表するストライカーに言及「ケインはロナウドになれるが、D・コスタは - Goal.com 2017年
  61. ^ 大ブレイク中のスパーズFWハリー・ケイン、かつてアーセナルに在籍していたことが判明 - qoly.jp 2016年7月
  62. ^ ハリー・ケイン - スパラボ 2016年7月
  63. ^ トッテナム一筋で続けたいケイン 「キングやギグスやジェラードのように…」 - goal.com 2016年7月
  64. ^ レアル、トッテナムFWハリー・ケインに興味か? - biglobe 2016年7月
  65. ^ アザール、C・ロナウドやネイマールよりも市場価値が高い選手に - ゲキサカ 2016年7月

外部リンク[編集]