コンテンツにスキップ

アーロン・ラムズデール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アーロン・ラムズデール
アーセナルでのラムズデール(2023年)
名前
本名 アーロン・クリストファー・ラムズデール
Aaron Christopher Ramsdale
ラテン文字 Aaron Ramsdale
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1998-05-14) 1998年5月14日(26歳)
出身地 ストーク=オン=トレント
身長 188cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アーセナル
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
イングランドの旗 マーシュ・タウン
イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ
2013-2015 イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッド 0 (0)
2015 イングランドの旗 ワークソップ・タウン (loan) 1 (0)
2017-2020 イングランドの旗 ボーンマス 37 (0)
2018 イングランドの旗 チェスターフィールド (loan) 19 (0)
2019 イングランドの旗 ウィンブルドン (loan) 20 (0)
2020-2021 イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッド 40 (0)
2021- イングランドの旗 アーセナル 78 (0)
代表歴2
2016  イングランド U-18 2 (0)
2016-2017  イングランド U-19 12 (0)
2017-2018  イングランド U-20 5 (0)
2018-2021  イングランド U-21 15 (0)
2021- イングランドの旗 イングランド 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2024年5月20日現在。
2. 2023年12月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アーロン・クリストファー・ラムズデール(Aaron Christopher Ramsdale, 1998年5月14日 - )は、イングランドストーク=オン=トレント出身のサッカー選手プレミアリーグアーセナル所属。イングランド代表。ポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

2017年1月31日、プレミアリーグボーンマスに推定額80万ユーロで移籍した[1]

2017-18シーズンの1月に出場機会を求めてチェスターフィールドに期限付き移籍した[2]

2019年1月4日、ウィンブルドンに期限付き移籍[3]。同シーズン中にクラブの若手選手賞を獲得した[4]

2019-20シーズンはボーンマスに戻り、開幕戦に先発出場した[5]

2020年8月、古巣のシェフィールド・ユナイテッドに4年契約で移籍した[6]

2021年8月20日、アーセナルと長期契約を結んだ[7]降格クラブから2400万ポンドもかけて獲得されたことで批判的な意見も多く、ジェイ・ボスロイドらは、やはり獲得に関してTwitterで懐疑的な意見を示した[要出典]。加入当初は控えに留まるも、第3節マンチェスター・シティ戦でベルント・レノが5失点を喫して敗れると、次節の第4節ノリッジ・シティ戦で先発に抜擢され、アーセナル加入後プレミアリーグデビューを果たした。試合を1-0の無失点に抑え、チームの同年リーグ戦初勝利に貢献した。同年10月30日、プレミアリーグのレスター・シティ戦でマディソンのゴール右上隅を捉えた決定的なフリーキックをスーパーセーブした。対戦相手レスターの守護神カスパー・シュマイケルの父で自身もプレミアリーグのレジェンドGKであったピーター・シュマイケルはここ数年で最高のセーブだと大絶賛した[8]。このセーブはプレミアリーグに新設されたシーズンで最も試合を変えるパフォーマンスをした者に与えられるゲーム・チェンジャー・オブ・ザ・シーズンの6つの候補に入った[9]。また、このセーブはシーズン最優秀セーブ賞の9つの候補の中にも選出された[10]。2021-22シーズンのプレミアリーグ年間最優秀若手賞の8人の候補の中に選出された[11]。同年8月3日、レノの移籍により空いた1番に背番号を変更[12]

2023年2月18日のPL第24節アストン・ヴィラ戦でレオン・ベイリーの強烈なニアへのシュートを上に弾きボールがポストに跳ね返り防いだセーブがプレミアリーグ月間最優秀セーブの6候補の一つに選出された[13]。同年3月13日、ロンドン・フットボール・アワードの2022/23シーズンの年間最優秀ゴールキーパー賞を受賞した[14]。3月4日、プレミアリーグ第26節ボーンマス戦において1点ビハインドの場面で数的不利のカウンターを受け相手左サイドからPA内でグラウンダークロスが右出ると完全にフリーの状態で相手選手が二人走り込んできておりダンゴ・ワッタラが全速力で走り込みながらシュートを放つも即座に前に飛び出しセーブした。この失点を防いだことは、チームがラストプレーでの劇的逆転したことに大きく貢献したこともあり3月のプレミアリーグ月間最優秀セーブに選ばれた[15]。4月9日、プレミアリーグ第30節リヴァプール戦において2-2の状態で後半アディショナルタイムに自陣PA内でモハメド・サラーがシュートを放つとシュートブロックに入ったウィリアン・サリバの背中に当たりゴール左隅にボールが飛んでいくもこれを指先でセーブしチームの敗戦を防いだ。このセーブが4月のプレミアリーグ月間最優秀セーブに選ばれ2ヶ月連続で同賞を受賞した[16]。同年5月18日、アーセナルと契約延長したことが公式発表された[17]

2023年8月29日、22-23シーズンPFA年間ベストイレブンにチームメイトのウィリアン・サリバ、マルティン・ウーデゴールブカヨ・サカと共に選出された[18]

しかし23ー24シーズンは状況が一転。シーズン開幕前にブレントフォードFCからダビド・ラヤが加入すると、開幕直後こそはスタメンの座をキープしたが、第5節以降はラヤにポジションを明け渡し、第2GKに降格。シーズン通してリーグ戦の出場は6試合にとどまるなどと、不本意なシーズンを過ごした[19]

代表[編集]

2021年5月25日、2021年6月開幕のUEFA EURO 2020に向けた暫定登録メンバーに入りイングランドA代表に初招集されたが[20]、26人の最終メンバーには残れなかった[21]。しかしグループリーグ初戦後にディーン・ヘンダーソンが負傷離脱したことで追加招集された[22]。同年11月15日、2022W杯欧州予選グループステージのサンマリノ戦で先発出場しイングランドA代表デビューを果たした[23]

2022年11月10日、2022 FIFAワールドカップのイングランド代表メンバーに選出された[24]。しかし、ベスト8でチームがフランス代表に敗退するまでの5試合全てで、ジョーダン・ピックフォードがスタメン起用されたため同大会で出場機会は無かった。

2024年6月6日、EURO 2024のイングランド代表メンバーに招集された[25]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2022年12月26日現在
クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 その他 通算
ディビジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
シェフィールド・ユナイテッド 2015-16[26] リーグ1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2016-17[27] リーグ1 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0
通算 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0
ボーンマス 2016-17[27] プレミアリーグ 0 0 0 0
2017-18[28] プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0 0 0
2018-19[29] プレミアリーグ 0 0 0 0 0 0
2019-20[30] プレミアリーグ 37 0 0 0 0 0 37 0
通算 37 0 0 0 0 0 37 0
チェスターフィールド (loan) 2017-18[28] リーグ2 19 0 19 0
ウィンブルドン (loan) 2018-19[29] リーグ1 20 0 3 0 23 0
シェフィールド・ユナイテッド 2020-21[31] プレミアリーグ 38 0 4 0 0 0 42 0
2021-22[32] チャンピオンシップ 2 0 0 0 2 0
通算 40 0 4 0 0 0 44 0
アーセナル 2021-22[32] プレミアリーグ 34 0 0 0 3 0 37 0
2022-23[33] プレミアリーグ 15 0 0 0 0 0 2 0 17 0
通算 49 0 0 0 3 0 2 0 54 0
総通算 165 0 9 0 3 0 2 0 0 0 179 0

代表数[編集]

2023年12月28日現在
代表国 出場 得点
 イングランド 2021 1 0
2022 2 0
2023 1 0
通算 4 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アーセナル

代表[編集]

イングランド U-19
イングランド U-21

個人[編集]

  • ロンドン・フットボール・アワード 年間最優秀ゴールキーパー賞:1回(2022-23)
  • プレミアリーグ月間最優秀セーブ:2回(2023年3月、4月)
  • PFA年間ベストイレブン:1回(2022-23)

脚注[編集]

  1. ^ AFC Bournemouth sign young 'keeper Aaron Ramsdale from Sheffield UnitedA.F.C Bournemouth 2017年1月31日
  2. ^ Fourth New Recruit Joins SpireitesChesterfield F.C. 2018年1月5日
  3. ^ Dons sign goalkeeper on loan from Bournemouth www.afcwimbledon.co.uk 2019年1月4日
  4. ^ Player of the Year Will quick to focus on completing survival bid www.afcwimbledon.co.uk 2019年4月28日
  5. ^ AFC Bournemouth vs. Sheffield United - 10 August 2019”. Soccerway. 2019年11月11日閲覧。
  6. ^ U-21イングランド代表GKラムズデール、古巣シェフィールド・Uに復帰!”. サッカーキング (2020年8月20日). 2020年8月20日閲覧。
  7. ^ Aaron Ramsdale joins in permanent deal”. arsenal.com (2021年8月20日). 2021年8月21日閲覧。
  8. ^ “'Best save I've seen in years!' - Ramsdale heroics earn Arsenal record statement win at Leicester”. (2021年10月30日). https://www.goal.com/en/news/best-save-ive-seen-in-years-ramsdale-heroics-earn-arsenal-record-/1nc224v9x7e1x1g0u8ktpzkvfm 2022年5月25日閲覧。 
  9. ^ “Vote for your Castrol Game Changer of the Season”. (2022年5月25日). https://www.premierleague.com/news/2621755 2022年5月25日閲覧。 
  10. ^ “Castrol 2021/22 Save of the Season shortlist”. (2022年5月24日). https://www.premierleague.com/news/2633198 2022年5月30日閲覧。 
  11. ^ “Hublot Young Player of the Season shortlist for 2021/22”. (2022年5月12日). https://www.premierleague.com/news/2612178 2022年5月25日閲覧。 
  12. ^ “Aaron Ramsdale takes number one shirt”. (2022年8月3日). https://www.arsenal.com/news/aaron-ramsdale-takes-number-one-shirt 2022年8月3日閲覧。 
  13. ^ “Select your Castrol Save of the Month”. (2023年3月2日). https://www.premierleague.com/news/3087418 2023年3月3日閲覧。 
  14. ^ Quartet honoured at London Football Awards” (2023年3月13日). 2023年3月16日閲覧。
  15. ^ Ramsdale claims Castrol Save of the Month award” (2023年3月31日). 2023年4月2日閲覧。
  16. ^ Ramsdale claims back-to-back Castrol Save of the Month awards” (2023年5月12日). 2023年5月13日閲覧。
  17. ^ Aaron Ramsdale signs new contract” (2023年5月18日). 2023年5月19日閲覧。
  18. ^ PFA Premier League Team of the Year” (2023年8月29日). 2023年9月6日閲覧。
  19. ^ 出場機会望むラムズデール、今夏の移籍が濃厚もアルテタ監督は「我々と契約を結んでいる」(超WORLDサッカー!)”. Yahoo!ニュース. 2024年5月19日閲覧。
  20. ^ England name provisional Euro 2020 squad: Ben White Ben Godfrey Aaron Ramsdale and Sam Johnstone in” (2021年5月25日). 2021年11月16日閲覧。
  21. ^ Euro 2020: Trent Alexander-Arnold named in England's 26-man squad” (2021年6月1日). 2021年11月16日閲覧。
  22. ^ イングランド代表、負傷のD・ヘンダーソンに代わりラムズデールを招集”. ゲキサカ (2021年6月16日). 2021年6月16日閲覧。
  23. ^ Match report: San Marino 0-10 England” (2021年11月15日). 2021年11月16日閲覧。
  24. ^ England squad named for FIFA World Cup Qatar 2022” (2022年11月10日). 2022年11月11日閲覧。
  25. ^ England squad named for EURO 2024” (2024年6月6日). 2024年6月11日閲覧。
  26. ^ "アーロン・ラムズデールの2015/2016での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2019年10月12日閲覧
  27. ^ a b "アーロン・ラムズデールの2016/2017での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2018年1月9日閲覧
  28. ^ a b "アーロン・ラムズデールの2017/2018での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2021年5月27日閲覧
  29. ^ a b "アーロン・ラムズデールの2018/2019での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2021年5月27日閲覧
  30. ^ "アーロン・ラムズデールの2019/2020での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2021年5月27日閲覧
  31. ^ "アーロン・ラムズデールの2020/2021での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2021年5月27日閲覧
  32. ^ a b "アーロン・ラムズデールの2021/2022での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2022年11月28日閲覧
  33. ^ "アーロン・ラムズデールの2022/2023での成績". Soccerbase. Centurycomm. 2022年11月28日閲覧

外部リンク[編集]